プリエーゼ(オスバルド・ペドロ) Pugliese, Osvaldo Pedro

生没年 1905-1995
辞書順 NML作曲家番号 29951
  • 商品番号:GP856

    logo GRAND PIANO

    20世紀のタンゴ集 第1集 詳細ページ [ミリアン・コンティ(ピアノ)]

    Tangorama - An Anthology of 20th Century Tango, Vol. 1 (M. Conti)

    発売日:2021年01月15日 NMLアルバム番号:GP856

    CD 価格:1,950円(税込)

    世界中で広く愛されている「タンゴ」。18世紀後半にイベリア半島で発祥した舞曲を起源としていますが、スペイン帝国による植民地政策の結果として、アルゼンチンとウルグアイの間を流れるラプラタ川の河口地域にこのダンスパターンが伝わり、人々に愛されるようになります。19世紀後半には「タンゴ」と題された譜面が書かれ、同じ頃にはバンドネオンを用いた楽団が出現、そして1903年頃にアンヘル・ビジョルドが作曲した「エル・チョクロ(とうもろこし)」が大流行。この曲は世界中のタンゴ楽団によって演奏され、ビジョルドはタンゴの創始者の一人として広く讃えられました。以降、アルゼンチンを中心に多彩なタンゴが生まれ、そのスタイルも変化していきます。 この「20世紀のタンゴ集」はアルゼンチン出身のピアニスト、ミリアム・コンティが100曲を超えるタンゴを紹介するシリーズ。第1集では前述の「エル・チョクロ」を含む25曲が演奏されています。 初期のシンプルなタンゴから、1960年代のモダンタンゴまでざまざまな作品を存分にお聞きください。