バルヤンスキー(アドルフ) Barjansky, Adolf

生没年 1851-1900
辞書順 NML作曲家番号 363067
  • 商品番号:GP796

    logo GRAND PIANO

    バルヤンスキー(1851-1900)
    〈ピアノ曲全集 第1集〉
    幻想曲集 Op.9
    ピアノ・ソナタ 第1番 Op.7
    6つのピアノ曲集 Op.10 詳細ページ
    [ユリア・セヴェルス(ピアノ)]

    BARJANSKY, A.: Piano Works (Complete), Vol. 1 - Fantasy Pieces / Piano Sonata No. 1 / 6 Piano Pieces (Severus)

    発売日:2020年07月10日 NMLアルバム番号:GP796

    CD 価格:1,950円(税込)

    希少なピアノ曲を良い音質で録音するレーベル“GRAND PIANO”よりウクライナのオデッサに生まれたバルヤンスキーのピアノ曲全集の登場。 バルヤンスキーは、ロシアのユダヤ系の家庭に生まれ、ウィーンとパリとライプツィヒで音楽教育を受け、ライネッケやヤーダスゾーンにピアノを師事しました。作品は少ないながらも、ピアノ曲は個性豊かで魅力的。 この第1集には3つの作品が収録されています。『幻想曲集』には、ベートーヴェン、ブラームスなどの影響やロシアの色彩感が見てとれます。『6つのピアノ曲集』は印象主義的で光輝くような音楽であるのに対し、スケールの大きいピアノ・ソナタ第1番は、空間的に広がりのある音を感情表現の主軸とし、20世紀のミニマリズムを予知するような非常にモダン、かつシンプルさをもった作品です。 演奏は、ベルリン芸術大学やモスクワのチャイコフスキー音楽院で学び、オーロラ四重奏団とオーロラ・デュオを創設したユリア・セヴェルス。シチェドリンの作品を作曲家列席のもと世界初演を行うなど精力的に活動するピアニストです。

    収録作曲家: