ブスマンズ(フィリップ) Boesmans, Philippe

生没年 1936- ベルギー
辞書順 NML作曲家番号 134104
  • 商品番号:CYP4656

    Cypres

    Fin de nuit - 夜の終わり
    ブスマンス(1936-)作品集
    ヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲
    2台ピアノとオーケストラのためのカプリッチョ
    ピアノとオーケストラのための「夜の終わり」 詳細ページ
    [ジェオルジェ・トゥドラケ(ヴァイオリン)/ダヴィッド・カドゥーシュ(ピアノ)/ジュリアン・リベール(ピアノ)/ゲルゲイ・マダラシュ(指揮)/リエージュ王立フィルハーモニー管弦楽団]

    発売日:2019年12月20日

    CD 価格:2,325円(税込)

    ベルギーで生まれリエージュ音楽院でピアノを学び、作曲家として活動するフィリップ・ブスマンス。初期の頃はセリー技法に基づく音楽を書いていましたが、1962年にベルギー・フランス語放送(RTBF)のプロデューサーになってからは、音楽で聴衆とコミュケーションを取る必要性に目覚め、耳なじみの良い作品を書くことに注力しています。 世界的に有名なブリュッセルのモネ劇場でも数多くの新作歌劇が初演されてきましたが、このアルバムには3曲の協奏的作品を収録。1979年の「ヴァイオリン協奏曲」と、2019年の最新作でアルバムタイトルでもある「夜の終わり」との作風の違いをお楽しみください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CYP4647

    Cypres

    ブスマンス(1936-)
    歌劇《ピノッキオ》 詳細ページ

    発売日:2018年09月28日

    CD 2枚組+DVD (PAL) 価格:5,440円(税込、送料無料)

    ベルギーの作曲家ブスマンスが誰もが知っている名作「ピノッキオ」をオペラに仕立てました。ブスマンズはほぼ独学で作曲技法を身に着け、45歳で初めてオペラの作曲に着手、最初の作品「La Passion de Gilles」を皮切りに現在までに8作のオペラと、管弦楽作品や室内楽作品を発表し好評を得ています。「ピノッキオ」の台本を書いたポメラは「この物語は広く知れ渡っており、強くインスピレーションを掻き立てます」と語り、単なる子供向けの劇ではなく、原作に基づく風刺的なエピソードを加え、社会や政治的問題にまで深く切り込む作品に仕上げました。ブスマンズはワーグナーを思わせる美しい音楽を付け、現代の聴衆に作品の真価を問うています。(付属のDVDはPAL仕様です)

    収録作曲家: