スザート(ティールマン) Susato, Tylman

生没年 1510-1570 フランス
辞書順 NML作曲家番号 23856
  • 商品番号:OR-11

    Orlando Records

    ルシエ・ジャコヴァ
    ルネサンスの音楽集
    詳細ページ
    [ジャコヴァ]

    Organ Recital: Žáková, Lucie - ATTAINGNANT, P. / BULL, J. / BYRD, W. / PAIX, J. / SCHMID, B. / SERMISY, C. de (Early Baroque Organ Music)

    発売日:2015年02月25日 NMLアルバム番号:OR0011

    CD 価格:390円(税込)

    チェコの若きオルガニスト、ルシエ・ジャコヴァによる興味深い1枚です。ここで演奏されているのはルネサンス期の珍しいレパートリーで、曲によっては歌や太鼓も用いられるという、とても楽しい音色が溢れています。作者不詳の曲も多いのですが、15世紀から16世紀にかけて、こんな曲が巷で流行していたと思うと嬉しくなってしまいます。若干舌足らずなジャコヴァの歌もなかなかチャーミングです。演奏されているオルガンはフランスにおける歴史的銘器であるロゼ・オン・ブリ教会のもの。熟成された音色が楽しめます。

  • 商品番号:8.554425

    NAXOS

    「スザートの音楽帳」から
    フランドル地方の歌曲と舞曲集
    詳細ページ
    [コンヴィヴィウム・ムジクム・イェテボリ]

    At the Sign of the Crumhorn: Flemish Songs and Dance Music

    ■声楽曲

    発売日:2000年05月01日 NMLアルバム番号:8.554425

    CD 価格:1,290円(税込)

    16世紀の楽譜印刷屋さん、文化の大衆化に奮闘す!この素朴で洗練されていない歌声、チャルメラみたいな笛の音色、民衆の息吹を伝える太鼓、中世の街って、いろんな音楽が鳴り響いたんだなあ。正確な国籍は不明のスザートという人物は、15世紀半ば頃に発明された「印刷」を16世紀半ばから始め、フランドル地方の音楽の楽譜を紙で残したのです。彼はアントワープに拠点を定め、そこで編集されたのが有名な「音楽帳」で、55曲のオランダ語の歌が収められています。印刷されることで、これらの作品は、文化的に徐々に目覚めつつあった中流階層に浸透していったのでしょう。中世文化の一断面を探る、興味深い一枚です。

  • 商品番号:8.554516

    NAXOS

    おお、フランドルは自由なり
    フランドルのルネッサンス音楽
    詳細ページ
    [カピーリャ・フラメン]

    Oh Flanders Free: Music of the Flemish Renaissance

    発売日:2000年06月01日 NMLアルバム番号:8.554516

    CD 価格:1,290円(税込)

    あの名旋律「インスブルックよ、さようなら」を収録当盤を手にとった貴方が古楽にそれほど馴染みがなければ、まずは名高い作品からお聴きください。チロル地方の美しい町のイメージそのままの名曲12、リズムが楽しい11、19などです。ルネッサンス期に音楽文化満開だったフランドル地方。当盤は、ミサ、モテット、シャンソン、舞曲と、あらゆる分野の魅力を明らかにします。オケゲム、ジョスカンらの天才の音楽に混じって、秘曲は酒神バッカスを称える超お気楽ソング10。ベルギーのアンサンブル(男声歌手たち、リコーダー、ヴィオラ・ダ・ガンバ)の美演も聴きどころです。