ローダー(エドワード・ジェイムズ) Loder, Edward James

生没年 1810-1865 イギリス
辞書順 NML作曲家番号 193990
  • 商品番号:TOCC-322

    logo Toccata Classics

    ローダー(1810-1865)
    ピアノ作品集 詳細ページ
    [ホブソン]

    LODER, E.: Piano Music (I. Hobson)

    発売日:2016年02月24日 NMLアルバム番号:TOCC0322

    CD 価格:2,438円(税込)

    イギリス音楽の歴史については、WIKIなどをみても、中世、ルネサンス時代はダンスタブルやタリスなど多くの作曲家を輩出していたとあります。そしてダウランド、パーセルなどのバロック期を経て、ヘンデルが活躍しますが、それ以降は記述が途絶え、次はエルガーまで空白になっています。しかし、古典派からロマン派の時代、イギリスの作曲家が全くいなかったわけではありません。このローダー(1810-1865)もその一人です。時期的にはロマン派に属する人で、オペラ作曲家として一応の成功を収めたとされています。しかし借金がかさみ投獄され、そのまま貧困のうちに世を去り、その存在すらも忘れ去られてしまったのです。 このアルバムはそんな彼の没後150年を記念して録音されたもので、知られざる作品を復興するための足がかりとなるかもしれません。作品自体はシューベルト、ベートーヴェンをしのぐ見事なものであり、とりわけ変奏曲は聞き応えのあるものです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SOMMCD0123

    logo SOMM Recordings

    イギリス歌劇の序曲集 詳細ページ [リチャード・ボニング(指揮)/ヴィクトリア・オペラ管弦楽団]

    Overtures - BENEDICT, J. / BALFE, M.W. / LODER, E.J. / WALLACE, W.V. / MACFARREN, G. (British Opera Overtures) (Victorian Opera Orchestra, Bonynge)

    発売日:2019年09月20日 NMLアルバム番号:SOMMCD0123

    CD 価格:2,160円(税込)

    ヴィクトリア・オペラ管弦楽団は「19世紀の知られざるイギリス・オペラ」の紹介に力を入れています。このアルバムに収録されている作品もほとんどが世界初演という貴重な録音。数々の楽しい作品を楽しむことができます。 ドイツで生まれイギリス国籍を取得、フンメルとウェーバーを研究したというベネディクト卿の「キラーニーの百合」、1834年に初演された「山の妖精」、いくつかの歌劇で知られ「イギリスのオーベール」の異名を取ったバルフェの2作品、同じく19世紀イギリスのオペラ界に君臨するウォレスの3作品、他、マクファーレン、トーマス、ローダーの各作品を、オーストラリアを代表するオペラ指揮者リチャード・ボニングが華麗に演奏しています。