belvedere edition

「Bel Air」のプロデューサー、フランソワ・デュプラ氏が2006年に設立したフランスのレーベル。劇場作品の映像作品を中心にリリースしている。

  • 商品番号:BELVED08047

    belvedere edition

    モーツァルト(1756-1791)
    レクイエム(未完の断片)
    ハース(1953-)
    モーツァルト「レクイエム」の断片に添える、7つの音響空間 詳細ページ
    [ゲニア・キューマイアー(ソプラノ)、サラ・コノリー(アルト)、トピ・レティプー(テノール)、アラステア・マイルズ(バス)、アントン・ホルツァプェル(オルガン)、アイヴォー・ボルトン(指揮)、ザルツブルク・バッハ合唱団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団]

    MOZART, W.A.: Requiem / HAAS, G.F.: 7 Klangräume (Connolly, Kühmeier, Lehtipuu, Salzburg Bach Choir, Salzburg Mozarteum Orchestra, I. Bolton)

    発売日:2019年03月15日 NMLアルバム番号:BVE08047

    CD日本語帯付き 価格:2,560円(税込)

    2005年のライヴ録音。首席指揮者に就任して間もないアイヴォー・ボルトンが、モーツァルテウム管弦楽団を振った異色作がCDで登場しました。 ジュスマイヤー版を始め多くの補筆版が存在するモーツァルトの「レクイエム」ですが、こちらの演奏ではモーツァルト自身が残した自筆部分だけを演奏し、その合間に、1953年オーストリアはグラーツ生まれのゲオルク・フリードリヒ・ハースによる、「7つの音響空間 Klangraum(Soundspace)」という作品を挟んでいくというもの。 「レクイエム」の中で、モーツァルト自身がオーケストレーションまで完成出来たのは第1曲のみなので、本人のスケッチだけを演奏すると、特に「怒りの日」以降は管楽器やティンパニがほとんど無くなってしまうという、非常にさびしい音楽になります。その「レクイエム」部分での音の隙間は通奏低音のオルガンが積極的に埋めていますが、曲間を繋ぐハースの音楽は、音波を解析して倍音を合成するなどの手法を用いるスペクトル楽派と呼ばれる作風だけに、彼自身が「21世紀的」と語るように非常に刺激的。 ハースが用いたテキストは、最晩年(1791年)のモーツァルトがシュテファン大聖堂の楽長レオポルト・ホフマンに請われて副楽長へ就任した際の、無理解に溢れたウィーン議会からの書簡。このテキストを合唱団が時に唸り、時に叫ぶように繰り返す中、管弦楽は本編の「レクイエム」の要素を全く用いずに、その木霊のような、あるいは予言のような響きを添えていきます。 示唆に富んだ、たいへん挑戦的な試みではありますが、この構成はその後「G.F.ハース版のレクイエム」と呼ばれることもあり、再演も行われています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08054

    belvedere edition

    クリーヴランド管弦楽団
    創立100周年記念コンサート
    モーツァルト、R.シュトラウス
    J.シュトラウス、ラヴェル
    詳細ページ
    [ラン・ラン(ピアノ)、フランツ・ウェルザー=メスト(指揮)、クリーヴランド管弦楽団]

    発売日:2019年03月15日

    DVD 価格:3,520円(税込、送料無料)

    1918年に創設されたクリーヴランド管弦楽団は、初代ニコライ・ソコロフに始まり、ロジンスキ、ラインスドルフ、セル、マゼール、ドホナーニといった錚々たる巨匠が音楽監督を歴任し、半世紀のうちには世界有数のオーケストラへと成長しました。2018年9月29日に開催された100周年コンサートでは、このオーケストラを2002年から率いるフランツ・ウェルザー=メストが、故国オーストリアの首都ウィーンを彩ってきた音楽を集めるという趣向で観客を楽しませています。 最初に演奏されるモーツァルトには世界的人気ピアニスト、ラン・ランが登場。短調で書かれた数少ないモーツァルトの協奏曲を深く歌いこむラン・ランに、オーケストラがメストの棒でぴったりと寄り添う、息の合った素晴らしい演奏を聴かせます。 演奏機会がそう多いとは言えない「影のない女」交響的幻想曲では、美しいメロディ・ラインと溢れるようなハーモニーを絶妙にコントロールし、極上の音響に包まれる幸福を存分に味あわせてくれます。そして「ウィーン気質」での流れるような音運びと粋な歌いまわしは、メストの面目躍如と言えるでしょう。 今回の収録作品では唯一のフランスもので、ウィンナ・ワルツへのオマージュとして書かれた「ラ・ヴァルス」では、優雅ながら着実に高みへと導く巧みな構築力がコーダに至っても決して破綻することなく、音楽的なカオスを見事に表現しています。16年を迎えたメストとクリーヴランド管弦楽団の、成熟を感じさせる素晴らしいコンサートです。

