アレクサンドロフ(アナトーリ) Alexandrov, Anatoli Nikolayevich

生没年 1888-1982 ロシア
辞書順 NML作曲家番号 21951
  • 商品番号:TOCC-216

    Toccata Classics

    アレクサンドロフ(1888-1982)
    ピアノ作品集 第2集 詳細ページ
    [ノ・キョンア]

    ALEXANDROV, A.N.: Piano Music, Vol. 2 (Kyung-Ah Noh)

    発売日:2014年11月26日 NMLアルバム番号:TOCC0216

    CD 通常価格:3,080円特価!:2,600円(税込)

    アナトーリ・アレクサンドロフ(1888-1982)は、ロシア・ピアニズムの伝統をしっかり継承している作曲家として知られ、その作品は、ラフマニノフ、スクリャービン、ショスタコーヴィチ、ギレリスなど様々な作曲家や演奏家にインスピレーションを与えています。作風はよく言われるように「メトネルとスクリャービンの中間」のようなものではありますが、決して前衛的にはならず、程よいロマンティシズムを保った親しみやすいものです。 この第2集には彼の初期の作品が収録されており、これらは発表当時にも高い人気を誇ったというものですが、後期の単純化された新古典主義風の音よりも、より実験性が高く(だからこそ評価されたのでしょう)印象主義的で神秘的な音であり、確かにスクリャービンの響きに近いものがあります。 ここでピアノを弾いているキョンアは、第1集でその幅広いデュナーミク、華麗な音色、そして卓越した技術を高く評価されました。将来が楽しみなピアニストです。【第1集…TOCC0186】

    収録作曲家: