ボイヤー(ピーター) Boyer, Peter

生没年 1970- アメリカ
辞書順 NML作曲家番号 21903
  • 商品番号:8.559769

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ボイヤー(1970-)
    交響曲 第1番
    シルヴァー・ファンファーレ
    フェスティヴィティーズ 詳細ページ
    [ロンドン・フィル/ボイヤー]

    BOYER, P.: Symphony No. 1 / Silver Fanfare / Festivities / Three Olympians / Celebration Overture (London Philharmonic, Boyer)

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2014年03月26日 NMLアルバム番号:8.559769

    CD価格:1,200円(税込)

    現代アメリカ作曲家のなかでも、とりわけ目覚ましい活躍をしているのが、このピーター・ボイヤー(1970-)です。このアルバムの中には5つの作品が収録されていますが、そのどれもが興味深いものばかりですが、とりわけ「3人のオリンピア」は彼が興味を抱いているという神話と歴史を題材にしたもの。オリンピアというと、最近はオリンピック選手の意をして捉えられることが多いのですが、やはりここでは本来の意味であるギリシャ神話の神々を思い起こすべきでしょう。3つの部分はそれぞれに神々を表現し、ストラヴィンスキーを思わせる「アポロ」、愛と美の化身である「アフロディーテ」、そして戦いの神「アレス」と、うまく特徴を描き分けています。めちゃくちゃカッコイイ「祝典序曲」や伝統の書式を見事に具現化した「交響曲第1番」など、気持ちのよい音を味わうことができる興奮の1枚です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FC013

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    AMERICAN ORIGNALS
    アメリカン・オリジナルス - 1918
    詳細ページ
    [スティープ・キャニオン・ランガーズ/リアノン・ギデンズ(ヴォーカル)他/シンシナティ・ポップス・オーケストラ/ジョン・モリス・ラッセル(指揮)]

    AMERICAN ORIGINALS: 1918

    発売日:2021年07月16日 NMLアルバム番号:FC-013

    CD価格:2,100円(税込)

    シンシナティ・ポップス・オーケストラ通算95枚目となるこのアルバムは、指揮者ジョン・モリス・ラッセルによる20世紀前半のアメリカを象徴する1枚。 冒頭、モリス・ラッセルの「 Hello Cincinnati!」の掛け声ではじまり、ゴキゲンなナンバーが次々と登場します。スーザの行進曲を思わせる行進曲や、甘い歌声を聴かせるスティープ・キャニオン・ランガーズ、アメリカン・ルーツ・ミュージックの第一人者リアノン・ギデンズ、そして軽快なタップ音を響かせるダンサー、ロビン・ワトソンら人気者が集結、1910年代はじめから第一次世界大戦までの古き良きアメリカの雰囲気を蘇らせました。

  • 商品番号:FC005

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    AMERICAN ORIGINALS[CD] 詳細ページ [シンシナティ・ポップス・オーケストラ/ラッセル]

    Orchestral Music - FOSTER, S. / BOYER, P. / POULTON, G. / ROOT, G.F. (American Originals) (Cincinnati Pops Orchestra, J.M. Russell)

    発売日:2017年04月21日 NMLアルバム番号:FC-005

    CD価格:2,240円(税込)

    2015年に収録されたこのライヴは、人々の郷愁を呼び起こすフォスターの歌曲を中心に、アメリカ人なら誰もが知っている名曲を、シンシナティ・ポップス・オーケストラの伴奏に乗ってポップスの歌手たちが歌うというコンサート。日本でもおなじみの「故郷の人々」や「夢路より」などの名ナンバーが実に味わい深く歌われています。

  • 商品番号:FC007

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2017年04月21日

    LP 2枚組価格:3,200円(税込、送料無料)

    2015年に収録されたこのライヴは、人々の郷愁を呼び起こすフォスターの歌曲を中心に、アメリカ人なら誰もが知っている名曲を、シンシナティ・ポップス・オーケストラの伴奏に乗ってポップスの歌手たちが歌うというコンサート。日本でもおなじみの「故郷の人々」や「夢路より」などの名ナンバーが実に味わい深く歌われています。