  • 商品番号:BELVED08055

    belvedere edition

    クリーヴランド管弦楽団
    創立100周年記念コンサート
    モーツァルト、R.シュトラウス
    J.シュトラウス、ラヴェル
    詳細ページ
    [ラン・ラン(ピアノ)、フランツ・ウェルザー=メスト(指揮)、クリーヴランド管弦楽団]

    発売日:2019年03月15日

    Blu-ray 価格:3,520円(税込、送料無料)

    1918年に創設されたクリーヴランド管弦楽団は、初代ニコライ・ソコロフに始まり、ロジンスキ、ラインスドルフ、セル、マゼール、ドホナーニといった錚々たる巨匠が音楽監督を歴任し、半世紀のうちには世界有数のオーケストラへと成長しました。2018年9月29日に開催された100周年コンサートでは、このオーケストラを2002年から率いるフランツ・ウェルザー=メストが、故国オーストリアの首都ウィーンを彩ってきた音楽を集めるという趣向で観客を楽しませています。 最初に演奏されるモーツァルトには世界的人気ピアニスト、ラン・ランが登場。短調で書かれた数少ないモーツァルトの協奏曲を深く歌いこむラン・ランに、オーケストラがメストの棒でぴったりと寄り添う、息の合った素晴らしい演奏を聴かせます。 演奏機会がそう多いとは言えない「影のない女」交響的幻想曲では、美しいメロディ・ラインと溢れるようなハーモニーを絶妙にコントロールし、極上の音響に包まれる幸福を存分に味あわせてくれます。そして「ウィーン気質」での流れるような音運びと粋な歌いまわしは、メストの面目躍如と言えるでしょう。 今回の収録作品では唯一のフランスもので、ウィンナ・ワルツへのオマージュとして書かれた「ラ・ヴァルス」では、優雅ながら着実に高みへと導く巧みな構築力がコーダに至っても決して破綻することなく、音楽的なカオスを見事に表現しています。16年を迎えたメストとクリーヴランド管弦楽団の、成熟を感じさせる素晴らしいコンサートです。

  • 商品番号:NYDX-10007

    belvedere edition

    クリーヴランド管弦楽団
    創立100周年記念コンサート
    モーツァルト、R.シュトラウス
    J.シュトラウス、ラヴェル
    詳細ページ
    [ラン・ラン(ピアノ)、フランツ・ウェルザー=メスト(指揮)、クリーヴランド管弦楽団]

    発売日:2019年03月15日

    DVD国内仕様 日本語解説付 価格:4,400円(税込、送料無料)

    1918年に創設されたクリーヴランド管弦楽団は、初代ニコライ・ソコロフに始まり、ロジンスキ、ラインスドルフ、セル、マゼール、ドホナーニといった錚々たる巨匠が音楽監督を歴任し、半世紀のうちには世界有数のオーケストラへと成長しました。2018年9月29日に開催された100周年コンサートでは、このオーケストラを2002年から率いるフランツ・ウェルザー=メストが、故国オーストリアの首都ウィーンを彩ってきた音楽を集めるという趣向で観客を楽しませています。 最初に演奏されるモーツァルトには世界的人気ピアニスト、ラン・ランが登場。短調で書かれた数少ないモーツァルトの協奏曲を深く歌いこむラン・ランに、オーケストラがメストの棒でぴったりと寄り添う、息の合った素晴らしい演奏を聴かせます。 演奏機会がそう多いとは言えない「影のない女」交響的幻想曲では、美しいメロディ・ラインと溢れるようなハーモニーを絶妙にコントロールし、極上の音響に包まれる幸福を存分に味あわせてくれます。そして「ウィーン気質」での流れるような音運びと粋な歌いまわしは、メストの面目躍如と言えるでしょう。 今回の収録作品では唯一のフランスもので、ウィンナ・ワルツへのオマージュとして書かれた「ラ・ヴァルス」では、優雅ながら着実に高みへと導く巧みな構築力がコーダに至っても決して破綻することなく、音楽的なカオスを見事に表現しています。16年を迎えたメストとクリーヴランド管弦楽団の、成熟を感じさせる素晴らしいコンサートです。

  • 商品番号:NYDX-10008

    belvedere edition

    クリーヴランド管弦楽団
    創立100周年記念コンサート
    モーツァルト、R.シュトラウス
    J.シュトラウス、ラヴェル
    詳細ページ
    [ラン・ラン(ピアノ)、フランツ・ウェルザー=メスト(指揮)、クリーヴランド管弦楽団]

    発売日:2019年03月15日

    Blu-ray国内仕様 日本語解説付 価格:4,400円(税込、送料無料)

    1918年に創設されたクリーヴランド管弦楽団は、初代ニコライ・ソコロフに始まり、ロジンスキ、ラインスドルフ、セル、マゼール、ドホナーニといった錚々たる巨匠が音楽監督を歴任し、半世紀のうちには世界有数のオーケストラへと成長しました。2018年9月29日に開催された100周年コンサートでは、このオーケストラを2002年から率いるフランツ・ウェルザー=メストが、故国オーストリアの首都ウィーンを彩ってきた音楽を集めるという趣向で観客を楽しませています。 最初に演奏されるモーツァルトには世界的人気ピアニスト、ラン・ランが登場。短調で書かれた数少ないモーツァルトの協奏曲を深く歌いこむラン・ランに、オーケストラがメストの棒でぴったりと寄り添う、息の合った素晴らしい演奏を聴かせます。 演奏機会がそう多いとは言えない「影のない女」交響的幻想曲では、美しいメロディ・ラインと溢れるようなハーモニーを絶妙にコントロールし、極上の音響に包まれる幸福を存分に味あわせてくれます。そして「ウィーン気質」での流れるような音運びと粋な歌いまわしは、メストの面目躍如と言えるでしょう。 今回の収録作品では唯一のフランスもので、ウィンナ・ワルツへのオマージュとして書かれた「ラ・ヴァルス」では、優雅ながら着実に高みへと導く巧みな構築力がコーダに至っても決して破綻することなく、音楽的なカオスを見事に表現しています。16年を迎えたメストとクリーヴランド管弦楽団の、成熟を感じさせる素晴らしいコンサートです。

  • 商品番号:BELVED08019

    belvedere edition

    ドーデラー(1969-)
    子供のための歌劇「ファティマ」
    あるいは勇敢な子供たち 詳細ページ
    [カルロス・オスナ (テノール)、アンドレア・キャロル (ソプラノ)、ソリン・コリバン (バリトン)、モニカ・ボヒネク (メゾ・ソプラノ)、キャロル・ウィルソン (メゾ・ソプラノ)、ベンジャミン・ベイル (指揮)、ウィーン国立歌劇場オペラ学校少年合唱団、ウィーン国立歌劇場舞台管弦楽団]

    発売日:2019年02月08日

    DVD日本語オビ付き 価格:3,200円(税込、送料無料)

    ファティマは勇気ある賢い少女。お兄さんのハッサンと病気のお母さんの三人暮らしです。家はとても貧しく食べ物にもこと欠いています。ハッサンは家族を助けるため、絶対に腹を立てないことを条件に週に1枚の金貨をもらう約束で城の領主(実は魔物)に雇ってもらいます。ハッサンは牛や馬の世話をして一生懸命働き金貨がたまったところで、魔物のずる賢い挑発にのって腹を立ててしまい、金貨をもらえないどころか彼の「夢」も盗られてしまいます。 「夢」は魔物の大好物の食べ物でした。打ちひしがれて家に帰ってきたハッサン。それを見た妹のファティマは魔物を退治するために一人で城に乗り込み、知恵比べをして魔物を倒します。するとお兄さんだけではなく、捕らえられていたたくさんの「夢」が解き放たれ持ち主の子供たちに戻ったのです。   シリア出身の作家ラフィク・シャミの物語に、ヴァイオリニストのコパチンスカヤとのコラボで知られるオーストリアの作曲家ヨハンナ・ドーデラーが作曲した、「喜びと悲しみと興奮にみちた魔法の世界」に子供たちを招待するという意図で制作された新作です。アラビアン・ナイトの世界にも通じるエキゾティックな雰囲気とヨーロッパに伝わる伝承民話に基づいたグリム童話やペロー童話などの要素が見事に融合した新しい子供のための物語がオペラになりました。 ウィーン国立歌劇場所属の、アンドレア・キャロル(タイトルロール)、カルロス・オスナ(ハッサン)らが若々しい歌唱演技を見せ、インターナショナルに活躍するバリトン、ソリン・コルバン(領主)が脇を固めています。バックはヨーロッパのオペラ・シーンで活躍するベンジャミン・ベイルの指揮、ウィーン国立歌劇場舞台管弦楽団という豪華版です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08052

    belvedere edition

    グルック(1714-1787)
    歌劇「オルフェとウリディス」
    (オルフェオとエウリディーチェ) 詳細ページ
    [フアン・ディエゴ・フローレス(テノール)、クリスティアーネ・カルク(ソプラノ)、ファトマ・サイード(ソプラノ)、ホフェッシュ・シェクター・カンパニー(舞踊団)、ミケーレ・マリオッティ(指揮)、スカラ座管弦楽団&合唱団]

    発売日:2019年02月08日

    DVD日本語字幕付 価格:3,520円(税込、送料無料)

    スカラ座で収録された、フローレスとカルクによる「オルフェとウリディス」が登場。1762年にウィーンで初演されたグルックの「オルフェオとエウリディーチェ」は、脚本と音楽の関連性を重要視したオペラ史の改革的作品であり、そのおよそ12年後にはパリでフランス語版の上演も行われました。この時は言語がイタリア語から変更されただけでなく、主人公オルフェ(オルフェオの仏語)のアリアを移調してカウンターテノールからテノールへ変更、オルフェのアリアの追加、バレエ音楽の追加、有名な「精霊の踊り」の拡張、楽器の変更など様々な改訂が行われました。 この映像には、2015年コヴェントガーデン王立歌劇場で上演されたプロダクションを、2018年にミラノ・スカラ座で再演した舞台を収録。テノールへ変更され力強くなったオルフェですが、フローレスの艶やかな歌声もあって、カウンターテノールで聴きなれた方にも大きな違和感は感じられないでしょう。フローレスならではの情感豊かな表現と、カルクとサイードの好演が物語を大いに盛り立てています。 舞台は一見簡素ながら、ステージにオーケストラがせり上がる仕掛けなど工夫を凝らしたもの。またバレエはグルックの音楽にモダン・ダンスが絡むものとなっており、近代を思わせる衣装もあいまって、様々な様式が魅力的なハーモニーを奏でるステージとなっています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08053

    belvedere edition

    グルック(1714-1787)
    歌劇「オルフェとウリディス」
    (オルフェオとエウリディーチェ) 詳細ページ
    [フアン・ディエゴ・フローレス(テノール)、クリスティアーネ・カルク(ソプラノ)、ファトマ・サイード(ソプラノ)、ホフェッシュ・シェクター・カンパニー(舞踊団)、ミケーレ・マリオッティ(指揮)、スカラ座管弦楽団&合唱団]

    発売日:2019年02月08日

    Blu-ray日本語字幕付 価格:3,520円(税込、送料無料)

    スカラ座で収録された、フローレスとカルクによる「オルフェとウリディス」が登場。1762年にウィーンで初演されたグルックの「オルフェオとエウリディーチェ」は、脚本と音楽の関連性を重要視したオペラ史の改革的作品であり、そのおよそ12年後にはパリでフランス語版の上演も行われました。この時は言語がイタリア語から変更されただけでなく、主人公オルフェ(オルフェオの仏語)のアリアを移調してカウンターテノールからテノールへ変更、オルフェのアリアの追加、バレエ音楽の追加、有名な「精霊の踊り」の拡張、楽器の変更など様々な改訂が行われました。 この映像には、2015年コヴェントガーデン王立歌劇場で上演されたプロダクションを、2018年にミラノ・スカラ座で再演した舞台を収録。テノールへ変更され力強くなったオルフェですが、フローレスの艶やかな歌声もあって、カウンターテノールで聴きなれた方にも大きな違和感は感じられないでしょう。フローレスならではの情感豊かな表現と、カルクとサイードの好演が物語を大いに盛り立てています。 舞台は一見簡素ながら、ステージにオーケストラがせり上がる仕掛けなど工夫を凝らしたもの。またバレエはグルックの音楽にモダン・ダンスが絡むものとなっており、近代を思わせる衣装もあいまって、様々な様式が魅力的なハーモニーを奏でるステージとなっています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-10001

    belvedere edition

    グルック(1714-1787)
    歌劇「オルフェとウリディス」
    (オルフェオとエウリディーチェ) 詳細ページ
    [フアン・ディエゴ・フローレス(テノール)、クリスティアーネ・カルク(ソプラノ)、ファトマ・サイード(ソプラノ)、ホフェッシュ・シェクター・カンパニー(舞踊団)、ミケーレ・マリオッティ(指揮)、スカラ座管弦楽団&合唱団]

    発売日:2019年02月08日

    DVD国内仕様 日本語字幕付 価格:4,400円(税込、送料無料)

    スカラ座で収録された、フローレスとカルクによる「オルフェとウリディス」が登場。1762年にウィーンで初演されたグルックの「オルフェオとエウリディーチェ」は、脚本と音楽の関連性を重要視したオペラ史の改革的作品であり、そのおよそ12年後にはパリでフランス語版の上演も行われました。この時は言語がイタリア語から変更されただけでなく、主人公オルフェ(オルフェオの仏語)のアリアを移調してカウンターテノールからテノールへ変更、オルフェのアリアの追加、バレエ音楽の追加、有名な「精霊の踊り」の拡張、楽器の変更など様々な改訂が行われました。 この映像には、2015年コヴェントガーデン王立歌劇場で上演されたプロダクションを、2018年にミラノ・スカラ座で再演した舞台を収録。テノールへ変更され力強くなったオルフェですが、フローレスの艶やかな歌声もあって、カウンターテノールで聴きなれた方にも大きな違和感は感じられないでしょう。フローレスならではの情感豊かな表現と、カルクとサイードの好演が物語を大いに盛り立てています。 舞台は一見簡素ながら、ステージにオーケストラがせり上がる仕掛けなど工夫を凝らしたもの。またバレエはグルックの音楽にモダン・ダンスが絡むものとなっており、近代を思わせる衣装もあいまって、様々な様式が魅力的なハーモニーを奏でるステージとなっています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-10002

    belvedere edition

    グルック(1714-1787)
    歌劇「オルフェとウリディス」
    (オルフェオとエウリディーチェ) 詳細ページ
    [フアン・ディエゴ・フローレス(テノール)、クリスティアーネ・カルク(ソプラノ)、ファトマ・サイード(ソプラノ)、ホフェッシュ・シェクター・カンパニー(舞踊団)、ミケーレ・マリオッティ(指揮)、スカラ座管弦楽団&合唱団]

    発売日:2019年02月08日

    Blu-ray国内仕様 日本語字幕付 価格:4,400円(税込、送料無料)

    スカラ座で収録された、フローレスとカルクによる「オルフェとウリディス」が登場。1762年にウィーンで初演されたグルックの「オルフェオとエウリディーチェ」は、脚本と音楽の関連性を重要視したオペラ史の改革的作品であり、そのおよそ12年後にはパリでフランス語版の上演も行われました。この時は言語がイタリア語から変更されただけでなく、主人公オルフェ(オルフェオの仏語)のアリアを移調してカウンターテノールからテノールへ変更、オルフェのアリアの追加、バレエ音楽の追加、有名な「精霊の踊り」の拡張、楽器の変更など様々な改訂が行われました。 この映像には、2015年コヴェントガーデン王立歌劇場で上演されたプロダクションを、2018年にミラノ・スカラ座で再演した舞台を収録。テノールへ変更され力強くなったオルフェですが、フローレスの艶やかな歌声もあって、カウンターテノールで聴きなれた方にも大きな違和感は感じられないでしょう。フローレスならではの情感豊かな表現と、カルクとサイードの好演が物語を大いに盛り立てています。 舞台は一見簡素ながら、ステージにオーケストラがせり上がる仕掛けなど工夫を凝らしたもの。またバレエはグルックの音楽にモダン・ダンスが絡むものとなっており、近代を思わせる衣装もあいまって、様々な様式が魅力的なハーモニーを奏でるステージとなっています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08041

    belvedere edition

    ヤンソンス指揮/バイエルン放送交響楽団&合唱団
    ベートーヴェン(1770-1827)
    ミサ曲 ハ長調 Op.86
    ストラヴィンスキー(1882-1971)
    3楽章の交響曲 詳細ページ
    [ゲニア・キューマイアー/ゲルヒルト・ロンベルガー/マキシミリアン・シュミット/ルカ・ピサローニバイエルン放送合唱団/マリス・ヤンソンス/バイエルン放送交響楽団]

    発売日:2018年10月24日

    DVD日本語帯あり/日本語字幕あり 価格:3,200円(税込、送料無料)

    現代最高の指揮者の一人、マリス・ヤンソンスの75歳の誕生日祝賀コンサートを完全収録。2003年、バイエルン放送交響楽団の首席指揮者に就任してから15年、ヤンソンスとオーケストラとの親密な結び付きから数々の名演が生まれてきました。そして、この祝賀コンサートは南ドイツ新聞に「湧き上がる喜びと威厳にみちたマリス・ヤンソンスの全てがある」と評されました。 当日のプログラムは、ヤンソンスが得意とするストラヴィンスキーの「3楽章の交響曲」、フンメルの輝かしいトランペット協奏曲に始まり、ベートーヴェンのミサ曲がメイン楽曲に据えられました。1807年、エステルハージ公のために書かれた「ミサ曲 ハ長調」はハイドンの伝統を引き継ぎつつ作曲家が旺盛な活力に満ちた時代の作品で、ヤンソンスはバイエルン放送響に優れた独唱者を迎え、この作品を至上の高みに導いています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08042

    belvedere edition

    ヤンソンス指揮/バイエルン放送交響楽団&合唱団
    ベートーヴェン(1770-1827)
    ミサ曲 ハ長調 Op.86
    ストラヴィンスキー(1882-1971)
    3楽章の交響曲 詳細ページ
    [ゲニア・キューマイアー/ゲルヒルト・ロンベルガー/マキシミリアン・シュミット/ルカ・ピサローニバイエルン放送合唱団/マリス・ヤンソンス/バイエルン放送交響楽団]

    発売日:2018年10月24日

    Blu-ray日本語帯あり/日本語字幕あり 価格:3,200円(税込、送料無料)

    現代最高の指揮者の一人、マリス・ヤンソンスの75歳の誕生日祝賀コンサートを完全収録。2003年、バイエルン放送交響楽団の首席指揮者に就任してから15年、ヤンソンスとオーケストラとの親密な結び付きから数々の名演が生まれてきました。そして、この祝賀コンサートは南ドイツ新聞に「湧き上がる喜びと威厳にみちたマリス・ヤンソンスの全てがある」と評されました。 当日のプログラムは、ヤンソンスが得意とするストラヴィンスキーの「3楽章の交響曲」、フンメルの輝かしいトランペット協奏曲に始まり、ベートーヴェンのミサ曲がメイン楽曲に据えられました。1807年、エステルハージ公のために書かれた「ミサ曲 ハ長調」はハイドンの伝統を引き継ぎつつ作曲家が旺盛な活力に満ちた時代の作品で、ヤンソンスはバイエルン放送響に優れた独唱者を迎え、この作品を至上の高みに導いています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08035

    belvedere edition

    サリエリ(1750-1825)
    歌劇《はじめに音楽、次に言葉》
    モーツァルト(1756-1791)
    歌劇《劇場支配人》 詳細ページ
    [ヘム/ヴィトマー/ラモス/メイ/アーノンクール]

