ゴトヴァツ(ヤコヴ) Gotovac, Jakov

生没年 1895-1982 クロアチア
辞書順 NML作曲家番号 148496
  • 商品番号:900331

    logo BR KLASSIK

    クリェリッチ(1938-2006)
    クロアチア・グラゴル・レクイエム
    ゴトヴァツ(1895-1982)
    Himna Slobodi - 自由への讃歌 詳細ページ
    [クリステイーナ・コラー(ソプラノ)/アニカ・シュリヒト(メゾ・ソプラノ)/イヴァン・レプシッチ(指揮)/バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管弦楽団 他]

    KULJERIĆ, I.: Croatian Glagolitic Requiem (Kolar, Schlicht, Laporte, Puškarić, Bavarian Radio Chorus, Munich Radio Orchestra, Repušić)

    発売日:2020年07月22日 NMLアルバム番号:900331

    CD 価格:2,100円(税込)

    「クロアチア・グラゴル・レクイエム」は、クロアチアの作曲家・指揮者クリェリッチ自身によって1996年に初演された作品。鐘の音に導かれた荘厳な合唱で始まり、伝統的なレクイエムの祈祷文が色彩豊かに歌われます。クロアチアが独立戦争に終止符を打つことに成功した時期に書かれた作品は、作曲家による自国とその文化に対する音楽的告白であり、戦争で命を落とした人々への哀悼の気持ちが込められています。 同じくクロアチアの国民的作曲家の一人、ゴトヴァツの勇壮な「自由への讃歌」も収録。イヴァン・レプシッチが愛国心に溢れた2曲を心を込めて演奏しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:555080

    logo CPO

    ゴトヴァツ(1895-1982)
    歌劇《いたずら者エロ》 詳細ページ
    [ヴァレンティナ・フィアチコ・コビッチ(ソプラノ)/イェレナ・コルディッチ(メゾ・ソプラノ) 他/イヴァン・レプシッチ(指揮)/ミュンヘン放送管弦楽団]

    GOTOVAC, J.: Ero s onoga svijeta (Ero the Joker) [Opera] (Fijačko, Kordić, Mužek, Croatian Radio Television Choir, Munich Radio Orchestra, Repušić)

    発売日:2020年03月27日 NMLアルバム番号:555080-2

    CD 2枚組 価格:4,125円(税込、送料無料)

    ヤコブ・ゴトヴァツは現代クロアチアを代表する作曲家の一人。ウィーンでヨーゼフ・マルクスに師事、ザグレブ歌劇場の指揮者として歌劇を演奏しながら、作曲家として歌劇、管弦楽、ピアノ曲、歌曲など多数の作品を残しました。作風は後期ロマン派の様式を踏襲しており、どれも民俗的要素に溢れた聴きやすいもので、日本では、彼の作品を愛した巨匠マタチッチがNHK交響楽団とともに、いくつかの舞曲を演奏したことでも知られています。 1935年に作曲された歌劇《いたずら者エロ》は、ユーモアに満ちた物語とクロアチアの民族性が融合したゴトヴァツの最も成功した作品。ザグレブ歌劇場で初演されたのち、作品は9か国の言語に翻訳され、ヨーロッパ中の80を超える歌劇場で上演され続け、2018年には700回目の記念すべき上演が行われるほどの人気作となっています。 700回目の上演時にはドイツ語版での演奏でしたが、このアルバムに収録されたミュンヘンでの上演はオリジナルのクロアチア語版が用いられており、指揮者のレプシッチを始め、主役の歌手たちは全てクロアチアのネイティブ・スピーカーを起用、合唱団はクロアチアからわざわざ呼び寄せるという念の入った演奏です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:999724

    logo CPO

    ゴトヴァツ(1895-1982)
    交響詩集
    タイチェヴィチ(1900-1984)
    7つのバルカン舞曲 詳細ページ
    [モーシェ・アツモン(指揮)/ハノーヴァー放送フィルハーモニー管弦楽団]

    GOTOVAC, J.: Symphonic Reels / The Ploughers / Guslar the Fiddler / TAJCEVIC, M.: 7 Balkan Dances (Hannover Radio Philharmonic, Atzmon)

    発売日:2020年03月27日 NMLアルバム番号:999724-2

    CD 価格:1,425円(税込)

    バルカン半島の音楽を集めた1枚。前半に置かれているのは、クロアチアの作曲家ゴトヴァツの管弦楽作品集。同郷の指揮者マタチッチが来日時にNHK交響楽団と「コロ舞曲」を演奏したことで、日本でも知られる作曲家です。 このアルバムではセルビア、クロアチアの代表的な舞曲である「コロ」を中心に、ゴトヴァツのユニークな作品が収録されています。聴きものは「オラチ(農夫たち)」と「グスラ弾き」(グスラとは1弦の弓奏民族楽器)の2曲。暗い情念とオリエンタリズムに彩られた熱い音楽です。後半のタイチェヴィチ「7つのバルカン舞曲」もローカル色に溢れた名作です。日本でもおなじみの指揮者、モーシェ・アツモンの共感に満ちた演奏で。