ハウゼッガー(ジークムント) Hausegger, Siegmund von

生没年 1872-1948 オーストリア
辞書順 NML作曲家番号 130906
  • 商品番号:777730

    CPO

    ハウゼッガー(1872-1948)
    歌曲集 詳細ページ
    [ローマン・トレーケル(バリトン)/コルト・ガーベン(ピアノ)]

    HAUSEGGER, S. von: Lieder (R. Trekel, C. Garben)

    発売日:2018年09月05日 NMLアルバム番号:777730-2

    CD 通常価格:2,343円特価!:1,920円(税込)

    「自然交響曲」など、後期ロマン派の様式を色濃く受け継いだいくつかの作品で、近年再評価されつつあるオーストリアの作曲家ハウゼッガー。このアルバムでは同時代の詩人たちの詩を用いた歌曲が収録されています。デーメルやビーアバウムなどの退廃的な詩を正統派ドイツ・リートの流れに組み入れたユニークな歌曲は、リヒャルト・シュトラウスやツェムリンスキー、時にはマーラーの妻アルマが残した作品にも似た感触を持ち、この時代の作品を好きな人にはたまらない魅力を放っています。 ドイツ・リートの巧みな歌い手、トレーケルによる丁寧な歌唱です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:777666

    CPO

    ハウゼッガー(1872-1948)
    交響詩「バルバロッサ」
    夜に寄せる3つの賛歌 詳細ページ
    [ベーゲマン/ノールショピング響/ヘルムス]

    HAUSEGGER, S. von: Barbarossa / 3 Hymnen an die Nacht (Begemann, Norrköping Symphony, Hermus)

    発売日:2017年09月29日 NMLアルバム番号:777666-2

    CD 通常価格:3,223円特価!:2,640円(税込)

    「自然交響曲」(cpo777237)をはじめとした壮大な作品で知られるハウゼッガー。リヒャルト・シュトラウスやマーラーに次ぐ後期ロマン派の大家でしたが、無調や十二音の潮流に乗ることがなかったため「時代遅れの作曲家」とみなされ第1次世界大戦後にはすっかり忘れられてしまった人です。21世紀になって少しずつその作品が見直されるようになり、録音も増えています。 この交響詩「バルバロッサ」は1899年に書かれた彼の第2番目の交響詩。当時のベルリンにおけるワーグナー、ブルックナーの影響の強さと若い情熱に溢れた素晴らしい曲です。ゴットフリート・ケラーの詩を用いた「夜に寄せる3つの賛歌」も爛熟した美しい響きと、堅固な構成を持つ「小さな交響曲」と呼ぶべき歌曲集です。ベテラン、ベーゲマンの渋い歌声が作品を引き立てています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:777810

    CPO

    ハウゼッガー:
    〈管弦楽作品集 第2集〉
    交響詩「ディオニス幻想曲」
    童謡「Aufklange」による交響的変奏曲
    交響詩「鍛冶屋のヴィーラント」 詳細ページ
    [バンベルク響/ヘルムス]

    HAUSEGGER, S. von: Aufklänge / Dionysische Fantasie / Wieland der Schmied (Bamberg Symphony, Hermus)

    発売日:2017年06月23日 NMLアルバム番号:777810-2

    CD 通常価格:3,223円特価!:2,640円(税込)

    マーラー、リヒャルト・シュトラウスの次世代の作曲家として賞賛されながらも、時流に乗った作品を書かなかったため「時代遅れ」と見做され、次第に忘れ去られてしまった作曲家の一人、ハウゼッガー。しかし2008年にリリースされた声楽を伴う大規模な「自然交響曲」は、彼の真価を問う壮大な作品として話題となりました。 第2集には2曲の交響詩と、子供のための歌を主題にした変奏曲を収録。青年時代のハウゼッガーの理想が結実した「ディオニス幻想曲」、ワーグナーの楽劇の草案にもなった「鍛冶屋のヴィーラント」は、後期ロマン派特有の重厚な響きに満ちた感動的な作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:777237-2

    CPO

    フォン・ハウゼッガー(1872-1948)
    自然交響曲 詳細ページ
    [ケルン西ドイツ放送合唱団&管弦楽団/ラシライネン]

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2008年05月09日 NMLアルバム番号:777237-2

    SACD 通常価格:3,740円特価!:3,040円(税込、送料無料)

    ブルックナーのハース版交響曲を積極的に指揮したことでも知られるハウゼッカーは自身も多くの作品を書いています。この曲は終楽章に合唱を伴う規模の大きなもの。こういう曲の多くの前例のように、苦難の時を経て大いなる創造への讃歌が朗々と歌われます。マーラー、ブルックナーなどの好きな人にはたまらない作品と言えるでしょう。北欧物のオーソリティ、ラシライネンの悠然流麗な音作りが冴えています。もちろん録音は超優秀です。

    収録作曲家: