黒留袖メイン画像
 

ことほぎ黒留袖について

黒留袖をお探しのあなたへ。
当マイセレクトの「ことほぎ留袖」をご覧いただきありがとうございます。
特別な時にだけ着る黒留袖は普段はなじみの薄いお着物ですよね。
どんな柄を選べばいいのか分からなくて困ってしまう方も多いと思います。

お着物はブランドによってデザインに特徴があります。
このKOTOHOGI(ことはぎ)の留袖の特徴とおすすめする着用シチュエーションをご紹介します。

あなたにぴったりの留袖が見つかりますように。

● ことほぎ留袖とは ●
ブライダルファッションの第一人者である桂由美ブランドの桂由美留袖を製造している会社が製造している留袖です。
桂由美ブランドでも使用されている、デザイン性の高さと確かな品質を持っています。

ブランド名の「ことほぎ」とは、「寿、言寿ぎ、言祝ぎ」と漢字で書かれることがあります。
言葉による呪力が信じられていた時代には、おめでたい言葉で幸福を祈ればそれが現実になると考えられていました。
それを「ことほぎ」と呼びました。寿(ことぶき)はことほぎの結果なのです。
ことほぎ留袖はまさにお祝い事のためのブランドです。

● ことほぎ留袖の特徴 ●
ことほぎ留袖は鶴や松などの文様をあしらった伝統的なデザインを得意としています。
ゴージャスで格式の高い華やかな模様は目の肥えた方にも納得していただける重厚な仕上がりとなっています。

確かな技術を持っている、ことほぎ留袖だからできる金彩加工の技法をふんだんに使った絢爛華麗な留袖を多く発表しています。
金糸での刺繍、箔くくり、盛り金、揉箔 (もみはく)、落し箔など、あらゆる金彩加工の技法で装飾されております。
金にしか出せない輝きで華やかな留袖はお祝いの席にぴったりですね。

● ことほぎ留袖はこんな人におすすめ ●
・年齢を相応の落ち着いた印象を見せたい
・でも地味なのは嫌
・高級感のある留袖を着たい

黒留袖といえばやっぱり鶴や松の吉祥文様をあしらった、おもいっきりおめでたいものがいいですよね。
ことほぎ留袖は伝統的で華やかな留袖を選びたい方におすすめです。
年配の方の評判も抜群ですよ。

● ことほぎ留袖におすすめのシチュエーション ●
・場所
友人や会社の人、親族など大勢のゲストを招待して盛大に行う結婚式。
由緒のある神社や教会で行われる厳かな結婚式。
ことほぎ留袖は格式の高さを求められる場所にふさわしい留袖です。

・主役との間柄
新郎新婦の母親
主役である新郎新婦のお母様は主賓側にあたります。
参列者の中で最も格の高いお着物を着用する必要があります。
着物の中で黒留袖が最高の格ですが、文様によって黒留袖の中でもさらに格の差が生じます。
最高格の文様とはどのような文様でしょうか?
まず、金銀をふんだんに使っていること。
そして鶴や亀、鳳凰、松竹梅などの格の高い絵柄が描かれていること。
この2点を押さえておきましょう。
ことほぎ留袖は新郎新婦のお母様がお召しになるのにふさわしい最高格の黒留袖です。

仲人夫人
仲人夫人も主賓側にあたります。
敬意をもってゲストをお招きするおもてなしするために、格の高いお着物を着用しましょう。
原則として新郎新婦の母親と同格のお着物を選びます。
事前に相談をして格に違いが出ないように気を付けましょう。

新郎新婦の姉妹、祖母、親戚
最高格の文様が入った黒留袖を着用するのは避けましょう。
前述した通り、黒留袖の中でもさらに格に違いがあります。
黒留袖の中でもさらに最高の格式のものは、お母様か仲人夫人が着用いたします。
あなたの立場が新郎新婦の姉妹、祖母、親戚などなら少し格式を落としましょう。
ことほぎ留袖の中では色味が鮮やかで金銀が控えめなものだと比較的格が抑えられます。
しかし、ことほぎ留袖は全体的に格が高めです。
不安な場合は新郎新婦のお母様と事前に相談するか、他のブランドにするか、黒留袖よりも格が下がる色留袖などを着用するようにしましょう。

・年齢
一般的には若い方は華やかなものを、年配の方は落ち着いたものを着用されます。
しかし、最近はご自分のお好きなものを自由に着用される場合も増えています。
お好みの文様がある場合は年齢であきらめずにチャレンジしてみるのも良いですね。
きらびやかなことほぎ留袖は写真映りも良いので自信をもって記念撮影にのぞむことが出来ますよ。

ことほぎ留袖は黒留袖に高い格式を求める方におすすめのブランドです。

ご利用ガイド

USER’S GUIDE

© KIMONO RENTAL MY SELECT.ALL RIGHTS RESERVED.
上に移動ボタン