ラートハウス(カロル) Rathaus, Karol

生没年 1895-1954
辞書順 NML作曲家番号 18743
  • 商品番号:TOCC-511

    logo Toccata Classics

    ラートハウス(1895-1954)
    〈ピアノ作品集 第1集〉
    映画音楽「殺人者ディミトリ・カラマーゾフ」より
    バレエ曲「最後のピエロ」より2つの小品
    ピアノ・ソナタ 第2番 Op.8 詳細ページ
    [ダニエル・ヌコウスキ(ピアノ)]

    RATHAUS, K.: Piano Music, Vol. 1 (Wnukowski)

    発売日:2019年05月17日 NMLアルバム番号:TOCC0511

    CD 価格:2,080円(税込)

    オーストリア・ハンガリー帝国の東に位置するタルノーポルに生まれたラートハウス。フランツ・シュレーカーの弟子として音楽を学び、ベルリン高等音楽学校で作曲と音楽理論の教師となります。初期に発表した一連の交響曲や室内楽が高い評価を受け、映画音楽の作曲家としても活躍を始めましたが、ユダヤ系の他の作曲家たちと同じく、ナチス政権によって「退廃音楽作曲家」のレッテルを貼られ、オーストリアから脱出、パリ、ロンドンを経て最終的にニューヨークに移住。ただ、彼はこの地で作曲科の教師として人望を得たため、その後も作曲家として幸せな生涯を送りました。 このアルバムには初期に書かれたピアノ曲を中心に収録。オーストリアを拠点に華々しく活動していた頃の意欲作と彼の名声を高めた映画音楽を、ポーランド出身のピアニスト、ヌコウスキの演奏で楽しめます。

    収録作曲家: