SIGNATURE

パリに本拠を置くフランスの公共放送局、ラジオ・フランスが主宰するレーベル「SIGNATURE シニャテュール(シグネチャー)」。「現在の音」を伝えることを目的としており、電子音楽、実験音楽、ジャズ、ロックなど幅広い音楽をコレクションしたレーベルです。

  • 商品番号:SIG81800

    SIGNATURE

    RADIOPHONIE VOL.8
    フランス放送各チャンネルの音楽集 Vol.8
    詳細ページ
    [さまざまな演奏家]

    発売日:2019年08月23日

    CD 2枚組 価格:2,400円(税込)

    フランス放送の各チャンネル、France Inter, France Culture, France Bleu and Mouv'を彩る音楽を集めたアルバム。

  • 商品番号:SIG11111

    SIGNATURE

    カンポ(1968-)
    「ストリートアート」 詳細ページ
    [アンサンブルTM+]

    発売日:2019年07月26日

    CD 価格:2,880円(税込)

    マルセイユ出身、人気作曲家の作品集南フランスのマルセイユに生まれ世界中で活躍する多作家、レジス・カンポの作品集。先鋭的なセンスとポピュラリティのある美しさ、そしてユーモアを併せ持ち、アヴァンギャルドとジャズの要素も盛り込んだ彼の作品は、それぞれ様々な性格を持つものの、いずれも他に得難い魅力を備えており、日本にも多くのファンを持ちます。 代表作の一つ「ポップアート」のほか、美しい「UNE SOLITUDE DE L'ESPACE (宇宙の孤独)」など、彼の多彩な作品を楽しむことの出来るアルバムです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SIG11107

    SIGNATURE

    フローラン・シュミット (1870-1958)
    アルベール・ルーセル (1869-1937)
    アンドレ・プレヴォ (1934-2001)

    ヴァイオリン・ソナタ 詳細ページ
    [エレーヌ・コルレット/アンヌ・ル・ボゼック]

    発売日:2018年11月28日

    CD日本語帯つき 価格:2,880円(税込)

    フランス近代音楽の広がりを、「北」を意識した選曲で……とは、ヴァイオリンのエレーヌ・コルレットからの本盤の紹介。ドビュッシーやフォーレらによるフランス近代の傑作群のあとを受けての、充実した曲構成と細やかな音色の扱いがきわだつ充実作3作を集めたアルバムです。 フローラン・シュミットやルーセルなど「ドビュッシー以後」を代表するフランス人作曲家たちのヴァイオリン作品は、新録音が決して多いとは言えない分野。フランス北東部ロレーヌ地方生まれのフローラン・シュミット(ほぼ同世代のオーストリア=ハンガリー帝国の作曲家フランツ・シュミットとは別人)の全2楽章からなるソナタ(1919年作)、およびルーセルの第2ソナタ(1924年作)はどちらも両大戦間の作品で、フォーレ晩期のソナタ群やラヴェルの『ツィガーヌ』などと同時期の作らしい細やかさと充実度のせめぎ合いが魅力。 一方ヴァイオリンのコルレットと同じフランス語圏カナダ出身のプレヴォは、デュティユーの薫陶を受けた耳なじみのよい音楽の書き手で、ロマン派から近代への流れを受けてのポスト=ロマン派ともいうべきソナタにも注目したいところ。フランス放送が自信をもってお勧めする「今が旬」のアーティスト二人が手がけた、カナダやフランス北部など「北」への憧憬をはらんだ1枚です。