ファリーナ(カルロ) Farina, Carlo

生没年 1604-1639 イタリア
辞書順 NML作曲家番号 23219
  • 商品番号:RIC139

    Ricercar

    ファリーナ(1600頃-1640)
    作品集 詳細ページ
    [クレマチス、ド・ファイー、アラルコン]

    FARINA, C.: Chamber Music (Capriccio stravagante e Sonate) (García Alarcón)

    発売日:2020年03月27日

    CD 価格:1,425円(税込)

    イタリアのマントヴァに生まれたヴァイオリンの名手ファリーナ。イタリアのほか、シュッツが楽長を務めていたドレスデンの宮廷楽団に於いてコンサート・マスターの座に就くなど活躍しました。ヴァイオリンの演奏技術の発展に貢献し、「酔狂なる奇想曲」(8)では、様々な特殊奏法も駆使して、犬や猫のほか様々な描写を行っています。 ド・ファイーの切れの良いテクニック、アラルコンの鮮烈な音楽運びなどが生きたアルバム。

    収録作曲家:

  • 商品番号:555034

    CPO

    ファリーナ(1600頃-1639)
    コンソート・ミュージック ドレスデン 1627年 詳細ページ
    [アカデミア・デル・リチェルカーレ/ブスカ]

    FARINA, C.: Terzo libro delle pavane, gagliarde, brand (Il) (Accademia del Ricercare, Busca)

    発売日:2016年07月27日 NMLアルバム番号:555034-2

    CD 価格:1,824円(税込)

    イタリア、マントヴァ出身の作曲家、カルロ・ファリーナ(1600頃-1639)は、ヴィオラ奏者であった父親から手ほどきを受け、サラモーネ・ロッシに師事。一時期ドレスデンの宮廷でハインリヒ・シュッツとともに働いていたことでも知られています。その後はボンの宮廷を経て、イタリアに戻り、各地で活動、ポーランドやウィーンにも出かけますが、ペストに罹り40歳になる前にこの世を去りました。ヴァイオリンの名手であった彼は、数々の演奏技法を開発し各地に広めたことでも知られています。 このコンソート・ミュージック集は、彼がドレスデンに滞在していた時期に出版された5巻の舞曲集の中の第3巻に収録された舞曲集で、各楽器の妙技と洒落た感覚に溢れたユニークな響きを味わえます。

    収録作曲家: