オッパーマン(カルメン) Opperman, Kalmen

生没年 1919-2010
辞書順 NML作曲家番号 144055
  • 商品番号:8.559890

    NAXOS

    〔ソプラノとクラリネットのための作品集〕
    レイトマン(1955-)秘密の出口
    もう二度と蝶々を見ることはなかった
    リヴィング・イン・ザ・ボディ
    オッパーマン(1919-2010)アン・スール
    ローゼンブラム(1983-)冬の雨 詳細ページ
    [クリスティーン・ハースト=ヴァイシュチュク(ソプラノ)/デニス・ゲイニー(クラリネット)]

    LAITMAN, L.: Secret Exit (The) / I Never Saw Another Butterfly / Living in the Body / OPPERMAN, K.: Un seul (Hurst-Wajszczuk, Gainey)

    発売日:2020年07月10日 NMLアルバム番号:8.559890

    CD 価格:1,200円(税込)

    現代アメリカを代表する声楽曲作曲家の一人ロリ・レイトマン。このアルバムでは彼女の作品を中心とした、21世紀のソプラノとクラリネットのために書かれた作品を聴くことができます。 レイトマンの『もう二度と蝶々を見ることはなかった』はテレージエンシュタットの強制収容所に連れてこられた子供たちが記した、希望と絶望の詩をテキストにした深く感動的な作品。1996年に初演されたこの曲からインスピレーションを受けた歌手クリスティーン・ハースト=ヴァイシュチュクとクラリネット奏者デニス・ゲイニーがレイトマンに続編の作曲を依頼、生まれたのが『秘密の出口』です。こちらはドイツの詩人ネリー・ザックスの詩が用いられており、やはり生と死が作品の根源となっています。 『リヴィング・イン・ザ・ボディ』は愛、記憶、再生の物語。アルバムではオッパーマンの「アン・スール」とローゼンブラムの「冬の雨」を付け加え、深い余韻をもたらしています。