タバコフ(エミール) Tabakov, Emil

生没年 1947- ブルガリア
辞書順 NML作曲家番号 16770
  • 商品番号:TOCC-530

    Toccata Classics

    タバコフ(1947-)
    〈交響曲全集 第4集〉
    コントラバスとオーケストラのための協奏曲
    交響曲 第5番 詳細ページ
    [エンチョ・ラドゥカノフ(コントラバス)/エミール・タバコフ(指揮)/ブルガリア国立放送交響楽団]

    TABAKOV, E.: Symphonies (Complete), Vol. 4 (Radoukanov, Bulgarian National Radio Symphony, Tabakov)

    発売日:2019年08月30日 NMLアルバム番号:TOCC0530

    CD 通常価格:2,530円特価!:2,080円(税込)

    ブルガリアの作曲家・指揮者エミール・タバコフ。“人間の精神の深淵を追求する”というタバコフの音楽はどれも壮大で重厚ですが、なかでも2000年に作曲された「交響曲第5番」は1時間近くの演奏時間を必要とする壮大な作品。印象的なファンファーレに始まる第1楽章は荒々しく、悲痛な第2楽章の次にはユーモラスな行進曲が置かれ、力強い終楽章で締めくくるという、伝統的な形式を遵守した見事な交響曲です。 ショスタコーヴィチ風のコントラバス協奏曲は暗さの中にもユーモラスな風情が感じられるユニークな作品。どちらもタバコフ自身の指揮による演奏です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-467

    Toccata Classics

    タバコフ(1947-)
    〈交響曲全集 第3集〉
    オーケストラのための演奏会小品
    交響曲 第4番
    詳細ページ
    [エミール・タバコフ/ブルガリア国立放送交響楽団]

    TABAKOV, E.: Symphonies (Complete), Vol. 3 (Bulgarian National Radio Symphony, Tabakov)

    発売日:2018年10月17日 NMLアルバム番号:TOCC0467

    CD 通常価格:2,530円特価!:2,080円(税込)

    ブルガリアの作曲家、指揮者エミール・タバコフの交響曲全集。常に叙事詩的なスコアで、人間の精神の深淵を描くことを探求しているタバコフ、この第3集に収録された1985年作曲の「オーケストラのための演奏会小品」は暴力的で野心溢れる小品。1997年の「交響曲第4番」でもその作風は変わっていません。ゆったりとしたテンポを持つ第1楽章と第3楽章は、悠然たる氷河を思わせる冷たさが感じられるものの、第2楽章には快活なブルガリアのダンスが置かれており、楽章間のコントラストに工夫が凝らされています。暗く激しい終楽章での感情の爆発も印象的です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-410

    Toccata Classics

    タバコフ(1947-)
    〈交響曲全集 第2集〉
    交響曲 第1番
    ヴィオラ協奏曲 詳細ページ
    [ゼムツォフ/ブルガリア国立放送響/タバコフ]

    TABAKOV, E.: Symphonies (Complete), Vol. 2 - Symphony No. 1 / Viola Concerto (Zemtsov, Bulgarian National Radio Symphony, Tabakov)

    発売日:2017年09月22日 NMLアルバム番号:TOCC0410

    CD 通常価格:2,530円特価!:2,080円(税込)

    指揮者としても活躍するブルガリア出身のエミール・タバコフ。彼が愛する後期ロマン派の作曲家、マーラーやリヒャルト・シュトラウスの足跡を辿るかのように、タバコフも大規模な作品を次々と発表、現在では9曲の交響曲を発表するまでになりました。 彼の作品は、マーラーのように強力で叙事詩的であり、人間の暗い側面にもつぶさに光を当てています。それは1980年代に書かれた第1番の交響曲から顕著で、冒頭から迫力に満ちた音楽が展開され、息つく暇もありません。2007年のヴィオラ協奏曲も迫力ある音で構成されており、暴力的なエネルギーが炸裂するかと思えば、荒涼とした世界が広がる、まるでショスタコーヴィチの作品のような様相を見せています。どちらもタバコフ自身の指揮による演奏です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-365

    Toccata Classics

    タバコフ(1947-)
    〈交響曲全集 第1集〉
    5つのブルガリア舞曲
    交響曲 第8番 詳細ページ
    [ブルガリア国立放送響/タバコフ]

    TABAKOV, E.: Symphonies (Complete), Vol. 1 (Bulgarian National Radio Symphony, Tabakov)

    発売日:2016年09月21日 NMLアルバム番号:TOCC0365

    CD 通常価格:2,530円特価!:2,080円(税込)

    マーラーの交響曲全集やヴェルディのレクイエムの録音などで知られる、ブルガリアを代表する指揮者エミール・タバコフ(1947-)の自作自演による交響曲全集のシリーズが始動します。リヒャルト・シュトラウスやマーラーを理想とするという彼の作品は、やはり壮大であり、また人間の暗部を探っていくような執拗さを持っています。 今のところ、彼の交響曲は9曲ありますが、ここで最初に取り上げられたのは2007年から2009年に書かれた「第8番」で、これは2つのゆったりとした楽章と激しい1つの楽章で構成された面白いもの。第1楽章の冒頭は確かにマーラーやショスタコーヴィチの暗さを継承していますが、全体はわかりやすく親しみ易い曲調です。2011年のブルガリア舞曲も懐かしいメロディに溢れた作品であり、優れた指揮者であるタバコフのサービス精神の表れといった、聞かせどころを心得た作品です。

    収録作曲家: