アスラマジャン(セルゲイ) Aslamazyan, Sergey

生没年 1897-1978 アルメニア
辞書順 NML作曲家番号 39347
  • 商品番号:CYP1681

    アルメニア音楽の擁護者コミタスによる美しい作品を弦楽四重奏で幼い頃に両親を亡くし神学校で育てられ司祭となった後、ベルリンで音楽を学び、アルメニアの民族音楽復興の立役者となったコミタス(本名:Soghomon Soghomonian)は、グレツキやシュニトケら「旧東側」の作曲家たちと同じく冷戦終結頃から注目されてきました。映画にもなったことで日本でもカルト的な注目を浴びた存在のひとりです。アルメニア民謡に取材した作品を多く作り、イスタンブールで大きな合唱団を率いるなど、アルメニア音楽の擁護者として活動しました。 しかし1915年4月24日、他の約270人ものアルメニア系知識人たちと共に追放されてしまい、その作品の多くは破棄されるという目に遭います。その後生きて帰ったものの立ち直ることが出来ず、亡くなるまでの20年間はパリの精神病院で暮らしました。残った僅かな資料から弦楽四重奏用に編曲された作品が、ここに収録された14曲。いずれもアルメニアの民謡らしい素朴な美しさに溢れています。 併せて収録されたアルメニア系フランス人アレシアンの四重奏曲は、より現代的に洗練された手法でアルメニア音楽の特性を伝えています。 ブリュッセル王立音楽院のアルメニアにルーツを持つ女性奏者たちにより、2016年に結成されたアクタマル弦楽四重奏団。トルコ最大の湖ヴァン湖に浮かぶ、10世紀に建てられたアルメニア教会の遺跡のあるアクタマル島からその名を取り、東西文明の架け橋ともいえるアルメニアに根ざした活動で、多くの作曲家にも支持されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.570324

    NAXOS

    コーカサスの印象 詳細ページ [コーカサス室内/ベルケメル]

    CAUCASIAN IMPRESSIONS

    ■交響曲/管弦楽曲 ■室内楽

    発売日:2008年01月16日 NMLアルバム番号:8.570324

    CD 価格:1,200円(税込)

    いななく馬、砂埃舞う大地、民族の誇りに満ちた歌声、そんな思いが駆け巡る好アルバム黒海とカスピ海に挟まれたカフカース山脈と、それを取り囲む低地を指す「コーカサス地方」。様々な民族が入り乱れ多種多様な言語と文化を育んできた肥沃の地です。このアルバムはグルジア、アルメニア、アゼルバイジャンの作曲家たちの作品を集めたもので、どことなくエキゾチックで力強いメロディが横溢した興味深い1枚になっています。2005年に設立されたばかりのコーカサス室内オーケストラの充実の響きをご堪能ください。