ドレーゼケ(フェリックス) Draeseke, Felix

生没年 1835-1913 ドイツ
辞書順 NML作曲家番号 59220
  • 商品番号:555281

    CPO

    ドレーゼケ(1835-1913)
    〈弦楽四重奏曲集 第1集〉
    弦楽四重奏曲 第1番・第2番 詳細ページ
    [コンスタンツェ四重奏団]

    発売日:2019年11月22日

    CD 価格:1,800円(税込)

    ザルツブルクを拠点に活躍する「コンスタンツェ四重奏団」によるcpoレーベルへの初録音。 ドレーゼケはドイツ・ロマン派の初期に活動した作曲家で、8曲の歌劇の他、交響曲や声楽曲、室内楽曲など多彩なジャンルの作品を数多く残しています。作曲はほとんど独学で習得、17歳の時にワーグナーの《ローエングリン》を聴き感銘を受け、同時代のブラームスやリストの作品を研究、自らの作風を創り上げていきました。対位法の用い方にも素晴らしい才能を発揮し、声楽曲や室内楽曲では精緻かつ厳格な構成を持つ見事な作品を書き上げています。 この2曲の弦楽四重奏曲は1880年代に書かれており、ベートーヴェンを思わせる伝統と調和の中に、先進性が伺える見事な作品に仕上がっています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:555107

    CPO

    ドレーゼケ(1835-1913)
    〈室内楽作品集〉
    五重奏曲 Op.48&77
    「情景」Op.69 詳細ページ
    [ブロイニンガー/スタンリー/ヴォロング/ムーアクロフト/リニケル/グリュンコルン/ヴォレンヴェーバー]

    DRAESEKE, F.: Piano Quintets, Opp. 48 and 77 / Scene, Op. 69 (S. Breuninger, S. Stanley, Wollong, Moorcroft, Riniker, Grünkorn, B. Wollenweber)

    発売日:2017年03月17日 NMLアルバム番号:555107-2

    CD 価格:1,920円(税込)

    ドイツに生まれ8歳で作曲を始めたという早熟な少年ドレーゼケは、この時代の作曲家たちと同じく、ワーグナーを聴いてその魅力に取り付かれてしまいます。そしてワーグナー風の8曲のオペラを作曲しましたが、残念なことにほとんど演奏される機会はありません。現在では交響曲、宗教曲の作曲家として名を知られるドレーゼケですが、室内楽曲も、革新的な楽器の使用が特徴的で、聴き応えたっぷりの作品ばかりです。 彼の作風はまさにロマン派の様式そのものに終始し、どの作品も聴きやすく美しい旋律を備えており、とりわけ1888年に作曲されたホルン五重奏曲は、各々の楽器の音色が溶け合う密度の高い曲です。また、1900年代に書かれた弦楽五重奏曲は、厳格な対位法を駆使した重厚な音楽です。ドイツを中心に活動する名手たちが一同に集結し、見事なアンサンブルを聴かせています。

    収録作曲家: