ヘンリソン(スヴァンテ) Henryson, Svante

生没年 1963-
辞書順 NML作曲家番号 42410
  • 商品番号:DBCD203

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Reflections
    リフレクションズ 詳細ページ
    [リナ・ニーベリ(ヴォーカル)/ヴェステロース・シンフォニエッタ/サイモン・クロフォード=フィリップス(指揮)]

    Orchestral Music (20th Century) - COPLAND, A. / LINDGREN, M. / NILSSON, A. (Reflections) (Västerås Sinfonietta, Crawford-Phillips)

    発売日:2022年08月26日 NMLアルバム番号:dBCD203

    CD価格:2,250円(税込)

    ストックホルムを拠点に活躍するイギリスの指揮者サイモン・クロフォード=フィリップスが指揮するさまざまな作品を集めた1枚。アルバムはコープランドの『アパラチアの春』で幕を開け、ガーシュウインの「アイ・ガット・リズム」変奏曲が続きます。 メインとなるのはスウェーデンの伝承曲「Visa från Utanmyra ウタンミラからの眺望」の旋律を元に、7人の現代作曲家が書き上げた曲集で、各々5分未満の小品ですが、作曲家の個性が生かされた聴きごたえのあるものとなっています。 アルバムの最後には『アパラチアの春』の終曲の異稿版を収録。こちらも興味深い選曲になっています。 ヴェステロース・シンフォニエッタは1883年創設された、現在33人のメンバーからなるオーケストラ。定期コンサートや子供、若者向けのコンサートなどを含めた幅広い活動で多くの聴衆を魅了しています。

  • 商品番号:GRAM99272

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Cello on Fire
    炎のチェロ 詳細ページ
    [ペーター・ハドラー(チェロ)]

    Cello Recital: Hudler, Peter - BRAUN, S. / DALL'ABACO, J.-M.-C. / DEBUSSY, C. / FRIEDLANDER, E. / GRUBER, L. / HENDRIX, J. / VASKS, P. (Cello on Fire)

    発売日:2022年06月24日 NMLアルバム番号:Gramola99272

    CD価格:2,325円(税込)

    ザルツブルク・モーツァルテウム大学を卒業、ウィーンを拠点に活動するチェリスト、ペーター・ハドラー。この「Cello on Fire 炎のチェロ」と題されたアルバムでは、チェロならではの豊かな音色と表現で情熱や自由を歌い上げています。 選ばれた曲は民謡、クラシック、ジャズ、クロスオーヴァーとあらゆるジャンルにわたっており、時には名人芸を伴うこれらの作品は、どれも作曲家がチェロという楽器に寄せる熱い思いが表現されています。

  • 商品番号:ORC100096

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    OBLIQUE STRATEGIES
    無伴奏チェロのための作品集
    詳細ページ
    [アンドレイ・イオニーツァ(チェロ)]

    Cello Recital: Ioniță, Andrei - BACH, J.S. / DEAN, B. / KODÁLY, Z. / HENRYSON, S. (Oblique Strategies)

    発売日:2019年03月22日 NMLアルバム番号:ORC100096

    CD価格:1,950円(税込)

    1994年ブカレストに生まれ、5歳からピアノ、8歳でチェロを学び頭角を現したというチェリスト、アンドレイ・イオニーツァ。2012年からはベルリン芸術大学でイェンス=ペーター・マインツに師事。2015年に開催された「チャイコフスキー国際コンクール」で優勝、タイムズ紙に「10年に一人の逸材、最もエキサイティングなチェリストの一人」と称され、世界中で注目を浴びています。 このアルバムでは無伴奏チェロのための様々な作品を演奏。なかでも、ブライアン・イーノの楽曲にインスパイアされたというオーストラリアの作曲家ブレット・ディーンの作品は世界初録音となります。他には無伴奏チェロ曲を語る上で外せないJ.S.バッハの組曲第1番、コダーイの先進的なチェロ・ソナタ、超絶技巧派のチェリストであり、またヘヴィ・メタル界ではベーシストとして知られるヘンリソンの印象的な「ブラック・ラン」、これらが並ぶ興味深い1枚です。