ラビツキー(ヨーゼフ) Labitzky, Joseph

生没年 1802-1881 チェコ
辞書順 NML作曲家番号 82964
  • 商品番号:UP0228

    詳細ページを見る

    〈12月24日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ニールセン(1865-1931)
    アラジン組曲
    フェルステル(1859-1951)
    愛の歌
    ラビツキー(1802-1881)
    カールスバート・ワルツ 詳細ページ
    [エステル・パヴルー(メゾ・ソプラノ)/カルロヴィ・ヴァリ交響楽団/デバシシュ・チャウドゥーリー(指揮)]

    NIELSEN, C.A.: Aladdin Suite / FOERSTER, J.B.: Love-Songs / LABITZKY, J.: Karlsbader Walzer (Pavlů, Karlovy Vary Symphony, Chaudhuri)

    発売日:2021年12月24日 NMLアルバム番号:UP0228

    CD価格:1,650円(税込)

    19世紀から20世紀にかけて活躍した3人の作曲家の色彩豊かなオーケストラ作品を集めた1枚。 ニールセンの「アラジン組曲」はアダム・エーレンシュレーアーの戯曲のための音楽。アルバムの指揮者チャウドゥーリーがとりわけ心を惹かれる作品と語っています。全曲は80分を超える長いもので彼のオペラに次ぐ長さを持つ大作で、東洋的な音階を用いた音域の狭いフレーズを繰り返して異国情緒を演出したり、4群に分けられたオーケストラが異なる調とテンポで同時に演奏し市場の喧騒を表す実験的な書法などが用いられています。 他にはチェコの伝統を引き継いだフェルステルの美しい「愛の歌」、「ボヘミアのヨーゼフ・ランナー」と呼ばれたラビツキーの親しみやすい「カールスバート・ワルツ」が収録されています。 「愛の歌」を歌うエステル・パブルーはプラハ音楽院出身のメゾ・ソプラノ。イルジービエロフラーヴェク、ピエタリ・インキネンら世界的指揮者との共演もある実力派です。

  • 商品番号:8.225366

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    シュトラウス一族の同時代の作曲家たち 第2集 詳細ページ [チェコ室内フィル/ジョージアディス]

    CONTEMPORARIES OF THE STRAUSS FAMILY, Vol. 2 (Czech Chamber Philharmonic, Georgiadis)

    発売日:2015年08月26日 NMLアルバム番号:8.225366

    CD価格:1,936円(税込)

    英国のヨハン・シュトラウス協会はシュトラウス・ファミリーの音楽だけでなく、その周辺に存在した「シュトラウスにまつわる」作曲家たちの作品を研究しています。ここでは、貴重なアーカイブを数多く所有しており、これらのいくつかを、今回の録音のために、指揮者ジョージアディスがオーケストラ用に編曲したのです。 多くの人にとって、ほとんどの作曲家の名前は初耳かもしれません。しかし「波涛を越えて」のローサスや「剣士の入場」のフチークなどの、知られざる作品を聴けることは、なんという歓びでしょうか。とりわけ面白いのが、トロンボーンによる猫の鳴き声が模倣されていたりするトラック13、フチークの「真夜中に」でしょう。他には、比較的良く知られているリンケの「ベルリンの風」(ベルリンのニューイヤー・コンサートで演奏される)も聴きものです。