色留袖などの着物レンタルのことならレンタル衣裳【マイセレクト】

マイセレクトロゴ
色留袖
 

色留袖検索

色留レンタル
 
20歳代に似合う色留袖を検索する   30歳代に似合う色留袖を検索する   40歳代に似合う色留袖を検索する
 
50歳代に似合う色留袖を検索する   60歳代に似合う色留袖を検索する   70歳代に似合う色留袖を検索する
 
80歳代に似合う色留袖を検索する   色留袖の小さいサイズを検索する   色留袖の大きいサイズを検索する
 
区切りを付ける線画像
 
憧れのブランド桂由美の色留袖を検索する   パステルカラーの色留袖を検索する   手刺繍で有名な山口美術織物の色留袖を検索する
 
区切りを付ける線画像
 
9800円からの色留袖を検索する 14800円からの色留袖を検索する 19800円からの色留袖を検索する 24800円からの色留袖を検索する
 
区切りを付ける線画像

色留袖について


この度は、着物レンタル マイセレクトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

当店の色留袖は、定番のブランドや最新トレンドのお着物などを積極的に取り入れています。また、たくさんのお客様よりいただいたお声を聞き、つねに新しいシステムや商品のアップグレードを行っており、日々“使いやすい着物レンタルショップ”を目指しております。

マイセレクトでは、創業60余年のレンタル業で培ったノウハウを最大限活かし、高品質でリーズナブルな商品のご提供、店舗の商圏、店舗運営だけでは難しかった細やかなサービスなどを、ネットレンタルを通して実現しております。

対面販売でないネットレンタルだからこそ、お客様が安心してご利用いただけるよう、“あったらいいな”の商品化やサービス化、イメージしやすい商品ページ、選びやすいセレクトページをご提案し、より多くの方々が気軽に色留袖のレンタルをしていただける真心のこもった対応を心掛けています。


● 色留袖とは ●

色留袖は、「留袖」という言葉が入っているとおり、女性が着用するお着物のなかでは、格式の高いお着物になります。基本的には既婚者が着用するお着物となります。
ですが、近年は20代後半から30代の未婚の方が振袖を着用することが少し恥ずかしく感じられる場合に未婚でも色留袖を着用されるシーンが多くなりました。

色留袖は、黒留袖よりも幅広いシーンで着用できるように、色柄が豊富で、お着物に入っている家紋の数も無紋から5つ紋まで、さまざまな種類があります。当店はほとんど五つ紋となります。ただし、色留袖を着用する際、1つ注意しなければならないことがあります。それは、同じ「留袖」でも、色留袖よりも黒留袖のほうが、格式が高いということです。なので、色留袖を着用する際は、必ず着用シーンや目的に合わせて、どちらの留袖を着るべきかを、よく考えることが大切です。

最近の傾向はお若い方に着用が多い状況となります。
叔母様の立場でも式が華やかとなるため色留袖の着用をお願いされる場合もございます。

色留袖の特徴は、
・衿、袖口、おくみ、裾などに羽二重の布を重ねて縫い付ける「比翼仕立て」
・裾に描かれた「絵羽柄(着物全体に絵画的にほどこされた模様)」
・家紋が入っている
など、ほとんど黒留袖と同じですが、お着物ごとに家紋の入っている数が異なるため着用シーンを選ばない、地色が黒以外の色である、地模様の無いちりめんのほかに織り出されたものを使うことがあるなど、小さな違いがいくつかあります。

色留袖は、家紋の入っている数によって、ゲストとして結婚式や披露宴に出席する際、叙勲・祝賀会などの格式あるエレガントなパーティに列席する際など、さまざまなフォーマルシーンに着て行くことができます。ただ、黒留袖の次に格式の高いお着物になりますので、カジュアルなシーンに着用していくのは、おすすめできません。



● シーン・世代別 当店おすすめの色留袖 ●

■ ご親族の結婚式に出席されるお若い女性 ■

新郎新婦のお姉さま、妹さまの場合、お母様と同じく、既婚者であれば黒留袖を着用するのがマナーとなるのですが、未婚者である場合、黒留袖を着用することができませんので、色留袖を着るのがおすすめです。
とくに、吉祥文様や有職文様などの格調高い古典柄が描かれたピンクやイエローなどの明るいパステルカラーの色留袖は、場が華やぐため、20代後半から30代後半のお若い女性のあいだで人気を集めています。



◆ マイセレクトからのワンポイント ◆

最近では、ご親族の30代未婚女性のあいだで、色留袖を着用して結婚式や披露宴にご列席される方が増えていますが、TPOどおりのコーディネートをお考えであるならば、振袖を着用するのが正解です。けれど、振袖は「未婚」のシンボルでもありますので、年齢を重ねた女性が振袖を着ることで肩身の狭い思いをすることも十分に考えられます。

マイセレクトでは、必ずしもTPOどおりにお着物を選ぶ必要はないと考えております。
その理由は、色留袖は、両胸、両袖、背中の5か所に家紋を入れることで、黒留袖と同格の第一礼装となるからです。色留袖をご親族の結婚式や披露宴に着用していこうとお考えの女性は、女性らしさを引き立たせてくれる色柄を選ぶのがおすすめです。



■ 結婚式にご列席される伯母・叔母様 ■

結婚式や披露宴にご列席される40代後半から60代前半の伯母、伯母様には、ブライダルファッションデザイナー・桂由美が手掛ける煌びやかで華やかな色留袖がおすすめです。
ちょっぴり華やか過ぎて、派手に見られてしまうのではないかと心配に思っている女性もたくさんいると思いますが、伝統美を生かしたエレガンスなお着物となっていますので、華やかさのなかに大人の女性らしい奥ゆかしさを感じさせてくれます。

お若い女性の“華やかさ”とは違い、年齢を重ねたことで際立つ大人の落ち着いた華やかさを演出できる色柄を選ぶのがおすすめです。



■叙勲・褒章で皇居に参内される女性 ■

60代以上になると、叙勲や褒章などで皇居へ参内される機会があるかと思います。

叙勲や褒章を受ける際、天皇陛下への拝謁がありますので、ご自身が叙勲・褒章を受ける場合もご主人に同伴される場合も、服装は宮中のしきたりに準ずる必要があります。
宮中にて天皇陛下より直接親授される勲章の場合、着物の着用が認められておりませんので、イブニングドレスまたはロングアフタヌーンドレスを着用します。文化勲章や小綬章などの場合は、色留袖または色留袖と同格のロングアフタヌーンドレスを着用します。

叙勲・褒章は、年に2回、春と秋に行われますので、季節感のある落ち着いた薄い色柄のお着物を選ぶのがおすすめです。よく、「紫色は皇室色だから避けるべきだ」と言われていますが、実際は黒でなければ問題ありません。
何を着ていけばよいのか悩んでしまったときは、吉祥文様が描かれた薄い色彩の華やかで落ち着いた色留袖を選ぶとよいでしょう。また、紋は第一礼装という意味をあらわす、もっとも格式の高い5つ紋がふさわしいとされています。



■ おばあちゃんとして結婚式や披露宴にご列席される女性 ■

お孫さんの結婚式や披露宴にご列席される70代以上の女性は、落ち着いた渋めの色留袖を選ぶのがおすすめです。
裾柄は、吉祥文様などの華やかで落ち着いたものが小さめに描かれているシンプルなお着物を選ぶと、より上品な雰囲気になります。ご自身のお孫さんの結婚式や披露宴にご列席される際は、黒留袖を着用するのが礼儀となりますが、友人や知人のお孫さんの結婚式にご列席される際は、準礼装として着用することができる付下げでも良いかと思います。



■ マイセレクトについて

当店のネットレンタルは、創業60余年の信頼と実力を武器に最高品質のブランドお着物から伝統の技がキラリと光る一流のお着物まで豪華ラインナップ。

とくに、黒留袖や色留袖などの、めったに着る機会の無い慶事用のお着物には、力を注いでおり、流行に敏感な若い世代のフレッシュな感性と、ベテランコーディネーターがこれまで培ってきた知識と技術を融合させた、高いセンスと高品質のお着物をお客様にお届けしております。これからの時代は、お着物をお召しになる機会がどんどん減少していくと予想されておりますが、やはり、日本の女性はお着物がよく似合います。

マイセレクトでは、もっと幅広い世代の女性たちが、自分の気に入った黒留袖や色留袖などのお着物を気軽にレンタルすることができるよう、インターネット部門にも力を入れており、全国各地におしゃれで良質なお着物をお届けしております。結婚式や人生の節目である大切なイベントを、華やかで美しいお着物で鮮やかに彩ってみませんか。

もしも、インターネットで好みのお着物の写真画像を見ることはできるけれど、「注文方法が分からず困っている」「着物の質感やサイズ感などで着になっている点があり、注文をためらっている」というお客様は、お電話でのご注文やご相談も承っておりますので、お気軽にお問合せください。


上へ
Home