レシピトップ > 料理から探す > 野菜料理
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > ワインに合う
レシピトップ > 目的から探す > お子様に人気

じんわり甘いパプリカ・ポテト

じんわり甘いパプリカ・ポテト

ポートワインの故郷、ドウロ地方の農園ホテルで習った野菜料理です。おしゃれでしっかりもののマダムは、農園で働く人たちや泊り客の食事も前菜からメイン、デザートまですべて手作り。台所の窓からは、急傾斜の葡萄畑とドウロ川が見えて、テキパキと食事の用意をしながらもゆったりとした時間が流れていました。

この料理は、魚や肉料理の付け合せとして、また前菜として白ワインにも合いそうです。
玉ねぎをオリーブオイルでしっかり炒め、野菜を蒸し煮のようにすることで甘みが引き出されます。トマトは缶詰ではなくて生トマトを使うと、さわやかで優しい味になります。

ジャガイモは揚げることでほっこりと食べやすくなり、見た目はシンプルだけど口に入れたときの味わいは、こういう一手間で違ってくると思います。味も形も食べやすいので、小さなお子さんにもお薦めの一皿です。

材料(4人分)

赤パプリカ 大1個
緑パプリカ 大1個(ピーマン2~3個でもよい)
ベーコンブロック 100g(薄切りなら50g)
ジャガイモ 2個
玉ねぎ 1/2個
トマト  1個
オリーブ油  大さじ2
少々
こしょう 少々

作り方

  1. トマトは皮を湯むきして種を取り、細かく切る。玉ねぎはみじん切り、ベーコンとパプリカは1cm角に切る。
  2. ジャガイモも1cm角に切って水にさらし、水気をふき取って油で揚げる。
  3. 鍋にオリーブオイルと玉ねぎ、ベーコンを入れて火にかけ、焦がさないようによく炒める。トマトを加えて炒め、パプリカを入れて塩、こしょうで軽く味付けする。
  4. 蓋をして野菜に火が通るまで煮る。揚げたジャガイモを加えてまぜ、お皿に盛る。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 唐揚げパプリカチキン

    塩と赤パプリカだけの調味料が肉のジューシーな旨みを引き立たせます。

  • 焼きラタトゥイユ

    オリーブ油でしっかり炒めて野菜の甘みを引き出し、トマトの水分を飛ばしながら煮るしっかり濃い味。

  • ワインのおつまみ3種

    あり合わせの材料で。少しスパイスやハーブを加えると、スペインやポルトガルらしい味に変わります。

  • ポートワイン風味の焼きりんご

    柔らかくなったりんごに、スパイスやワイン、はちみつの風味がしみて、深い味わい。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)