    SALIERI, A.: Prima la musica e poi le parole / MOZART, W.A.: Der Schauspieldirektor [Operas] (Hemm, Widmer, Ramos, Mei, Harnoncourt)

    発売日:2018年01月26日 NMLアルバム番号:BVE08035

    CD 2枚組 価格:3,040円(税込、送料無料)

    1786年、当時の神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世の依頼により作曲された2つのオペラ。彼の妹マリア・クリスティーナとその夫をもてなすために、シェーンブルン宮殿内の大温室で演奏されたのは、まずはサリエリの《はじめに音楽、次に言葉》、次にモーツァルトの《劇場支配人》で、イタリア・オペラとドイツの音楽劇(ジングシュピール)を競わせるという趣向があったとされています。“競う”と言っても、どちらが優れているとの判定が出たわけではなく、出演した歌手たちは称賛され、サリエリ、モーツァルトの双方ともオペラ作曲家としての才能が証明される場となりました。 4日間でオペラを作ることになった作曲家と詩人が「音楽と言葉のどちらが先か」ともめてしまうサリエリの作品、序曲と4曲のみで構成され、自由に台詞やバレエを組み合わせて上演できるモーツァルトの作品。どちらも短いながら鮮烈なメッセージが込められており、1986年にも同じカップリングで録音したほど、この2作品を好んだアーノンクールならではの個性の強い演奏が展開されています。

  • 商品番号:BELVED08036

    belvedere edition

    モーツァルト(1756-1791)
    レクイエム ニ短調 K626(ジュスマイヤー補筆版) 詳細ページ

    発売日:2018年01月26日

    DVD日本語字幕付き 価格:3,200円(税込、送料無料)

    モーツァルト畢生の名作「レクイエム」。未完のままこの世を去ってしまったモーツァルトの意志を継いで、弟子のジュスマイヤーが補筆した版が一般的であり、ヤンソンスもこの「ジュスマイヤー補筆版」を使って演奏しています。独唱を担当するのは、ヨーロッパを中心に活躍するモーツァルトを得意とするソリストたち。中でテノール独唱のマーク・パドモアは2016/17年のシーズンにしばしば登場、このモーツァルトでも雄弁な歌唱を披露しました。 ヤンソンスの演奏は力強さと繊細さを兼ね備えており、バイエルン放送交響楽団と合唱団とともに、死への畏怖と圧倒的な信仰の喜びを歌い上げています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08037

    belvedere edition

    モーツァルト(1756-1791)
    レクイエム ニ短調 K626(ジュスマイヤー補筆版) 詳細ページ

    発売日:2018年01月26日

    Blu-ray日本語字幕付き 価格:3,200円(税込、送料無料)

    モーツァルト畢生の名作「レクイエム」。未完のままこの世を去ってしまったモーツァルトの意志を継いで、弟子のジュスマイヤーが補筆した版が一般的であり、ヤンソンスもこの「ジュスマイヤー補筆版」を使って演奏しています。独唱を担当するのは、ヨーロッパを中心に活躍するモーツァルトを得意とするソリストたち。中でテノール独唱のマーク・パドモアは2016/17年のシーズンにしばしば登場、このモーツァルトでも雄弁な歌唱を披露しました。 ヤンソンスの演奏は力強さと繊細さを兼ね備えており、バイエルン放送交響楽団と合唱団とともに、死への畏怖と圧倒的な信仰の喜びを歌い上げています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08006

    ツィクルスの幕開けを飾る2014年1月のコンサート。名手ユリア・フィッシャーを独奏に迎えたヴァイオリン協奏曲と、古典的な構成で書かれた交響曲第4番を収録。メストは美しく磨き上げられたオーケストラの響きを生かし、端正な演奏を聴かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08007

    ブラームスの3つの交響曲。2014年9月の演奏会では重厚な第1番、2015年9月の演奏会では牧歌的な第2番、明快かつ抒情的な第3番が演奏されました。メストはそれぞれの作品の特徴を生かし、緻密で推進力ある演奏を披露しています。収録は第1番はロイヤル・アルバート・ホール、第2番と第3番はウィーンのムジークフェラインザール。各々のホールの響きの違いも存分にお楽しみください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08008

    「ピアノ付きの交響曲」とも言えるブラームスの2曲のピアノ協奏曲。ブロンフマンの力強い演奏もさることながら、音楽を自在に操るメストの指揮にも注目。ピアノとオーケストラのバランスも最良です。同時収録の2曲の管弦楽作品でも美しい響きが満載です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08010

    belvedere edition

    〈ブラームス・ツィクルス1〉
    ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
    交響曲 第4番
    詳細ページ

    発売日:2017年12月15日

    Blu-ray 価格:3,200円(税込、送料無料)

    ツィクルスの幕開けを飾る2014年1月のコンサート。名手ユリア・フィッシャーを独奏に迎えたヴァイオリン協奏曲と、古典的な構成で書かれた交響曲第4番を収録。メストは美しく磨き上げられたオーケストラの響きを生かし、端正な演奏を聴かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08011

    belvedere edition

    〈ブラームス・ツィクルス2〉
    交響曲 第1番
    交響曲 第2番
    交響曲 第3番
    詳細ページ

    発売日:2017年12月15日

    Blu-ray 価格:3,200円(税込、送料無料)

    ブラームスの3つの交響曲。2014年9月の演奏会では重厚な第1番、2015年9月の演奏会では牧歌的な第2番、明快かつ抒情的な第3番が演奏されました。メストはそれぞれの作品の特徴を生かし、緻密で推進力ある演奏を披露しています。収録は第1番はロイヤル・アルバート・ホール、第2番と第3番はウィーンのムジークフェラインザール。各々のホールの響きの違いも存分にお楽しみください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08012

    「ピアノ付きの交響曲」とも言えるブラームスの2曲のピアノ協奏曲。ブロンフマンの力強い演奏もさることながら、音楽を自在に操るメストの指揮にも注目。ピアノとオーケストラのバランスも最良です。同時収録の2曲の管弦楽作品でも美しい響きが満載です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BELVED08034

    belvedere edition

    TRAUMGEKRÖNT - 夢を戴いて
    ハンナ=エリザベス・ミュラー(ソプラノ) 詳細ページ
    [ミュラー]

    Vocal Recital (Soprano): Müller, Hanna-Elisabeth - STRAUSS, R. / SCHOENBERG, A. / BERG, A. (Traumgekrönt)

    ■声楽曲

    発売日:2017年10月20日 NMLアルバム番号:BVE08034

    CD 価格:2,560円(税込)

    ドイツ生まれのソプラノ歌手、ハンナ=エリザベス・ミュラー。2014年のザルツブルク復活祭音楽祭でティーレマンが指揮する《アラベラ》ズデンカ役でセンセーショナルなデビューを飾り、2017年9月のバイエルン国立歌劇場来日公演メンバーとして《魔笛》でパミーナを歌うなど、最も期待される若手歌手の一人です。オペラの舞台で素晴らしい表現力を披露する彼女ですが、その原点は「リート」にあると語り、このデビュー・アルバムでも繊細かつ美しい歌声で、19世紀末から20世紀初めにかけてのドイツ・リートを歌い上げています。 アルバム・タイトルの「TRAUMGEKRÖNT - 夢を戴いて」はベルクの同名の歌曲から採られていますが、このGEKRÖNTには冠だけでなく「取り囲む」という意味もあり、リヒャルト・シュトラウスの「花にちなんだ歌曲」で、シェーンベルク、ベルクの歌曲を囲んだという選曲にもセンスの良さが感じられます。