黒留袖メイン画像
 

留袖レンタル

創意を尽くして最高級の伝統美を生かしたYUMI KATSURAならではの黒留袖デザイン。

この度はおめでとうございます。
黒留袖のレンタルをお探しですね。
ハレの日にぴったりのお衣装でスムーズにお祝い出来るように、是非マイセレクトにお手伝いをさせてください。

既婚女性が着る着物として最も格式の高いのが黒留袖です。
でも第一礼装なんて、なかなか着る機会がありませんよね。
「どこで手に入れればいいの?」
「どのように選べばいいの?」
「どんなものを用意すればいいの?」
いくつもの疑問が湧き出て困ってしまいますよね。

せっかくのお祝いごとなのに服装のことで憂鬱になるなんてナンセンス。

お衣装の悩みは我々にすべておまかせください。
マイセレクトには長年培ってきたノウハウがあります。
お衣装のことを気にせずに、心から楽しんでお祝いが出来るようにサポートいたします。

● 桂由美とは ●
「かつらゆみ」この名前を聞いて懐かしくなった人もいるかもしれませんね。
桂由美は日本のブライダルファッションの第一人者であり、日本にウエディングドレスを定着させた立役者でもあります。
ご自身の結婚式で桂由美のウエディングドレスを着用されたお母様もいらっしゃることでしょう。
時を超え再びYUMI KATSURAブランドのお衣装を、今度は花嫁を送る立場でお召しになるのもよろしいですね。

桂由美はかつてローマ法王へ祭服を献上したこともあるほどの実力のある世界的なデザイナーです。
その祭服はキリスト教にとって非常に重要な祭典である復活祭で着用されました。
桂由美が単なるデザイナーではなく、格式をデザインに落とし込むことが出来る優秀なデザイナーであることを証明するエピソードです。

● 桂由美 留袖の特徴 ●
そんな桂由美がデザインした黒留袖をご覧ください。
ドレスのような華やかさと、しっとりとした落ち着きのある黒留袖ならではの格式をみごとに両立させています。
「洋装的で現代にマッチしたセンス」と「黒留袖に求められる上品な格の高さ」をあわせもつ黒留袖のデザインができるのは桂由美ならですね。

現代的な洋花やレースのようにふんわりとした花々、カラフルで華やかな色彩、モダンでシャープなデザイン。
古典的なデザインではまず見れらない先進的な美しさと伝統美を融合させられるのは桂由美だからこそなしえる技です。

「黒留袖を着ると老けて見える」なんて心配もモダンな桂由美の黒留袖なら必要ありません。
華やかな黒留袖でハレの日に花を添えちゃいましょう。

● 桂由美 留袖におすすめのシチュエーション ●
洋装的なセンスをとりいれたモダンな桂由美の留袖は「ちょっと派手すぎるかしら?」と心配してしまう方もいるかもしれませんね。
大丈夫ですよ。
現代的でファッショナブルな桂由美の黒留袖が特におすすめのシチュエーションと黒留袖の柄を選ぶ時のコツをご紹介します。

・場所
チャペルでの挙式、ゲストハウスでの披露宴、海外挙式など。
桂由美の黒留袖はモダンで現代的な結婚式にぴったりです。

・主役との間柄
新郎新婦の母親
一般に鶴や亀、松竹梅、鳳凰などの格の高い柄を着用します。
主役の母親は主賓側にあたります。お招きしたゲストをおもてなす意味でも、格式の高さが求められるんですよ。
ただし、少人数で行われる家族婚の場合は格にこだわらず、自由に柄を選ぶ場合が多いです。
参列者との間での格式の差を考えなくてよいので、柄の格にとらわれる必要がないためです。
相手様のお母様と事前に衣装の相談をしておくと安心ですね。

仲人夫人
原則として新郎新婦の母親と同格のお着物を着用しましょう。
鶴や亀、松竹梅、鳳凰など格の高い裾文様が描かれている文様を選ぶのが一般的です。
事前に新郎新婦の母親と相談をして衣装の格に差が出ないようにしましょうね。

新郎新婦の姉妹、祖母、親戚
鶴や亀などの文様は格が高すぎるので親、仲人以外が着るのは避けましょう。
格式にとらわれずに自由に文様を選ぶことが出来るので、モダンな桂由美の黒留袖にチャレンジしやすいですね。
格を上げずに華やかなデザインをお召しになれば、お式の雰囲気を盛り上げることが出来ます。
桂由美の華やかな黒留袖はハレの日をより華やがせるので、きっと喜ばれることでしょう。

・年齢
若い方
20代~30代の既婚女性の場合は年齢にふさわしい華やかなデザインを選びましょう。
裾文様は広範囲であるほど若い人向けであるとされます。
いろどりの美しい文様がひざ上まで広がっているゴージャスな留袖を選びましょう。
他では見られない桂由美ならではの、乙女のような可愛らしいデザインをぜひお召しになっていただきたいです。

