プラド(ホセ・アントニオ・レセンデ・デ・アルメイダ) Prado, Jose Antonio Resende de Almeida

生没年 1943-2010 ブラジル
辞書順 NML作曲家番号 264331
  • 商品番号:GP747

    GRAND PIANO

    プラド(1943-2010)
    〈「カルタス・セレステス」全集 第4集〉
    カルタス・セレステス 第13番・第16番-第18番 詳細ページ
    [スコペル]

    PRADO, J.A.R. de A.: Cartas Celestes, Vol. 4 - Nos. 13 and 16-18 (Scopel)

    発売日:2018年04月27日 NMLアルバム番号:GP747

    CD 価格:2,080円(税込)

    日本語で「天体の図表」と言った意味を持つアルメイダ・プラドの「カルタス・セレステス」。各々は1分に満たない小さな曲がいくつも凝縮された曲集であり、一つ一つの曲には、それぞれ神話や天空、闇、色彩、宇宙へのアプローチなど意味が込められた、まさに「音で聴く星座」です。 シリーズ最終巻となる第4集には4つの曲集を収録。第13番はブラジルの明るい夜空が表現されており、第16番から第18番は作曲家の亡くなる数か月前に完成された「三部作」となり、それぞれ動物とギリシャ神話、ブラジルの文学に登場する英雄が描かれています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP746

    GRAND PIANO

    プラド(1943-2010)
    〈「カルタス・セレステス」全集 第3集〉
    カルタス・セレステス
    第9番・第10番・第12番・第14番 詳細ページ
    [スコペル]

    PRADO, J.A.R. de A.: Cartas Celestes, Vol. 3 - Nos. 9, 10, 12, 14 (Scopel)

    発売日:2018年03月23日 NMLアルバム番号:GP746

    CD 通常価格:2,530円特価!:490円(税込)

    日本語で「天体の図表」と言った意味を持つアルメイダ・プラドの「カルタス・セレステス」。各々は1分に満たない小さな曲がいくつも凝縮された曲集であり、一つ一つの曲には、それぞれ神話や天空、闇、色彩、宇宙へのアプローチなどの意味が込められた、まさに「音で聴く星座」です。 第3集にはブラジルの夜空に見える天体を表す4つの曲集が収録されており、そのうち2つは世界初録音です。ピアニストは「トランストナリティ」と呼ばれる新しい和声の仕組みを駆使して、あらゆる種類の共鳴音と音色を探求しなくてはいけませんが、ブラジルの若手ピアニスト、アレイソン・スコペルはこの欲求を完全に満たしており、聴き手は目もくらむような美しい響きの洪水に身を任せることができます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP710

    GRAND PIANO

    プラド(1943-2010)
    〈カルタス・セレステス 第2集〉
    カルタス・セレステス 第4番-第6番 詳細ページ
    [スコペル]

    PRADO, J.A.R. de A.: Cartas Celestes, Vol. 2 - Nos. 4-6 (Scopel)

    発売日:2017年02月24日 NMLアルバム番号:GP710

    CD 価格:2,080円(税込)

    アルメイダ・プラドはブラジルの作曲家で、カマルゴ・グァルニエリとともに、ナディア・ブーランジェとオリヴィエ・メシアンに師事、やがてブラジルの「国民楽派」を形成した一人です。彼の代表作、「カルタス・セレステス」とは日本語で「天体の図表」と言った意味を持ちます。その言葉通り、ここに収録された3つの作品は、各々1分程度の短い曲の集まりで、神話や天空、闇、色、宇宙へのアプローチなど多彩な要素が詰まった「音による星座」です。 第1集の4つの曲集も魅力的でしたが、この第2集で聴ける作品も、まさに銀河を形作る星々の煌きをそのまま音にしたかのような、神秘的な輝きを放っています。第1集と同じく、ブラジルの若手ピアニスト、アレイソン・スコペルの見事な演奏で。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP709

    GRAND PIANO

    ホセ・アントニオ・レセンデ・デ・
    アルメイダ・プラド(1943-2010)

    カルタス・セレステス 第1集 詳細ページ
    [スコペル]

    PRADO, J. de A.: Cartas Celestes, Vol. 1 - Nos. 1-3 and 15 (Scopel)

    発売日:2016年05月25日 NMLアルバム番号:GP709

    CD 通常価格:2,310円特価!:490円(税込)

    「カルタス・セレステス」とは日本語で「天体の図表」と言った意味を持ちます。その言葉通り、ここに収録された4つの作品は、各々1分程度の短い曲の集まりで、神話や天空、闇、色、宇宙へのアプローチなど多彩な要素が詰まった「音による星座」なのです。 デ・アルメイダ・プラド(1943-2010)はブラジルの作曲家で、カマルゴ・グァルニエリとともに、ナディア・ブーランジェとオリヴィエ・メシアンに師事、やがてブラジルの「国民楽派」を形成しました。メシアンに影響された彼は新しい和声の仕組み「トランストーナリティ」を作り、これを用いて18の「カルタス・セレステス」を書き上げました。そのうち15はピアノのために書かれており、恐らく彼の概念…光や星の煌き、天の川やアンドロメダ星雲を音で描くこと…はピアノの響きがもっともふさわしいものであったに違いありません。 まばゆいばかりの音の戯れを描き出すのは、ブラジルの若手ピアニスト、アレイソン・スコペル。現代作品に強い関心があるという彼ならではの斬新な演奏です。

    収録作曲家: