黒留袖メイン画像
 

留袖レンタル

単衣の夏用黒留袖について

この度はおめでとうございます。
黒留袖をお探しですね。

黒留袖は既婚女性の最も格式の高い礼服です。
「特別な着物だからちゃんとしたものを選びたい、でもどうやって選んだらいいのか分からない。」
そんなあなたに当マイセレクトが黒留袖を選ぶポイントをお伝えいたしますね。

このページでは夏に着ていただきたい「単衣留袖」をご案内しております。
単衣留袖の特徴や夏におすすめのサービスをご紹介いたしますので参考にしてくださいね。



● 単衣留袖とは ●
「そもそも単衣留袖ってなに?」という方のために簡単なご説明をいたします。
単衣(ひとえ)留袖とはつまり「暖かい季節用の涼しい留袖」です。
6,7,8,9月ごろに着用します。
最近は5月や10月にも暑い日がありますのでその時に着用されても良いですね。

単衣留袖には裏地が付いていません。
春や夏のジャケットに裏地が付いていないのと同じですね。
裏地が付いていない、布が1枚で出来ている、ひとつの衣、つまり単衣(ひとえ)なのです。

反対に、秋や冬に着る袷(あわせ)留袖には裏地が付いています。
洋服でも寒い季節に着るものには裏地が付いていますよね。
裏地が付いている、布が2枚重なっている、2つがあわさっている、つまり袷(あわせ)なのです。
袷は通常1,2,3,4,5,10,11,12月の寒い時期に着用されます。

単衣のお着物は暖かい季節用、袷のお着物は寒い季節用のお着物なのです。

ただし、特別な記載がない限り着物のレンタルは袷のお着物です。
これは1年を通して袷を着る時期が長いことと、最近の結婚式は基本的に室内で行われ冷房が効いているので袷であっても問題にならない場合が多いからです。

しかし、ガーデンウエディングや神前式の参進の儀(さんしんのぎ)など、野外で行う結婚式もありますよね。
暑い季節に冷房のないお外での結婚式に出なければならない。そんなときはぜひ単衣留袖をお召しください。



● 単衣留袖の比翼仕立て ●
商品のお写真をご覧いただいた方には、袖のところに裏地が付いていることに気が付いたかもしれませんね。
単衣には裏地が付いていないとご説明したばかりで、こんなことを話すと混乱してしまうかもしれません。
実は、単衣留袖は着物の袖口、振り、衿、裾回し部分だけを二重に仕立てています。
これは付け比翼(ひよく)といって外から見える部分にのみ白い生地を付けているのです。

留袖は本来「祝いを重ねる」という意味合いから、白羽二重の下着を長襦袢の上から重ねて着ていました。
しかし、それだと長襦袢、白羽二重の下着、留袖と3枚も着ることになり非常に動きにくくなるうえに、とっても暑いですよね。
現在では比翼と呼ばれる白い裏地を付けることで動きやすさを見栄えを両立しています。

単衣留袖には胴裏と呼ばれる胴体部分には裏地が付いていないので、袷留袖よりも涼しく装うことが出来ます。



● 単衣留袖を着用する季節 ●
伝統的な考えでは単衣のお着物は6月と9月に着用するとされています。
7,8月には盛夏には夏用の絽(ろ)や紗(しゃ)のお着物を着用し、それ以外の1,2,3,4,5,10,11,12月には袷のお着物を着用するとされています。
しかし、現代の気候では厳密に着用時期を線引きすることは難しいので、実際の気温に合わせて柔軟に対応しましょう。
単衣留袖と袷留袖は胴裏(裏地)が付いているかどうかの違いです。
見た目は同じなので、本来なら袷を着用する5月や10月にも着用することも可能なんですよ。



● 絽(ろ)、紗(しゃ) ●
本来ならば夏には絽や紗といった夏用のお着物を着用いたします。
絽や紗は現代風に言うとメッシュやレースなどといった透け感のある生地です。
夏用の生地だけあって見た目も涼し気ですが、実は現代の結婚式には不向きなのでおすすめできません。

理由は3つあります。
1、透け感があるために黒留袖なのにグレーのように見えてしまい、写真映りが悪い。
2、現代では絽や紗の留袖自体があまり製造されていない。
3、室内は冷房が効いているので寒すぎる場合がある。

以上の理由から当マイセレクトでは絽や紗の留袖は取り扱っていません。



● 長襦袢 ●
長襦袢とは留袖の下に着る「着物の下着」のようなものです。
着物と同じような形をしていて衿や袖が付いております。
単衣留袖をご注文のお客様には夏用の長襦袢をご用意いたします。
夏用の長襦袢はとても涼しく汗などの乾きも速いので、暑い季節でも快適に過ごすことが出来ますよ。
夏用の長襦袢は絽で出来ておりますが、衿部分はお着物の生地と合わせるために袷の長襦袢と同じ衿を使用しております。
見た目はきちんと装いながら、着ている人が快適に過ごせるようにという工夫です。



● おすすめサービス ●
暑い季節にはお着物を持ち歩くのも、お着物を着て歩くのも気が進みませんよね。
そんな時におすすめのサービスがあります。

当マイセレクトではお着物を直接式場やホテルに配送し、返却時には式場やホテルから直接発送いただくことが出来ます。
汗シミが付いていても大丈夫です。洗濯やクリーニングなどはせずにそのまま返却してください。

結婚式の会場に直接お着物を送ってしまえば、重たいお着物セットを持ち歩かなくてOKですよ。暑い季節にはぜひご利用いただきたいサービスです。

もちろん追加料金はいただきません。
返送もゆうパックに対応している式場やホテルであればどこからでもご返却いただけます。
ゆうパックは土日祝日も対応しているので安心してくださいね。

式場やホテルからの発送方法は会場のスタッフにご確認ください。
返送用の伝票は着物と一緒にお送りいたします。マイセレクトへの宛名も記載済みのものをお送りいたしますので、お客様にお手間をおかけすることはありません。
返却時には着払いでお送りいただくので料金のご負担もありません。
お着物をお送りいたしました箱にそのまま入れてご返却くださいね。ご返却のためにお客様にご用意いただくものは何もありません。お気軽にご利用ください。

ただし、式場やホテルのスタッフに発送をおまかせした場合でも、集荷がなされたかどうかのご確認はお客様自身が行っていただきますようお願いいたします。



● マイセレクトより ●
暑い季節の結婚式でもきちんとした装いで出席したいですよね。
マイセレクトの単衣留袖には、見た目はきちんとしたままで涼しく着こなすことが出来る工夫があります。
さらに、結婚式の会場に直接お着物をお届けするので、お着物を持ち運ぶこと必要もありません。
どんな季節でも自信をもって黒留袖をご着用いただき、ハレの日を心から楽しめるように万全のサポートをさせていただきます。

ご利用ガイド

USER’S GUIDE

© KIMONO RENTAL MY SELECT.ALL RIGHTS RESERVED.
上に移動ボタン