ご年配の方
一般的には控えめに品よく裾文様が入っているものを選ぶことが多いです。
色彩も控えめにして年齢に合った落ち着きのあるデザインが好まれます。
裾文様はひざ下までの少ない範囲に入っているものが年配者向けとされます。
桂由美の黒留袖の場合は、地布の黒を強調したつつましいデザインのものもあります。
そのようなデザインの場合にはひざ上まで文様が入っていても、控えめで上品な印象がありますので、年配の方にもおすすめですよ。

ここまで、黒留袖の選び方をご紹介いたしました。
黒留袖は既婚女性が着る最も格式が高い着物なので、マナーやしきたりがあります。
しかし、最近は昔と比べてずいぶん自由になってきています。
黒留袖を着る方の好みに合わせて、お好きなものを楽しんで着ていただければよろしいかと思います。

とはいえ「自由って言われても困る!マナーやしきたりが気になる!何を選んだらいいのか分からない!」という方もいらっしゃいますよね。
そんな方は、ぜひ一度わたしたちにご相談ください。
冠婚葬祭に精通したプロのスタッフが、あなたに最適のお着物を見つけるお手伝いをいたします。

● レンタル留袖のメリット ●
「着物のレンタルって初めてだからちょっと不安」という方もいらっしゃるかもしれません。
黒留袖をレンタルするのにはメリットがたくさんあるんですよ。
レンタル留袖のメリットをご説明いたします。

・立場、年齢、場所に合わせて柄が選べる
先ほどもお伝えした通り、第一礼装である黒留袖にはさまざまマナーがあります。
状況によってふさわしい柄は変わってしまいます。
お着物を仕立ててしまうと柄を選び直すことは困難ですが、レンタル着物なら黒留袖が必要になるたびにその場に合った柄を選ぶことが出来ますよ。

・季節に合わせて柄が選べる
黒留袖は一生のうち何着も仕立てるものではありませんので通常、どの季節で着ても違和感のないように季節感のない無難な柄になりがちです。
しかし、レンタルなら着用の季節に合わせた柄を選ぶことが出来ます。
春には桜、夏には流水、秋には菊や物語、冬には雪輪など季節感を取り入れた文様を選ぶことが出来るのはレンタルならではの楽しみですね。

・お手入れがいらない
着物を所有するとなると、保管用の桐たんす、着用のたびに着物専用のクリーニング、体格が変わってしまった場合はサイズ変更の仕立て直し、など…。
さまざまな場面でお金も手間もかかってしまいます。
マイセレクトでレンタルいただければお手入れは一切必要ありません。
着たいときにさっと注文して、着用が終わったら郵送で返却するだけ!
着たいときに着たい柄のお着物を万全の状態でお届けします。

・持ち運ばなくてよい
着物は着て移動するのも、持ち運ぶのも大変ですよね。
ましてや黒留袖ともなると移動時の取り扱いにも気を使います。
マイセレクトならレンタルのお着物を直接式場までお届けいたします。
当日は補正用のタオルだけを用意して会場向かえばOKです。
ご使用後に式場から直接発送の手続きをすればお着物をいっさい持ち歩く必要がありません。

・フルセットでコーディネートしてお届け
帯や草履はもちろん、長じゅばんや白足袋まで黒留袖を着用するのに必要な小物はすべてセットにしてお届けします。
プロがセレクトしたセンスのよいトータルコーディネートをお召しになれます。

・圧倒的に安い
マイセレクトでお貸ししているお着物と同じクオリティのものを、お仕立てをするといくらかかるでしょうか?
お仕立てするとなるとレンタル料金の10倍以上の値段がかかります。
同じ値段で10回着るならば、毎回違うデザインのお着物を選べて、手間のかからないレンタル着物の方が賢い選択だと思いませんか?

● マイセレクトで着物をレンタルする流れ ●
1.マイセレクトのサイト内で気に入ったお着物を見つける
2.ネットでお着物の予約をする
3.ご使用日の前日または2日前にお着物が届く(ご自宅か式場)
4.ご着用
5.ご使用の翌日中までにゆうパックにて返送手続きをする

● 着物をレンタルするときの注意点 ●
お着物の数には限りがあります。
在庫がなくてお貸しできない場合もございます。
気に入った柄を見つけた場合にはお早めにご予約することをおすすめします。

● マイセレクトについて ●
「ネットのレンタルってちょっと不安…」そんな風に思っていませんか?
当店では長年、黒留袖や色留袖などの冠婚葬祭で着用するお衣装をレンタルしています。
ネットがない時代から60余年、お祝いのお衣装をお貸しして皆様をサポートし続けてきました。
着物のネットレンタルには長年の経験と信頼があるマイセレクトをご利用ください。

ご利用ガイド

USER’S GUIDE

© KIMONO RENTAL MY SELECT.ALL RIGHTS RESERVED.
上に移動ボタン