カルクブレンナー(フレデリック) Kalkbrenner, Frederic

生没年 1785-1849 ドイツフランスイギリス
辞書順 NML作曲家番号 29909
  • 商品番号:CDS-7707

    DYNAMIC

    カルクブレンナー(1785-1849)
    3つのピアノ・ソナタ Op.4 詳細ページ
    [ジェローザ]

    KALKBRENNER, F.: Piano Sonatas, Op. 4, Nos. 1-3 (Gerosa)

    発売日:2015年08月26日 NMLアルバム番号:CDS7707

    CD 価格:2,052円(税込)

    ドイツで生まれ、イングランドとフランスで人生の大半を過ごしたピアニスト、作曲家カルクブレンナー(1785-1849)。彼の作品は現在、あまり知られているとは言えませんが、19世紀前半のビーダーマイヤー(日常的なものに目を向けようとして生まれた市民文化)時代を代表する名手であり、ピアノ曲を中心に、数多くの作品を創り上げた人でした。また、プレイエルのピアノ製造会社に入社し、ここで事業を成功させ富と名誉を得て、教師としても多数の音楽家たちを育て上げています(ショパンのピアノ協奏曲第1番は、カルクブレンナーに献呈されています)。 このような生涯を送ったカルクブレンナーの作品は、同時代の鍵盤音楽作曲家、クレメンティ、ドゥシェク、フンメル、モシェレス、リースらと同じように、ピアノの発展とともに進化したものといえるでしょう。この3つのソナタOp.4は1809年に出版されたもので、明らかにベートーヴェンの影響を示しています。そして技術的にはそれほど困難ではなく、恐らく学習者のために書かれたものでしょう。イタリアのピアニスト、ジェローザはバッハからロマン派までの作品を得意とする人で、特にこの時代の作品の解釈について高く評価されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:777850

    CPO

    カルクブレンナー(1785-1849)
    室内楽作品集 詳細ページ
    [リノス・アンサンブル]

    KALKBRENNER, F.: Sextet, Op. 58 / Piano Fantasy on the Scottish Air, We're a' Noddin' / Septet, Op. 132 (Linos Ensemble)

    発売日:2014年11月26日 NMLアルバム番号:777850-2

    CD 価格:1,808円(税込)

    古典派からロマン派における様々な知られざる作曲家の作品を好んで演奏する「リノス・アンサンブルの最新作は、カルクブレンナー(1785-1849)の作品集です。彼はショパンやリストが出現する以前の、最も優れたピアニストであり、ただ一人のライバルはフンメルである。と目されていました。もちろん作品のほとんどはピアノ曲ですが、室内楽作品にも注目すべきものが数多くあるようです。 音楽家の父を持ち、幼いころから才能を発揮した彼は、アルブレヒツベルガーに作曲を学び、ベートーヴェン、ハイドンと親交を持つなど華々しい交友関係を結びつつ、実業家としても手腕を発揮するなど多くの才能を持っていましたが、その作品は現在ほとんど演奏されることがなく、このリノス・アンサンブルによる録音は、彼の人気の復興につながるものとして大きな期待が寄せられることは間違いありません。なんとも流麗で美しい音楽です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OC1707

    Oehms Classics

    ウィーンへのオマージュ
    19世紀初頭、ウィーンで作曲されたピアノ曲集
    詳細ページ
    [エレナ・ガポネンコ(ピアノ)]

    Piano Recital: Gaponenko, Elena - SCHUMANN, C. and R. / SCHUBERT, F. / DIABELLI, A. / BEETHOVEN, L. van (Hommage à Vienne)

    発売日:2019年06月21日 NMLアルバム番号:OC1707

    CD 価格:2,340円(税込)

    ピアノ、チェロの2つの楽器を弾きこなすエレナ・ガポレンコ。ロシア生まれの彼女の目を通して描かれる1815年から1840年頃のウィーンの音楽集は、ウィーンという都市が音楽の首都であり、世界中の音楽家の憧れの街であることを教えてくれます。 アルバムはクララ・シューマンの夢見るようなスケルツォとロマンスで始まり、ウィーンを象徴するシューベルトの作品から、出版業者ディアベリがとりまとめた「当時、ウィーンで活躍していた音楽家たち」の作品を経て、ベートーヴェンの珍しいポロネーズをはさみ、最後はシューマンの「ウィーンの謝肉祭の道化」で幕を閉じるというストーリー性豊かな選曲になっています。