レシピトップ > 料理から探す > パウンドケーキ、マフィン
レシピトップ > 目的から探す > バレンタイン向け

あなたに届けたいはちみつ色のマフィン

あなたに届けたいはちみつ色のマフィン

はちみつとレモンのさわやかなハーモニー。お菓子作り初心者でも失敗なく作れるしっとりマフィンです。

バレンタイン用にはホワイトチョコレートをひとかけ、中にひそませて。食べた人にしかわからないバレンタインプレゼントになるでしょう。マフィンの甘さは控えめなので、お好みではちみつをかけて召し上がっても。ギフト用には小さなびんに詰めて差し上げましょう。

今回はバターを使ったレシピとオリーブオイルを使ったレシピ、2種類ご紹介しました。お好きな方で作ってみて下さいね。

材料(各マフィン型5個分)

●オリーブオイル使用
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ2/3(3g)
レモン 1個
1個
はちみつ 50g
牛乳 大さじ3
オリーブオイル 大さじ3
ホワイトチョコレート 5かけ
●バター使用
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ2/3(3g)
レモン 1個
バター 60g
1個
はちみつ 50g
牛乳 大さじ3
ホワイトチョコレート 5かけ

作り方

【オリーブオイル使用】
  1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。レモンは半分程度皮をすりおろしレモン汁小さじ2を用意する。
  2. 型にオリーブオイル(分量外)をぬる。オーブンを180度に予熱する。
  3. ボウルに卵を割り入れて泡立て器でよくまぜる。はちみつ、牛乳、レモン汁、レモンの皮の順に加えながらその都度よくまぜる。
  4. 最後にオリーブオイルを入れてまぜ、粉類を加えてなめらかになるまでまぜる。
  5. 型に少し流してホワイトチョコレートを一つずつ入れ上に生地を流してオーブンで20分焼く。
【バター使用】
  1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。レモンは半分程度皮をすりおろしレモン汁小さじ2を用意する。
  2. 型にバター(分量外)をぬっておく。オーブンを180度に予熱する。
  3. バターは室温に戻してボウルに入れマヨネーズ状になるまで泡立て器でよくまぜる。はちみつを加えてまぜ、溶き卵を少しずつ入れながらその都度よくまぜる。
  4. ゴムべらに持ちかえて粉類と牛乳を交互に加えながらまぜる。レモンの皮と汁を入れてまぜる。
  5. 型に少し流してホワイトチョコレートを一つずつ入れ上に生地を流してオーブンで20分焼く。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • お鍋で作るミックスパエリャ

    火加減調整しやすくて、失敗の少ない普通の鍋を使って。素材の旨みを吸ったお米は格別。

  • オクラ入り鶏と豚のアドボ

    肉や野菜をしょうゆや酢に漬け込んでから煮たフィリピンの家庭料理。

  • ピーマンの肉詰め
    ポルトガル風 サッカー観戦サンド

    カフェやバルのメニューで見かける"ビッファーナ"という豚肉ソテーのサンドと白チーズのサンド。

  • 豚肉とじゃがいものパプリカワイン煮

    味付けした豚肉とじゃがいもを煮たポルトガル料理。

  • フランゴ・ノ・シュラスコ

    ポルトガル風焼き鳥、庶民の味です。開いた鶏をマリネして炭火で焼きます。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)