バルデラーバノ(エンリケス・デ) Valderrabano, Enriquez de

生没年 1500-1556 スペイン
辞書順 NML作曲家番号 20187
  • 商品番号:CD-16319

    Carpe Diem

    Music from the Acoustic Neighbourhood
    「どこから来たのか、山の女たち」
    ~ 古今スペインのラヴソング
    詳細ページ
    [アンチェ・リュクス/リー・サンタナ/アンドレアス・ワール/マルテ・パール]

    Vocal and Chamber Music - SALINAS, F. de / SANTANA, L. / VALDERRÁBANO, E. de (Dónde son estas serranas) (A. Rux, L. Santana, M. Wahl, M. Perl)

    発売日:2018年12月21日 NMLアルバム番号:CD-16319

    CD 価格:2,880円(税込)

    ギター、リュート奏者リー・サンタナと、ヒレ・パールとの間の愛娘マルテ・パールなどのユニット「Music from the Acoustic Neighbourhood」による、16世紀スペインのラヴ・ソングをメインとしたアルバム。ビウエラなどのスペイン系撥弦楽器とガンバの響きの中にエレキ・ギターの参加が異彩を放ち、電気的な振動で弓によるボウイングに似た効果を出す「e-bow」なども駆使して、ポップスからアヴァンギャルドまで世界を大きく広げています。 収録作品の中ではよく聴かれる「どこから来たのか、山の女たち」は、ワールとサンタナによる2種の編曲を収録しています。

  • 商品番号:CR2201405

    Contrastes Records

    Intimate Vihuela - ビウエラ作品集 詳細ページ [グリフィス]

    Vihuela Recital: Griffiths, John - VALDERRABANO, E. de / FUENLLANA, M. de (Intimate Vihuela)

    発売日:2015年04月22日 NMLアルバム番号:Contrastes2201405

    CD 価格:2,925円(税込)

    こちらは、ギターの仲間の楽器である「ビウエラ」のために書かれた16世紀周辺の音楽集です。ルネサンス期のイベリア半島、イタリアの一部、そして中南米で用いられたこの弦楽器は、もともとヴィオラと源を同じにするものであり、中世のフィドルが祖先といわれています。 この楽器のための曲集は、ルイス・デ・ミランのものが良く知られていますが、ここではエンリケス・デ・バルデラバーノとミゲル・デ・フエンリャーナの作品が中心に収録されています。崇高な精神と繊細な対位法、そして内省的な繊細さが入り混じった美しく儚い音楽です。