フェスカ(フリードリヒ・エルンスト) Fesca, Friedrich Ernst

生没年 1789-1826 ドイツ
辞書順 NML作曲家番号 59726
  • 商品番号:555073

    CPO

    フェスカ(1789-1826)
    詩篇103番 Op.26/詩篇9番 Op.21
    ダンツィ(1763-1826)
    悲劇への序曲「ヴィオラ」
    詩篇128番 Op.65/カンタータ「神を讃えよ」 詳細ページ
    [ユリア・ゾフィー・ヴァグナー(ソプラノ)/アンドレア・チューダク(ソプラノ)/レジーナ・グレーネグレス(アルト)/ローター・オディニウス(テノール)/マティアス・ホルン(バス)/ベルンハルト・ゲルトナー(指揮)/カールスルーエ・バッハ合唱団/カメラータ2000]

    FESCA, F.E.: Psalms 9 and 103 / DANZI, F.: Psalmus 128 / Preiss Gottes (Karlsruhe Bach Choir, Camerata 2000, Gärtner)

    発売日:2019年01月25日 NMLアルバム番号:555073-2

    CD 通常価格:3,223円特価!:2,640円(税込)

    1807年6月8日、ドイツの都市カールスルーエにおいて新しいルター派教会の礎石が置かれ、1816年に教会が完成した暁には盛大な祝賀会が開かれました。そして教会完成から100年を経た2016年、カールスルーエに関わりの深い2人の作曲家、ダンツィとフェスカによる「詩篇」の演奏を行い2つの大切な機会を祝したのです。 ダンツィは1812年からカールスルーエ宮廷楽団の音楽監督を務めており、その楽団に在籍していたのがフェスカでした。ダンツィの作品はモーツァルトを思わせる18世紀の伝統を受け継ぐ端正な風情をもっていますが、フェスカの作品は華麗で息の長い旋律が朗々と歌われるロマン派寄りの作風。教会の完成までに要した10年間で、音楽の様式が劇的に変化したことを意識させる興味深い選曲です。設立100周年を迎えるカールスルーエ・バッハ合唱団の輝かしい合唱でお楽しみください。

    収録作曲家: