モタッラ(フラヴィオ) Motalla, Flavio

生没年 -
辞書順 NML作曲家番号 279316
  • 商品番号:SM247

    Solo Musica

    モタッラ:
    愛の詩 詳細ページ
    [モシュク/ロイヤル・フィル/スコット]

    MOTALLA, F.: Vocal Music (L'amore è Poesia) (Moşuc, Royal Philharmonic, J. Scott)

    発売日:2017年01月27日 NMLアルバム番号:SM247

    CD 価格:2,080円(税込)

    スイス、チューリヒで生まれ、ボリス・メルソンとグンハルト・マッテスに作曲を学んだフラヴィオ・モタッラ。映画音楽の大家、エルマー・バーンスタインの薫陶を受け、カリフォルニアで“モーションピクチャーズ・テレビ用のスコアリング”を研究し、現在、優れた「映画音楽作曲家」として活躍しています。 彼はジャンル、スタイル、そして予算を問わずあらゆる映画音楽のアレンジやオーケストレーションを請負い、ラフマニノフを思わせる古典的で重厚な響きの作品を書くかと思えば、エレクトロニクスを駆使した前衛的な作品まで、ありとあらゆる「場面にあった」音楽を創造する作曲家です。もちろん映画音楽だけでなく、コンサートのための作品も数多く書き、これらはロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団や、サンフランシスコ交響楽団などたくさんのオーケストラが演奏、人々を感動させています。 このアルバムは、彼の「コンサート用」音楽を代表する作品です。内容はフルオーケストラとソプラノのヴォカリーズの4曲と1曲の間奏曲で構成されており、人生におけるさまざまな段階に起きる事象を、映画音楽の先人であるコルンゴルトを思わせる叙情的でノスタルジックな響きで描いていきます。 ソプラノを担当するのは、日本でも人気の高いエレナ・モシュク。情熱的な歌が胸に迫ります。

    収録作曲家: