マルコ(トマス) Marco, Tomas

生没年 1942- スペイン
辞書順 NML作曲家番号 21748
  • 商品番号:COL31812

    col legno

    マルコ(1942-)
    交響曲 第4番&第5番 詳細ページ
    [イルジー・ビエロフラーヴェク(指揮)/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ビクトール・パブロ・ペレス(指揮)/テネリフェ交響楽団]

    発売日:2019年05月24日

    CD 価格:2,070円(税込)

    マドリードで生まれた作曲家トマス・マルコは、法律を学びつつ、音楽(作曲とヴァイオリン)を、彼曰く「少年のように貪欲に」学んだという人。フランスでブーレーズとマデルナ、ドイツでシュトックハウゼンに就き、1967年には彼の助手にもなっています。社会学や心理学を学び教師としても活躍するマルコですが、作曲家としても世界中で人気があり、作品の多くが録音されリリースされています。 このアルバムには交響曲第5番と第4番が収録されており、迫力に満ちた響きとユニークなリズムが楽しめます。中でも交響曲第4番の第3楽章の熱狂ぶりが聴きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS112017

    IBS Classical

    マルコ(1942-)
    ピアノ作品集 詳細ページ
    [マリオ・プリスエロス(ピアノ)]

    MARCO, T.: Piano Works - Soleá / Fetiches / Sonata en forma de cármenes / Giardini Scarlattiani / Movilidad de la escultura (Prisuelos)

    発売日:2019年01月25日 NMLアルバム番号:IBS-112017

    CD 価格:2,700円(税込)

    1942年スペイン生まれの作曲家、トマス・マルコ。マドリードで法律を学びながら、音楽(作曲とヴァイオリン)も学び、フランスで現代音楽の雄、ブーレーズ、マデルナに教えを乞い、ドイツではシュトックハウゼンの助手も務めたという万能の人。彼のポリシーは現実を解体した上で再構成し、アート作品へと変換するというもので、このアルバムに収録されている作品も、ラテン的なリズムと不思議な音の並び方がユニーク。「マドリードのソナタ」と題された曲や、音が乱雑に並べられているような「トッカータ」が聴きごたえたっぷりです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS152017

    IBS Classical

    マルコ(1942-)
    カンタータ「イスラ・デソラーダ」 詳細ページ
    [マリナ・ロドリゲス=クージ(メゾ・ソプラノ)/エドゥアルド・サンタマリア(テノール)/マヌエル・ガリアーナ(ヴォーカル)/カンタブリア大学室内合唱団/グスタボ・ディアス=ヘレス(ピアノ)/ハビエル・ネグリン(ピアノ)/アントニオ・ドミンゴ(打楽器)/ペドロ・テラン(打楽器)/ホセ・ラモン・エンシナール(指揮)]

    MARCO, T.: Isla Desolada (La) (Rodríguez-Cusí, Santamaría, Gallana, Camerata Coral de la Universidad de Cantabria, Encinar)

    発売日:2019年01月25日 NMLアルバム番号:IBS-152017

    CD 2枚組 価格:3,060円(税込、送料無料)

    2015年にルチアーノ・ゴンザレス・サルミエント(長いキャリアを持つピアニストであると同時に詩人としても活躍)によって書かれた詩的な文章をテキストに、トマス・マルコが作曲したカンタータ。内容は5つのエピソードで構成されており、荒廃した島で孤独に生きる人々が描かれています。 物語は合唱、語り、メゾ・ソプラノとテノール独唱によって進められます。複雑なプロットを包みこむかのようなピアノと打楽器の合いの手が聴きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CDS-7664

    DYNAMIC

    トマス・マルコ(1942-)
    ギターのための室内楽作品集 詳細ページ
    [ファントーニ]

    MARCO, T.: Chamber Works for Guitar (Fantoni)

    ■室内楽 ■器楽曲(ギター)

    発売日:2013年09月25日 NMLアルバム番号:CDS7664

    CD 価格:2,100円(税込)

    1942年生まれの作曲家トマス・マルコ(1942-)。以前NAXOSレーベルから彼の交響曲集がリリースされた時にも、熱狂的な現代音楽ファンの間でひそやかな話題となった人です。名ギタリスト、マルチェロ・ファントーニはすでに彼のギター独奏曲を録音しており(CDS-708)今作では彼の室内楽に興味を抱き、コラボレーションを提案することで、このアルバムが出来上がりました。 ゴヤの絵画やガルシア・ロルカの詩など、様々な作品からインスピレーションを得たこれらの曲は、1960年代のダルムシュタットに参加し、当時の前衛を体に吸収した人の作品らしく、調性感と即興性が程よくミックスされた不思議な音楽。かろうじて聞こえてくるものを旋律として定義できますが、その和声は限りなく不確定であり、自由なものです。

    収録作曲家: