レシピトップ > 料理から探す > デザート

ポートワイン風味の焼きりんご

ポートワイン風味の焼きりんご

「焼きりんご」と聞いただけで、どことなくノスタルジックでヨーロッパの家庭の味を連想するような、そんな温かみのあるデザート。

ポルトガルのお家でいただいたものは、ポートワイン入りで少し大人の味でした。コンポートのように柔らかくなったりんごに、スパイスやワイン、はちみつの風味がしみて、深い味わいになります。オーブンでじっくり焼きますのでアルコールは飛んでしまいますが、ワインを少し入れることで一味違う焼きりんごに。ポートワインの他、マデイラワインや赤ワインでも作れます。

材料(4人分)

りんご 2個(*紅玉やふじなど)
クルミ 少々(*他のナッツやレーズンでもよい)
バター 10g
グラニュー糖 小さじ4
シナモン 少々
ポートワイン 小さじ2
はちみつ 少々

作り方

  1. りんごは半分に切ってナイフとスプーンで芯をくり抜く。
  2. 穴に4等分したバターを置いて、刻んだクルミをのせる。りんごの表面に砂糖小さじ1ずつとシナモンをかける。
  3. 2をアルミホイルで包んで190度のオーブンで20分焼く。
  4. 取り出して芯の部分にポートワインを小さじ1/2ずつ入れ、表面にはちみつを少々かける。
  5. オーブンに戻してさらに15~30分焼く。焼き時間はりんごの大きさや硬さによって調整して下さい。指で押して全体が柔らかくなっていればよい。
  6. 冷めるまで置くか、アルミホイルに包んだまま一晩冷蔵庫に入れる。こうすると、一旦外に出た水分がりんごの中に戻って風味がよくなる。
  7. 食べるときにオーブントースターで温める。アイスクリームを添えてもおいしい。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • エビとガーリックのオリーブ油焼き

    エビを食べて満足、オイルにパンを浸して二度楽しむ。きつね色に焼けたガーリックもという方は、三度楽しめる。

  • 焼きラタトゥイユ

    オリーブ油でしっかり炒めて野菜の甘みを引き出し、トマトの水分を飛ばしながら煮るしっかり濃い味。

  • ワインのおつまみ3種

    あり合わせの材料で。少しスパイスやハーブを加えると、スペインやポルトガルらしい味に変わります。

  • 揚げなすのマリネ

    揚げなすのマリネは、暑くて食欲のない時でもビネガーでさっぱり、にんにくや玉ねぎの風味で食欲を刺激。

  • さんまのマスタード・かりかりパン粉焼き

    マスタードの酸味やハーブで臭みもなし。オリーブオイル入りのパン粉はきつね色に焦げて香ばしい。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)