アンドレス(ティモ) Andres, Timo

生没年 1985- アメリカ
辞書順 NML作曲家番号 185921
  • 商品番号:DSL-92183

    Dorian Sono Luminus

    Heavy Sleep - 深い眠り
    ブルース・リヴィングストン
    ピアノ・リサイタル
    詳細ページ
    [リヴィングストン]

    Piano Recital: Levingston, Bruce - ANDRES, T. / BACH, J.S. / FAIROUZ, M. (Heavy Sleep)

    発売日:2015年02月25日 NMLアルバム番号:DSL-92183

    CD 通常価格:2,772円特価!:2,224円(税込)

    常に思慮深く演奏し、また凝ったプログラムで聴き手を魅了するピアニスト、ブルース・リヴィングストンの最新アルバムです。1枚目のアルバム(DSL-92137)ではシューマンのクライスレリアーナと現代曲を併せ、2枚目(DSL-92148)ではシューベルト、ショパン、サティとペルトなどのやはり現代曲を組み合わせるという意欲的なプログラムを用意した彼、今作は更に踏み込み、バッハ作品と、最近人気の若手作曲家フェイルーズ、そしてアルバム・タイトルである「深い眠り」の作者ティモ・アンドレスを組み合わせ、1枚のアルバムとしたのです。どの曲も瞑想的でありながらも刺激的な表情を持ち、間に挟まれた耳慣れたはずのバッハ作品でさえ、なんとなくいつもと違った味わいを醸し出しているところが面白いものです。ピアノの残響を丁寧に捉えた録音にもご注目ください。

  • 商品番号:DSL-92211

    Dorian Sono Luminus

    Thrive on Routine ‐ 規則上の繁栄 詳細ページ [アメリカン・コンテンポラリー・ミュージック・アンサンブル]

    Chamber Music - BURHANS, C. / SHAW, C. / ANDRES, T. / ADAMS, J.L. (Thrive on Routine) (American Contemporary Music Ensemble)

    発売日:2017年03月24日 NMLアルバム番号:DSL-92211

    CD+Blu-ray Audio 通常価格:3,135円特価!:2,560円(税込)

    現代アメリカを代表するコンテンポラリー・アンサンブル「ACME(アメリカン・コンテンポラリー・ミュージック・アンサンブル)」のSono Luminusデビュー・アルバム。彼らはコンサートだけでなく、ダンスやバレエ、映画ともコラボ、常に新鮮な驚きを聴衆に与えています。ここで選ばれた作品は、彼らにとっては作曲家も含め、極めて深い愛情と親密さを感じている大切な曲ばかりです。 20世紀から21世紀にかけてのアメリカで生まれた新しいパーカッション作品は、驚くほどの多様性を持ち、また、通常の録音では収まらないほどの多彩な音色を駆使した曲が多く、このアルバムでもその素晴らしい響きを完璧に捉えるために、現代における最高の録音技術を用い、磨き上げられた音が収録されています。中でも、グラミー賞受賞作曲家、ジョン・ルーサー・アダムズ作品の、美しいヴィヴラフォンと弦が作り出す響きは、まるで天上の音楽を聞いているような美しさです。

  • 商品番号:CDR90000162

    Cedille Records

    HAND EYE 詳細ページ [エイト・ブラックバード]

    Chamber Music - ANDRES, T. / NORMAN, A. / HONSTEIN, R. / CERRONE, C. / HEARNE, T. / COOPER, J. (Hand Eye) (eighth blackbird)

    発売日:2016年05月25日 NMLアルバム番号:CDR90000-162

    CD 通常価格:2,310円特価!:1,824円(税込)

    複数のグラミー賞を獲得したアンサンブル「エイト・ブラックバード」の最新作「HAND EYE」。今回のアルバムでは6人の若きアメリカ人作曲家たちが、現代美術にインスパイアされて書いた作品の世界初演を行っています。様々な断片が次第に合体してコラールを形作るアンダースの“Checkered Shade”、チェロの音を他の楽器が模倣していくノーマンの「Mine」、3つの部分が独立した世界を形作るホンステインの「Conduit」、カリフォルニアの強い日差しを表現した「South Catalina」、テッド・ハーンのリアルなジャム・セッション、そしてビブラフォンが印象的なクーパーの「Cast」。2017年のグラミー賞獲得も期待できそうな1枚です。