シェバリーン(ヴィッサリオン・ヤコヴレヴィチ) Shebalin, Vissarion Yakovlevich

生没年 1902-1963 ロシア
辞書順 NML作曲家番号 44859
  • 商品番号:TOCC-327

    Toccata Classics

    シェバリーン(1902-1963)
    ヴァイオリンとピアノのための作品全集 詳細ページ
    [セルゲイ・コスティレフ/オルガ・ソロフィエヴァ]

    SHEBALIN, V.Y.: Violin and Piano Music (Complete) (Kostylev, Solovieva)

    発売日:2018年10月17日 NMLアルバム番号:TOCC0327

    CD 通常価格:2,530円特価!:2,080円(税込)

    ロシア、オムスクに生まれ、モスクワ音楽院でミャスコフスキーに作曲を学んだシェバリーン。機知に富んだ劇音楽や映画音楽で知られるだけでなく、ソ連当局からの依頼で、チャイコフスキーの「1812年序曲」などに改編を加えた人としても知られています。作品には恩師ミャスコフスキーの影響が強いだけでなく、親交を結んでいたショスタコーヴィチからの影響も感じられます。 このアルバムには「ヴァイオリンとピアノのための作品」が全て収録されており、これは、どれもが初録音となる貴重な記録です。初期の作品にはフランス風の味わいもありますが、後年になるつれ、少しずつロシア国民楽派の作風を確立していく様子がよく表れています。

    収録作曲家: