黒留袖メイン画像
 

留袖レンタル

手刺繍のハイクラス黒留袖について

マイセレクトのハイクラス総刺繍留袖をご覧いただきありがとうございます。
このページでは総刺繍で絵柄の装飾をしたハイクラスな黒留袖のご紹介をしています。

黒留袖は格が求められるハレの日にだけ着るお着物なので、どのような留袖を選んだらいいのか分からなくて困ってしまいますよね。
ネットがない時代から60余年、冠婚葬祭のお衣装をお貸ししてきたマイセレクトにお任せください。
あなたにふさわしいお着物が見つかるように全力でサポートをいたします。



● ハイクラス総刺繍留袖とは ●
当マイセレクトの目利きがブランドの垣根を超えて、華やかな総刺繍の留袖を集めました。
プロが厳選したハイクラスの総刺繍黒留袖なので品質の高さは保証付きですよ。
総刺繍の名のとおり、お着物の柄はすべて刺繍で表現されています。
お着物の絵柄の表現方法としてももっとも手間がかかる総刺繍は格が高いとされています。
江戸時代などでは貴人のお召しになるお着物は総刺繍が施されていました。
総刺繍のお着物は見た目もゴージャスでありハレの日のお衣装にふさわしい品格を持っています。



● ハイクラス総刺繍留袖の特徴 ●
総刺繍のお着物はその製法から立体的で重厚な存在感を持っています。
華やかさや豪華さと上品さを両立しつつ温かみを感じさせるのは総刺繍ならでは味わいですね。
染では出せない立体感、糸目での表現されるニュアンスを目の当たりにすると格の違いを実感できます。
職人が1目1目を丁寧に縫い付けた繊細な仕事をぜひその目で確かめてください。
着物好きなら人生に一度は着てみたい贅沢な逸品です。



● 総刺繍留袖の格の考え方 ●
黒留袖は高い格が求められる場面で着用いたします。
そんな黒留袖の中でも描かれる文様によって、さらに格式に差が出るのをご存知ですか?

黒留袖の格は
・描かれている文様の格(鶴亀、松竹梅、鳳凰などの吉祥文様)
・金銀で華やかに装飾されている
・刺繍の量
などで差が付きます。

つまり、最も格の高い黒留袖は総刺繍で金銀をふんだんに使い格の高い吉祥文様をあしらったものなのです。



● ハイクラス総刺繍留袖はこんな人におすすめ ●
せっかくのハレの日にはハイグレードな衣装を着たいですよね。
ゴージャスな総刺繍の留袖は本物志向のあなたにピッタリのお着物です。
江戸時代などでは高貴なお方ほど総刺繍のお着物をお召しになっていました。
ハイクラス総刺繍留袖は、きちんとした立場でハレの日に出席されるあなたにふさわしいお着物です。



● ハイクラス総刺繍留袖におすすめのシチュエーション ●
格が高くゴージャスなハイクラスの総刺繍留袖は格式を求められる場所や立場の方にぴったりです。

・場所
伝統的な神社・チャペル、ゲストをたくさん招く大規模な披露宴など、格式のある舞台にも堂々と自信をもってご着用いただけます。

・主役との間柄
新郎新婦の母親
主賓側の人間として新郎新婦の次に重要な立場です。
ゲストをもてなす意味も込めてその場で最も格の高い衣装を着用しましょう。
他の留袖との格の違いが一目で分かる、華やかなハイクラス総刺繍の留袖はお母様が着用するのにふさわしいお着物です。
お母様は集合写真を撮る場合は必ず新郎新婦の隣に並びますし、お母様自身がゲストの方々へご挨拶回りをされますよね。意外と注目される立場なんですよ。
相手様のお母様と仲人夫人とは衣装の格を揃えるのがならわしとなっています。
事前にどのような衣装を着るのか相談しておきましょうね。

仲人夫人
新郎新婦の母親と同格のお着物を着用しましょう。
どちらかが総刺繍のお着物を選んだ場合、両者が総刺繍の着物で揃えるという意味ではありません。
例えば、相手様が金銀のゴージャスな吉祥文様で格を上げている場合でも、「同じくらいキラキラなものは気恥ずかしい…」または「趣味じゃない…」なんて方もいらっしゃいますよね。
そんなときは、総刺繍の留袖をお選びください。
総刺繍の留袖ならばキランキランの留袖と同等の格を持っていますので、安心してお召しになれますよ。
華やかさにも種類がございます。
金銀のキラキラ感が苦手な方は、温かみのあるゴージャスさを持つ総刺繍の留袖をお選びください。

新郎新婦の姉妹、祖母、親戚
会場で最高格の衣装をお召しになるのは新郎新婦の母親と仲人夫人なので、新郎新婦の姉妹、祖母、ご親戚の方々は少し格を抑えた衣装を選びましょう。
もしその方々と同格のお着物を着てしまった場合は失礼に当たりますので気を付けましょう。
総刺繍の留袖は格が高めですが、描かれる文様を選べば格を抑えることが出来ます。
せっかくのハレの日にはゲストの立場でも気に入ったお衣装をお召しになりたいですよね。
総刺繍の留袖を着用される場合は、格の高い伝統的な古典文様を避け、草花の文様などを選ぶとよろしいですね。
なかなか着る機会のない礼装だからこそあこがれの総刺繍にチャレンジしてみませんか?

・年齢
若い方
年若い方は華かやなものをお召しになるのが慣例です。
総刺繍はとっても華やかなのでぴったりですね。
若いうちだからこそ楽しめる、色使いの豊かなカラフルで見目楽しいものは会場に花を添えることができますよ。
柄の面積も広い方がより華やかでよろしいですね。

ご年配の方
お歳を重ねた方は落ち着いた控えめなものをお召しになるのが慣例です。
空間に余裕をもって装飾されている地布の色が多いものを選びましょう。
総刺繍のお着物は文様の面積が少なくてもグレードが高いことがすぐに分かります。
年を重ねているからこそ着こなせる気品のある総刺繍の黒留袖をぜひご着用ください。



● ハレの日にはぜひハイクラス総刺繍留袖を ●
総刺繍は絵柄を表現するのにもっとも手間のかかる贅沢な製法です。
ゴージャスでハレの日にふさわしい華やかを持っています。
贅沢で華やかな礼装で新郎新婦の門出をお祝いしましょうね。

ご利用ガイド

USER’S GUIDE

© KIMONO RENTAL MY SELECT.ALL RIGHTS RESERVED.
上に移動ボタン