シェバリーン(ヴィッサリオン・ヤコヴレヴィチ) Shebalin, Vissarion Yakovlevich

生没年 1902-1963 ロシア
辞書順 NML作曲家番号 44859
  • 商品番号:TOCC-164

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    シェバリーン(1902-1963)
    〈管弦楽作品集 第2集〉
    管弦楽組曲 第3番・第4番
    バレエ組曲 詳細ページ
    [ドミートリー・ヴァシリエフ(指揮)/シベリア交響楽団]

    SHEBALIN, V.: Orchestral Music, Vol. 2 - Suites Nos. 3 and 4 / In the Name of Life Suite (Siberian Symphony, Vasiliev)

    発売日:2020年02月21日 NMLアルバム番号:TOCC0164

    CD価格:1,950円(税込)

    シベリアのオムスクに生まれ、20歳の時に自作を携えモスクワに行き、グリエールとミャスコフスキーに高く評価されたシェバリーン。その後はモスクワ音楽院に進学、作曲家として活躍を始めました。同時代に活躍したショスタコーヴィチの親友であり、彼と同じく「ジダーノフ批判」の犠牲となり、一時期はソ連楽壇の表舞台から姿を消すなど苦難の人生を歩みました。しかし、シェバリーンの音楽に向かう姿勢は一貫しており、常に決然とした音楽を書き続け、恩師ミャスコフスキーから受け継いだ作曲様式を更に発展させた力強い作品を数多く残しています。 このアルバムは第1集(TOCC-136)と同じく、ヴァシリエフが指揮するシベリア交響楽団の演奏によるもので、異なる時代に書かれた2つの組曲とバレエ音楽を収録しています。スペインの伝説に基づく「組曲第3番」、シェバリーンの最後の劇場音楽となった「組曲第4番」、未完に終わったバレエ「In the Name of Life」からの音楽、それぞれ活力に満ちた魅力的な音楽です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-327

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    シェバリーン(1902-1963)
    ヴァイオリンとピアノのための作品全集 詳細ページ
    [セルゲイ・コスティレフ/オルガ・ソロフィエヴァ]

    SHEBALIN, V.Y.: Violin and Piano Music (Complete) (Kostylev, Solovieva)

    発売日:2018年10月17日 NMLアルバム番号:TOCC0327

    CD価格:1,950円(税込)

    ロシア、オムスクに生まれ、モスクワ音楽院でミャスコフスキーに作曲を学んだシェバリーン。機知に富んだ劇音楽や映画音楽で知られるだけでなく、ソ連当局からの依頼で、チャイコフスキーの「1812年序曲」などに改編を加えた人としても知られています。作品には恩師ミャスコフスキーの影響が強いだけでなく、親交を結んでいたショスタコーヴィチからの影響も感じられます。 このアルバムには「ヴァイオリンとピアノのための作品」が全て収録されており、これは、どれもが初録音となる貴重な記録です。初期の作品にはフランス風の味わいもありますが、後年になるつれ、少しずつロシア国民楽派の作風を確立していく様子がよく表れています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCN0014

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    3世紀にわたる
    ロシアのヴィオラ・ソナタ集
    詳細ページ
    [バジル・ヴァンドリエス(ヴィオラ)/ウィリアム・デイヴィッド(ピアノ)]

    THREE CENTURIES OF RUSSIAN VIOLA SONATAS

    発売日:2021年10月29日

    CD価格:1,950円(税込)

    このアルバムに収録された4人の作曲家の活躍時期は3世紀にわたりますが、誰もがヴィオラを深い音色を際立たせ、存分に歌わせる方法に熟知していました。 「ロシア音楽の父」グリンカの未完のソナタは、「ロシアのヴィオラ音楽の父」と呼ばれるヴァディム・ボリソフスキーによる補筆完成版で聴くことができます。ボリソフスキーがこの補筆を行った頃は、大編成のオーケストラ作品やオペラをもてはやし、小編成の作品にはあまり目をくれなかったソ連当局の方向性により、音楽院でのヴィオラの指導のサポートもなかなか進みませんでした。そのためこの楽器を専門的に学ぶ学生もほとんど存在せず、新しいヴィオラのための作品があまり生まれなかった時代でした。 その後は作曲家と演奏家が協力し、楽器のためのレパートリーを拡大、レヴォル・ブーニンの作品は優れたヴィオラ奏者としても活躍したルドルフ・バルシャイのために書かれています。 またシェバリーンとソコロフのソナタは作曲年代が50年近く違うものの、どちらもヴァイオリン・ソナタ、チェロ・ソナタと併せて3部作として作曲されています。 抒情あふれる作品をお楽しみください。