ENCHIRIADIS

2000年に指揮者、研究者ラウール・マリャビバレーナが設立した「スペイン古楽」を中心レパートリーとするレーベル。スペイン人アーティストを始め、イタリア、スイスや日本の団体(アントネッロ、西山まりえ)の演奏で、スペイン中世から18世紀の音楽をリリースしている。2011年からは、21世紀のレパートリーのために特別なレーベル「Enchiriadis・エクスペリエンス」を設立し、現代音楽のリリースも積極的に行っている。

  • 商品番号:EN2028

    ENCHIRIADIS

    チェトラの再発見
    ヴィヴァルディ:
    協奏曲集 詳細ページ

    ■協奏曲

    発売日:2013年01月23日

    CD 価格:2,600円(税込)

    1727年に出版されたヴァイオリン協奏曲集「ラ・チェトラ」。その翌年にヴィヴァルディ(1678-1741)は神聖ローマ皇帝カール6世(1685-1740)に拝謁する機会に恵まれ、この協奏曲集を献呈したのです。この時皇帝に渡したのは手稿譜でしたが、これは現在普通に聴くことができる出版譜とはかなりの差異があったのでした。現在ウィーン国立図書館に収蔵されているこの手稿譜は、悲しいことにヴァイオリン・ソロパートの一部を欠いているため、RV 322をスペインの音楽学者パブロ・ケイポ・デ・リャノがこれを研究の上に復元し、世界初録音したものです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:EN2030

    ENCHIRIADIS

    J.S.バッハ(1685-1750)
    リュート作品集 詳細ページ

    ■器楽曲(リュート)

    発売日:2013年01月23日

    CD 価格:2,600円(税込)

    ラファエル・ボナビタのリュートによるバッハ(1685-1750)の作品集。現在至るところで耳にするバッハの音楽を、もう一度新鮮な気持ちで聴くための1枚です。圧巻はBWV 1004のシャコンヌで、もともとは無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータの終曲の巨大な変奏曲。様々な楽器のために編曲されていることでも知られています。リュートで演奏することはとても困難ですが、名手ボナビタは何の苦もないかのように弾きこなしています。またボーナス・トラックとして添えられている「エア」(G線上のアリアとして知られる曲)の優美なこと。バッハを聴く(弾く)喜びにあふれています。

    収録作曲家: