レシピトップ > 料理から探す > ポルトガル料理
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > おもてなし料理

ポルトガルの豆料理 ~えんどう豆と鶏肉の煮込み~

ポルトガルの豆料理 ~えんどう豆と鶏肉の煮込み~

4月の初めに鎌倉でポルトガル料理のランチとディナーのイベントを開催しました。お天気がちょっと不安定だったのですが、大勢の方が来て下さって丁度桜も満開で楽しい二日間でした。

今回は「ポルトガルの春の料理」をイメージして、青々としたえんどう豆(グリンピース)の煮込みや空豆のスープ、魚料理の付け合わせには菜の花のリゾットなどポルトガルらしい組み合わせにしました。

ランチにお出しした「えんどう豆と鶏肉の煮込み」も家庭でよく作られる料理です。鎌倉ではよりポルトガルの味に近づけるために腸詰や白ワインなども加えましたが、なくても十分おいしくできます。フレッシュなえんどう豆が出回るのは一瞬、豆ごはん以外にも楽しんでいただけたらと思います。

材料(4人分)

えんどう豆(さやからはずして) 1/2カップ *冷凍のグリンピースでもよい
鶏もも肉 2枚
ベーコン 4枚
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
トマトの水煮(きざんで) 1カップ
オリーブオイル 大さじ2と1/2
少々
こしょう 少々

作り方

  1. 鶏もも肉は半分に切って余分な脂肪を取り除き、とこしょうをふる。
  2. ベーコンは細切りに、玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
  3. フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を入れて熱し、鶏もも肉を皮の方から入れてきつね色になるまで表面を焼く。ひっくり返してさっと焼いて取り出す。
  4. 鍋に2とオリーブオイル大さじ2を入れて火にかけ、玉ねぎがやわらかくなるまで炒める。トマトの水煮と塩小さじ1/2を加えて煮立たせる。
  5. 鶏肉とえんどう豆を入れて蓋をして弱めの中火で15分煮る。塩、こしょうで味を調える。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 豚ロースの白ワイン煮

    お肉をしっかり食べたいような時に作る豚肉のワイン煮。簡単につくれます。

  • パタニスカス・デ・バカリャウ

    干し鱈のかき揚げは、日本のようにパリパリした感じではなくてもっとふんわりとした食感です。

  • オムライス

    チキンライスの量は思うまま、かぶせるオムライス。簡単にできます。

  • きのこ入りクリームパスタ

    生クリームを煮詰めるだけの簡単ソース。くどくならないように牛乳を少し加えるのがポイント。

  • かぶとソーセージのクリームコーン・シチュー

    インスタントのルーも使わず煮込むのも短時間。野菜の甘さとソーセージのボリューム感もしっかり。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)