ハービソン(ジョン) Harbison, John

生没年 1938- アメリカ
辞書順 NML作曲家番号 18395
  • 商品番号:STNS-30099

    STEINWAY & SONS

    モーツァルト、ベートーヴェンと
    ハービソン(1938-)

    作品集 詳細ページ
    [デイヴィッド・デヴォー(ピアノ)/ボロメオ弦楽四重奏団 ジェシカ・ボドナー(ヴィオラ)/トーマス・ヴァン・ディック(コントラバス)]

    MOZART, W.A.: Piano Concerto No. 14 / Fantasia, K. 396 / BEETHOVEN, L. van: Piano Concerto No. 4 (Deveau, Borromeo String Quartet)

    発売日:2019年01月25日 NMLアルバム番号:Steinway30099

    CD 通常価格:2,937円特価!:2,400円(税込)

    マサチューセッツ出身のベテラン・ピアニスト、デイヴィッド・デボー。1988年以来マサチューセッツ工科大学の音楽プログラムで教鞭を取っており、数多くの才能あるピアニストを指導しています。 ユニークなアルバムをリリースすることで知られるデボー、ここでもモーツァルトとベートーヴェンとアメリカの現代作曲家ハービソンを結びつけるという試みを行っています。ハービソンはデボーと同じくマサチューセッツ工科大学で教えており、デボーとは親しい友人。デボーはモーツァルトとベートーヴェンの2つのピアノ協奏曲の室内楽版を演奏し、ベートーヴェンのカデンツァはハービソンのものを使うことで、古典と現代をうまく結びつけています。ハービソンのオリジナルである「アニヴァーサリー・ワルツ」の幽玄な美しさにも耳を奪われます。

  • 商品番号:8.559841

    NAXOS

    ハービソン(1938-)
    レクイエム 詳細ページ
    [ジェシカ・リヴェラ/ミヒャエラ・マルテンス/ニコラス・パン/ケリー・マークグラフ/ジアンカルロ・ゲレーロナシュヴィル交響楽団&合唱団]

    HARBISON, J.: Requiem (Rivera, Martens, Phan, Markgraf, Nashville Symphony Chorus and Orchestra, Guerrero)

    発売日:2018年10月31日 NMLアルバム番号:8.559841

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    1987年にピューリッツァー賞を受賞し、世界的知名度を獲得したアメリカの作曲家ジョン・ハービソン。独特の芸術的信条を持つことで知られ、これまでにも「ヨハネ・パウロ二世即位25周年を記念する和解のコンサート」の作品を委嘱されるなど、宗教音楽の分野でも素晴らしい作品を書いています。 この「レクイエム」は2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件の直後に着手され、翌年3月に完成しています。ただし、構想自体は早い時期から抱いていたといい、彼自身の様々な体験や音楽的モティーフが取り入れられた多角的な作品として成立しています。オーケストラ、合唱だけでなく、ソロ歌手のパートにも重要な役割が置かれ、全てが混然一体となった爆発的なエネルギーを持つ問題作です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.559836

    NAXOS

    ラッグルズ/スタッキー/ハービソン:
    アメリカ現代管弦楽作品集 詳細ページ
    [ナショナル・オーケストラ・インスティトゥート・フィルハーモニック/ミラー]

    Orchestral Music - RUGGLES, C. / STUCKY, S. / HARBISON, J. (National Orchestral Institute Philharmonic, D.A. Miller)

    発売日:2018年06月27日 NMLアルバム番号:8.559836

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    毎年6月にメリーランド大学で開催するコンサートのために、世界中から厳しいオーディションを経て集められた音楽家たちのアンサンブル「ナショナル・オーケストラ・インスティトゥート・フィルハーモニック」。これまでにNAXOSからは2015年の演奏(8.559782)と2016年の演奏(8.559822)がリリースされており、こちらが2017年の3枚目のアルバムとなります。 今回の演奏会で選ばれたのは、近現代アメリカを代表する3人の作曲家の作品。なかでもラッグルズは生涯に完成させた作品が10曲という寡作な人で、この演奏はとても貴重です。15分ほどの凝縮された時間の中に、膨大な音符が書き込まれた複雑な総譜は、演奏困難ですが、このオーケストラは完璧な音を作り上げています。 スタッキーの協奏曲は、作曲家とロサンゼルス・フィルとの緊密な関係から生まれた作品。音によるアナグラムなど様々な仕掛けが施されています。ハービソンの交響曲はシアトル交響楽団の委嘱作。ジャズ風のテイストも備えた作品です。