グリア(フランシス) Grier, Francis

生没年 1955-
辞書順 NML作曲家番号 29028
  • 商品番号:RES10332

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    グリア(1955-)
    オルガン作品集 詳細ページ
    [スティーヴン・ファー(オルガン)/インディラ・グリア(チェロ)]

    発売日:2024年03月29日

    CD価格:2,325円(税込)

    英国国教会の伝統の中で育まれたフランシス・グリアは、マレーシアやインドで暮らした経験を持ち、正統的な教会音楽の語法の中に時として東洋的・南方的なアイディアが滲む作品を書いています。 このアルバムはイギリスを代表するオルガニストの一人スティーヴン・ファーの委嘱で書かれた35分あまりの大作『諸聖人の祭典』を中心にしたオルガン作品集。作曲者が「歓喜の陰と陽、すなわち外に向かう歓喜と内に向かう歓喜を表現した」と語る『繁栄と夢想』が典型で、その作品は輝かしい躍動感と、深い瞑想を思わせる神秘性とが入れ替わり現れます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SOMMCD225

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    グリア(1955-)
    劇的カンタータ「Around the Curve of the World - 世界の曲線の周りに」 詳細ページ
    [スティーヴン・ダーリントン(指揮)/オックスフォード・クライスト・チャーチ大聖堂合唱団/オックスフォード室内管弦楽団]

    GRIER, F.: Around the Curve of the World (Rozario, Schwanewilms, Norman, Whelan, Christ Church Cathedral Choir, Darlington)

    発売日:2019年02月15日 NMLアルバム番号:SOMMCD225

    CD価格:2,160円(税込)

    現在世界中の歌劇場で活躍するソプラノ、アンネ・シュヴァネヴィルムスや、イギリス現代歌曲を得意とするパトリシア・ロザリオなど名歌手をソリストに迎えたグリアの劇的カンタータ「Around the Curve of the World - 世界の曲線の周りに」。物語は1850年にギリスからニュージーランド、クライストチャーチまで旅をした「カンタベリーの巡礼者」に基づき、全体は3つの詩篇と6つの物語、4つの歌で構成されています。グレゴリオ聖歌を下敷きにした旋律は厳粛であり、静かな美しさを湛えています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA1029

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    The Lamb’s Journey
    子羊の旅 ギボンズからバーバーまで、合唱が紡ぐ物語 詳細ページ
    [クリストファー・ローリー、アンサンブル・アルテラ]

    Choral Concert: Ensemble Altera - GIBBONS, O. / BARBER, S. / BRUCKNER, A. / MESSIAEN, O. / POULENC, F. (The Lamb's Journey)

    発売日:2024年03月22日 NMLアルバム番号:ALPHA1029

    CD価格:2,775円(税込)

    アメリカのカウンターテナー、クリストファー・ローリーがアメリカ合唱界の中心を担うべく組織したヴォーカル・アンサンブル、アルテラによるアルバム。 「神の子羊」をテーマに様々な時代の合唱作品を集めており、その結成意図に見合った精緻なアンサンブルとダイナミックな表現でたいへん美しい響きを聴かせてくれます。

  • 商品番号:RES10327

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    王室礼拝堂のクリスマス 詳細ページ [ルーファス・フロウド(オルガン)/カール・ジャクソン(指揮)/ハンプトン・コート宮殿王室礼拝堂合唱団]

    発売日:2023年11月17日

    CD価格:2,100円(税込)

    1236年に聖ヨハネ騎士団が荘園を開いた地に建設されたイギリスの由緒あるハンプトン・コート宮殿。この宮殿の専属であるハンプトン・コート宮殿王室礼拝堂合唱団も先人たちから受け継いだ長い歴史をもっています。 このアルバムでは、主として20世紀に書かれたアドベント、クリスマス、公現祭(エピファニー)のための音楽をフィーチャー。オルガニスト、ルーファス・フロウドの作品も含まれています。

  • 商品番号:ORC100223

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    SWORD IN THE SOUL
    魂の中の剣 詳細ページ
    [マイケル・ウォルドロン(指揮)/ロンドン・コーラル・シンフォニア 他]

    Choral Music (Sacred) - GRIER, F. / PARK, O. / ELGAR, E. / BEDNALL, D. / BAINTON, E.L. (Sword in the Soul) (London Choral Sinfonia, Waldron)

    発売日:2023年04月07日 NMLアルバム番号:ORC100223

    CD通常価格:1,950円特価!:1,390円(税込)

    キリスト教の聖週間(受難週)の時期には、人を内省や瞑想に促すような落ち着いた音楽のアルバムが多くリリースされます。 合唱王国イギリスから登場する本アルバムも、エルガーの「永遠の光」をはじめとした、内省と癒しを感じさせるもの。特筆すべきは50分余りの大作「魂の中の剣」で、トリニティ・カレッジのオルガン・フロアの一画にある食器棚の中に放置されていた楽譜の束から、このアルバムの指揮者マイケル・ウォルドロンが見つけたもの。当初は楽譜は順番もバラバラでしたが、 フランシス・グリアの作品のファンだったウォルドロンには響くものがあり、時間をかけて研究・再編して録音にこぎつけました。 聖十字架を契機としてキリスト磔刑の意味と意義に思いを致すテキストにつけられた壮麗な音楽がナレーションや器楽演奏をはさんで展開します。