ハーン(テッド) Hearne, Ted

生没年 1982- アメリカ
辞書順 NML作曲家番号 104182
  • 商品番号:8.559829

    NAXOS

    Statements
    アメリカ現代合唱曲集
    (ラング/ハーン/ラッシュ) 詳細ページ
    [イェール・コーラル・アーティスツ/イェール・フィルハーモニア/ドウマ]

    Choral Music - LANG, D. / HEARNE, T. / LASH, H. (Statements) (Yale Choral Artists and Philharmonia, Douma)

    発売日:2018年03月23日 NMLアルバム番号:8.559829

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    イェール・コーラル・アーティストはイェール音楽学校とアメリカ全土の主要歌手で構成された「イェール・グリー・クラブ」によって設立されたプロの合唱団。世界で最も革新的な合唱団を目指し、意欲的に活動しています。 このアルバムではイェール出身の3人の現代作曲家の作品を収録。「バング・オン・ア・カン」の設立者として知られるデイヴィッド・ラングの社会派問題を扱った「statement to the court」、異なる宗教の対立と融和を描いたテッド・ハーンの「コンセント」、ラテン語から英語に翻訳したテキストを用いたハンナ・ラッシュの「レクイエム」。現代アメリカの抱える問題意識をあぶり出したこの3曲を素晴らしいハーモニーでお聴きください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ca21126

    Cantaloupe Music

    ハーン(1982-)
    Sound from the Bench 詳細ページ
    [クロシング/ナリー]

    HEARNE, T.: Consent / Sound from the Bench / Ripple / Privilege (The Crossing, Nally)

    発売日:2017年05月26日 NMLアルバム番号:CA-21126

    CD 通常価格:2,750円特価!:2,240円(税込)

    作曲家、歌手、バンドリンダー、など幅広く活躍しているアーティスト、テッド・ハーン。このアルバムでは、フィラデルフィアのヴォーカル・アンサンブル「クロッシング」とコラボし、独特な音による世界を作り上げています。アルバム・タイトル「Sound from the Bench」では、宗教的なメロディにエレクトリック・ギターとパーカッションが加わるという冒険的なサウンドが炸裂します。

    収録作曲家:

  • 商品番号:dsl-92212

    Dorian Sono Luminus

    Unbound
    現代の弦楽四重奏曲集
    詳細ページ
    [ジャスパー弦楽四重奏団]

    Chamber Music - SHAW, C. / MAZZOLI, M. / GOSFIELD, A. / GREENSTEIN, J. / LANG, D. / DENNEHY, D. / HEARNE, T. (Unbound) (The Jasper String Quartet)

    発売日:2017年05月26日 NMLアルバム番号:DSL-92212

    CD 通常価格:2,750円特価!:2,240円(税込)

    2008年に創設されたジャスパー弦楽四重奏団はシューベルト、ベートーヴェンなど古典派の作品を得意とする一方、常に新しいレパートリーを模索、現代作品にも高い関心を寄せています。 今回のアルバムで彼らが取り組んだ作品は、21世紀に書かれた7曲。中でもゴスフィールドの「The Blue Horse Walks on the Horizon」は彼らのために作曲された新作であり、他の6曲も瑞々しいイメージと多彩なサウンドを持った魅力的な作品です。

  • 商品番号:CDR90000162

    Cedille Records

    HAND EYE 詳細ページ [エイト・ブラックバード]

    Chamber Music - ANDRES, T. / NORMAN, A. / HONSTEIN, R. / CERRONE, C. / HEARNE, T. / COOPER, J. (Hand Eye) (eighth blackbird)

    発売日:2016年05月25日 NMLアルバム番号:CDR90000-162

    CD 通常価格:2,310円特価!:1,824円(税込)

    複数のグラミー賞を獲得したアンサンブル「エイト・ブラックバード」の最新作「HAND EYE」。今回のアルバムでは6人の若きアメリカ人作曲家たちが、現代美術にインスパイアされて書いた作品の世界初演を行っています。様々な断片が次第に合体してコラールを形作るアンダースの“Checkered Shade”、チェロの音を他の楽器が模倣していくノーマンの「Mine」、3つの部分が独立した世界を形作るホンステインの「Conduit」、カリフォルニアの強い日差しを表現した「South Catalina」、テッド・ハーンのリアルなジャム・セッション、そしてビブラフォンが印象的なクーパーの「Cast」。2017年のグラミー賞獲得も期待できそうな1枚です。