ムーア(フィリップ) Moore, Philip

生没年 1943-
辞書順 NML作曲家番号 28225
  • 商品番号:RES10292

    詳細ページを見る

    〈11月26日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ベルファスト大聖堂のクリスマス 詳細ページ [ベルファスト大聖堂聖歌隊/マシュー・オーウェンズ(指揮/オルガン独奏) 他]

    発売日:2021年11月26日

    CD価格:2,100円(税込)

    北アイルランドの首府ベルファストにあるベルファスト大聖堂は、アイルランド聖公会とイギリス国教会双方の教区教会を兼ねており、二つの主教座を持つ極めて珍しい教会です。アイルランドの建築家トーマス・ドリュー卿の設計によって1899年に着工、1904年に献堂された後、更に数回の改修工事を経て1981年に現在の姿になりました。合唱音楽は常に重要、かつ中心的な役割を果たしており、その伝統は現在まで脈々と受け継がれています。 このアルバムは北アイルランドで最高の歌手を集めた現在のメンバーによるもので、ジョン・ラターをはじめ、フィリップ・レッジャーなどの美しいキャロルでクリスマスを祝っています。 2019年9月にベルファスト大聖堂聖歌隊の音楽監督に就任したマシュー・オーウェンズは、マンチェスターのチータム音楽学校で学んだオルガニスト、指揮者。英国近現代の作曲家の作品を積極的に紹介することで知られています。

  • 商品番号:RES10293

    詳細ページを見る

    〈11月26日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    クリスマスの鐘 - オルガン音楽集 詳細ページ [マシュー・オーウェンズ(オルガン)]

    発売日:2021年11月26日

    CD価格:2,100円(税込)

    2019年9月にベルファスト大聖堂聖歌隊の音楽監督に就任したマシュー・オーウェンズのオルガン・ソロ・アルバム。マンチェスターのチータム音楽学校で学び、王立ノーザン音楽大学、アムステルダム音楽院で研鑽を積んだ彼は、オルガニストとしてイギリス全土とヨーロッパでリサイタルを行い好評を博しています。指揮者としてはロンドン・モーツァルト・プレイヤーズやイギリス交響楽団などに客演したほか、30枚以上のCDを録音しています。 このアルバムではJ.S.バッハやダカンなどのバロック期の作品からフィリップ・ムーアをはじめとした現代作品、そして自作まで幅広いレパートリーの中からクリスマスにちなんだ音楽を演奏。ベルファスト大聖堂のオルガンの美しい響きを心行くまで堪能できます。

  • 商品番号:FSRCD009

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Parthenia Nova - 新しいパーセニア
    オルガン作品集 詳細ページ
    [サイモン・トーマス・ジェイコブス(オルガン)]

    Organ Recital: Jacobs, Simon Thomas - BÖHM, G. / MARTINSON, J. / MOORE, P. (Parthenia Nova)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:FSRCD009

    CD価格:2,325円(税込)

    タイトルの「パーセニア」とは1613年、プファルツ選帝侯フリードリヒ5世とジェイムズ1世の娘であるエリザベス・ステュアートの結婚を祝して出版された曲集のこと。ここでは現代の名手、サイモン・トーマス・ジェイコブスが3曲の世界初録音を含む、16世紀から21世紀までのバラエティ豊かな作品を選び出し「新しいパーセニア」としての魅力的なアルバムを創り上げました。 彼は2013年に開催された「セント・オールバンズ国際オルガン・フェスティヴァル」で最優秀賞と聴衆賞を獲得したオルガニスト。このアルバムがデビュー作となります。使用楽器はロンドン、ハノーヴァー・スクエアの聖ジョージ教会のオルガン。アメリカのオルガン・ビルダー、リチャード・フォークス社が製造した素晴らしい響きを持つ楽器です。

  • 商品番号:RES10138

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Nowell sing we
    クリスマスの曲集
    詳細ページ
    [オックスフォード・ウースター大学合唱団]

    発売日:2017年07月21日

    CD価格:2,240円(税込)

    オルガニスト、スティーブン・ファーが率いるオックスフォード・ウースター大学合唱団による9曲の世界初演を含む現代のクリスマス・キャロル集。現代といっても、合唱好きの方にはおなじみの作曲家の名前も多く、作品自体も精緻で複雑なハーモニーが用いられてはいるものの、決して難解にはならず、心から楽しめる曲ばかりです。