グレチャニノフ(アレクサンドル) Gretchaninov, Alexander

生没年 1864-1956 ロシア
辞書順 NML作曲家番号 26079
  • 商品番号:ODE-1397

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    グレチャニノフ(1864-1956)
    徹夜祷 Op.59 (1912) 詳細ページ
    [ラトヴィア放送合唱団/シグヴァルズ・クラーヴァ(指揮) 他]

    発売日:2021年11月05日

    CD価格:2,475円(税込)

    正教会の奉神礼音楽「徹夜祷」。ラフマニノフやチャイコフスキーの作品が知られていますが、この1910年代に書かれたグレチャニノフの作品は典礼用に書かれた前2作とは異なり、演奏会用として書かれたもの。伝統的なスラヴの聖歌が随所に取り込まれ、全体は明るく神々しい雰囲気を帯びています。 グレチャニノフはモスクワ音楽院でタネーエフとアレンスキーに師事し、その後ペテルブルク音楽院に編入して、リムスキー=コルサコフから作曲を学びました。作曲家として活躍を始めてからは、合唱作品を数多く書いており、美しいメロディと重厚なハーモニーを駆使した作品は現代の合唱団の重要なレパートリーになっています。 シグヴァルズ・クラーヴァ指揮するラトヴィア放送合唱団が紡ぎ出す敬虔な響きをご堪能ください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-234

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    グレチャニノフ(1864-1956)
    ヴィオラとピアノのための作品全集 詳細ページ
    [アルタモノーヴァ/ウォーカー]

    GRECHANINOV, A.: Viola and Piano Music (Complete) (Artamonova, Walker)

    ■器楽曲(ピアノ) ■器楽曲(ヴィオラ)

    発売日:2014年04月23日 NMLアルバム番号:TOCC0234

    CD価格:2,175円(税込)

    商人の父を持ちながらも、家業を継がずモスクワ音楽院で学び、作曲家として成功を収めたというグレチャニノフ(1864-1956)。華々しく活動を始めるも、ロシア革命が勃発し、ロシアを離れプラハやパリを転々とし、結局はアメリカに移住し、1940年代後半にアメリカの市民権を得たという人です。国民楽派の影響下にありながらも、晩年の作品は当時のアメリカで流行していた新古典派の音楽の影響も取り入れるというニュートラルなもの。宗教作品ではロシア正教会の伝統を踏まえた曲を書き、器楽曲ではモダンな作品を書くというなかなか面白い作曲家です。 このヴィオラのための作品集は、ほとんどが未発表作品ですが、どれも魅力的でこの作曲家の姿を端的に伝えています。グレチャニノフ生誕150年の記念盤です。

  • 商品番号:DDX-21245

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Highways and Byways
    リコーダーのための稀少小品集 詳細ページ
    [ジョン・ターナー(リコーダー)/スティーヴン・ベタニー(ピアノ) 他]

    Recorder Music (20th Century) - BERGSMA, W. / BERKELEY, L. / HEATON, J.W. / PITFIELD, T. (Highways and Byways) (J. Turner, Bettaney, Robinson, Yates)

    発売日:2024年05月24日 NMLアルバム番号:DDX21245

    CD 2枚組価格:3,225円(税込、送料無料)

    英国を拠点に活躍する作曲家・リコーダー奏者ジョン・ターナー。この2枚組のアルバムでは、これまでほとんど耳にすることのなかった珍しいリコーダー作品を紹介しています。 アルバムはレノックス・バークリーやマッケイブ、ピットフィールドら英国の作曲家の作品の他、グレチャニノフやストラヴィンスキーの作品、アメリカの作曲家バーグスマのヴィオラとリコーダーのデュオ曲まで、バラエティ豊かな選曲がされており、多種多彩な作品はリコーダー愛好家にとって貴重な資料にもなることでしょう。 ターナー自作の「2つの小品」の1曲「A Sad Pavane」は2022年にウクライナの人々を応援するために作曲されました。