ニシンマン(マルセロ) Nisinman, Marcelo

生没年 1947- アルゼンチン
辞書順 NML作曲家番号 13105
  • 商品番号:IBS202020

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Generación Cortázar
    コルタサルの世代
    詳細ページ
    [マルセロ・ニシンマン(バンドネオン)/リサンドロ・アバディエ(ナレーター)/ファクンド・アグディン(指揮)/オルケストル・ムジケ・デ・リュミエール]

    Orchestral Music (Contemporary) - VIERA, J.-M. / ORTIZ, P. / NISINMAN, M. (Generación Cortázar) (Musique des Lumières Orchestra, Agudin)

    発売日:2021年04月30日 NMLアルバム番号:IBS-202020

    CD価格:2,250円(税込)

    アルゼンチンの作家フリオ・コルタサルの小説からインスパイアされた作品が収録されたアルバム。アルゼンチンで生まれ、現在カリフォルニアを拠点として活躍する作曲家パブロ・オルティスの神秘的な「ロカマドゥール」、タンゴのリズムの中にマーラーの重厚な音楽を彷彿させるニシンマンの「第三世帯」、コルタサルの代表作『夜、あおむけにされて』に触発されたフリオ・ビエラの豊かな色彩を持つナレーター付きの同名曲、これらの南米の音楽要素をもとに新しい響きが模索された3作品を聴くことができます。 バンドネオン奏者でもあるニシンマンとアグディンは以前にも“Nuevo Tango Nuevo”(OEHMS OC895)でも共演しており、今回も息のあった演奏を披露しています。

  • 商品番号:STNS-30020

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ウテ・レンパー フォーエヴァー
    パブロ・ネルーダの愛の詩
    詳細ページ
    [ウテ・レンパー]

    LEMPER, Ute: Forever - The Love Poems of Pablo Neruda

    発売日:2015年02月25日 NMLアルバム番号:Steinway30020

    CD価格:1,710円(税込)

    現代屈指のシャンソン歌手であるウテ・レンパーの魅力的な声は、誰でも一度聴いたら忘れることはありません。ハイトーンのかわいい声から、たばこの吸い過ぎのようなだみ声まで、その声は七色の光を放ち、とりわけクルト・ヴァイルのいくつかの歌や、エディット・ピアフ、マレーネ・ディートリッヒのカバーでは他の追従を許すことのない、強い存在感を有した人です。 このアルバムで彼女が歌うのは、チリの詩人パブロ・ネルーダの詩による歌の数々。少々エロチックなものから、自然を賛美した詩までさまざまですが、どれも美しい言葉と比喩に満たされています。バックバンドもいい味出してます!

    収録作曲家:

  • 商品番号:OC895

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    NUEVO TANGO NUEVO 詳細ページ [オルケストレ・ムジケ・デ・ルミエレス/アグディン]

    NISINMAN, M.: Dark Blue Tango / VIERA, J.-M.: Tangos de medianoche / ORTIZ, P.: Marginal (Nuevo Tango Nuevo) (Musique des Lumières Orchestra, Agudin)

    発売日:2014年03月26日 NMLアルバム番号:OC895

    CD通常価格:2,224円特価!:590円(税込)

    最近、すっかりバンドネオンの音色も日常生活に定着し、どこでも耳にするようになってきました。しかし、大抵は「ピアソラ」の名前を介してのこと。タンゴ=ピアソラ…そろそろこの図式も取り払ってもよいのではないでしょうか?このアルバム、まさに「新しいタンゴ」を集めたものです。もちろん全ての曲が最近書かれたばかりの世界初録音。3人の作曲家の名前にはほとんど馴染みがなくとも、彼らはみな現在のアルゼンチンを牽引する優れた人たちなのです。これらのタンゴは踊るためというよりも「聴くため」に書かれた本格的なタンゴであり、愉しさはもちろんのこと、様々な試みや手法が施された、実に手の込んだ作品なのです。バンドネオンを演奏するのは、作曲家でもあるニシンマン(1970-)その人。まずは実際に聴いてみて、これらの作品を評価してみてはいかがでしょうか!