レシピトップ > 料理から探す > パスタ・グラタン
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる

たまにはこってり。きのこ入りクリームパスタ

きのこ入りクリームパスタ

涼しくなって来ると、たまには濃厚なクリーム系パスタも食べたいなと思うこの頃です。これは、イタリア料理ではとてもオーソドックスなフェトチーネのクリームソース。濃いソースには、からみやすい幅広パスタや太めのスゲティが向いています。

ソースは、生クリームを煮詰めるだけなのでとても簡単に作れます。レストランだともっとたくさん生クリームを使う場合もありますが、くどくならないように牛乳を少し加えるのがポイントです。仕上げに入れるパルメザンチーズが味を引き締めてくれます。。

材料(2人分)

フェトチーネ 200g *平たいパスタのこと。太めのスパゲティでも可
マッシュルーム 4個
ブロックベーコン 50g *薄切りベーコンやハムでも可
グリンピース 大さじ3
生クリーム 200ml
牛乳 50ml
ブイヨン 50ml(お湯50mlに顆粒ブイヨン少々を溶かす)
オリーブオイル  大さじ1
少々
こしょう 少々
パルメザンチーズ 大さじ1

作り方

  1. フェトチーネは表示時間通りにゆでる。
  2. パスタをゆでている間にソースを作る。マッシュルームは5mm幅にスライス、ベーコンは5mm幅の棒状に切る。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れてマッシュルームとベーコンを加え、焦がさないように軽く炒める。生クリームと牛乳を加えて2/3量になるまで煮詰める。
  4. ブイヨンとグリンピースを加えて少し煮る。塩、こしょうで味を整える。
  5. パスタがゆで上ったらざるに上げてお湯を切り、鍋に戻す。クリームソースの2/3量とパルメザンチーズを入れて混ぜる。お皿に盛り付けて残りのソースを上からかける。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • ツナとほうれん草とカッテージチーズのコロッケ

    カッテージチーズは、自己主張はそんなにないけれど、やんわりと優しくツナやほうれん草とのからみよし。

  • タンドリーチキン

    食欲をそそる暖色系のカラー、焼いている時の香りがまたたまりません。お子様にも人気。

  • イワシのパン粉焼き

    イワシの新鮮トマトソース煮の缶詰をつかって。パン粉と調味料をかけて焼くだけ。

  • 春のカタプラーナ

    カタプラーナ料理の中でも最もポピュラー。アサリとオリーブオイルとスパイスの、単純だけど旨みがぎっしり。

  • ポテトとミンチのグラタン

    いわば西洋版おふくろの味。子供もお年寄りも食べやすいです。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)