高級布団店プレミアムストア

布団の寿命ってどのくらい?|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 布団の寿命ってどのくらい?

布団の寿命ってどのくらい?

様々な日用品と同じく、布団にも寿命があります。一般的な寝具で10年以上使えるものはそんなに多くありません。素材にもよりますが、目安として5~10年程度で買い替えを検討しましょう。敷き布団は体格にもよりますが、中綿がヘタってきたと感じたら、そろそろ買い替えを検討してもいいかもしれません。 中綿の他に中芯入りの敷き布団もありますが、こちらもヘタリを感じたら性能が十分に発揮できない可能性が考えられます。

お手入れの方法も様々あり、寿命を伸ばすことができますが、機能面、衛生面の観点から買い替えてしまったほうが結果としていいパターンがあります。しかし、素材によってはまだ使えることもあります。
寝具は使い捨てるイメージがありますか?実は布団には打ち直しというものがあります。最近はポリエステルの安価な布団が増え、あまり聞かなくなりましたが、簡単に言うと布団のリフォームのことです。

綿ふとんなら綿を取り出し再加工することでふっくらさを取り戻したり、羽毛布団であれば中の羽毛を取り出して再洗浄などを行い、もともとの性能を取り戻したりすることができます。
その他、布団のサイズ変更をしたり側地の破れやほつれを直したりできる業者やお店があります。ただし、布団のサイズ変更は基本的に大きいものを小さくすることが多いようです。

昔はできないと言われていた中綿がポリエステルの布団も、お店によってはできるそうです。
ポリエステルの布団は安価なものが比較的多いので、打ち直しの料金が買った布団の金額を超えてしまうのであれば、せっかくなので買い替えを検討してみるのもいいでしょう。

布団は毎日使うものなので、日々の変化が分かりづらく、買い替え時を明確にするのは少し難しいかもしれません。
しかもシーズンごとに厚手の布団から肌掛けの薄い布団にしたり、毛布を使ったりしていると、さらに買い替え時はわかりにくくなります。

「この布団、結構長く使ったなあ…」と感じたら、思い切って新しいものにしてみるのはいかがでしょうか。
電化製品ほどわかりやすくはありませんが、布団や布団に使われる素材も日々進歩しています。探し始めてみると最近の布団の機能性に驚くかもしれません。

かといって、昔ながらの綿や真綿の布団もやはりいいものです。寝具の機能や寝心地、肌触りは価格帯でかなり変わります。
量販店などの安いものの品質が悪いわけではありませんが、高価格帯の寝具は金額に見合った手間と良質な素材をふんだんに使用していますので、使ってみると大きな差が感じられるかもしれません。
布団を買い替える際には、ぜひ当店の手間と良質な素材を使った布団もご覧になっていただければと思います。



洗えるオールシーズン掛け布団 プリマロフトDUO プリマロフトデュオリンク


羽毛を超える暖かさ 殿様ふとん 殿様ふとんリンク


関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る