高級布団店プレミアムストア

季節の変わり目にも使いやすい肌掛け布団|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 季節の変わり目にも使いやすい肌掛け布団

季節の変わり目にも使いやすい肌掛け布団

季節の変わり目は、昼夜の気温差が激しくなります。夜は外が寒くても昼間に暖かかったせいで部屋が暖まっていて、思ったより寝室の室温が高いままということがあります。
外の寒い感覚のまま布団に入ると、寝ている間に布団をはねのけてしまい、寝冷えして体調を崩してしまうことがあります。
だからといって、夏に使うような薄手の布団を使うと、今度は寒くて寝付けないかもしれません。
そんなときは肌掛け布団を使ってみるのはいかがでしょうか。

肌掛け布団はこちらでも説明しています
>>掛け布団と肌掛け布団の違いとは

こちらにある通り、簡単に言ってしまえば肌掛け布団は薄手の掛け布団ということになりますが、ただ薄手だからおすすめというわけでもありません。
ポイントは吸湿、放湿、通気性です。なぜこれらがポイントかというと、人は寝ている間にコップ1杯程度の汗をかくからです。この話はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。
睡眠中にかいた汗は布団が吸収し、放湿しています。

もちろん冬用の厚い掛け布団にも吸湿、放湿、通気性にこだわったものがたくさんあります。しかし、やはり薄手の布団のほうが放湿、通気性は高くなる傾向にあります。薄いほうが中わたの量は少なく、空気が通りやすいからです。
吸湿性については同じ素材であった場合、厚手のもののほうが上です。中わたの量が多ければ、その分湿気を吸収する絶対量が大きくなるからです。

季節の変わり目は特に、この湿度のコントロールが重要です。
吸った汗を発散させやすい肌掛け布団であれば、寝汗をかいても蒸れにくくなります。
蒸れにくくなれば寝苦しく感じにくいので、寝ている間に布団をはねのけることも少なくなるのではないでしょうか。

肌掛け布団は季節の変わり目だけでなく、夏場でもおすすめです。
近年、夏の気温が上がり続けています。冷房を付けたままにして寝る方も増えたのではないでしょうか。
吸放湿性に優れた肌掛け布団であれば、冷房の効いた部屋にもちょうどいいかもしれません。

肌掛け布団は、冬のインナーケットにも使えます。冬用掛け布団の中に肌掛け布団を1枚入れることで、布団同士の間に空気の層ができ、保温性が上がります。
また、吸放湿性に優れたものであれば、さらに蒸れにくくなり、快適な睡眠を取りやすくなります。
冬場は毛布をお使いの方が多いと思いますが、少し暑すぎるかなと思われたときは、ぜひ一度インナーケットに肌掛け布団を試してみてください。

当店では快適にお使いいただける肌掛け布団を取り扱っています。
よろしければ是非ご覧ください。

>>とろけるふとんenifea(イニフィー)2 肌掛け布団

>>Primaloft Breeze(プリマロフト・ブリーズ)


関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る