高級布団店プレミアムストア

タオルケットは夏におすすめの布団|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > タオルケットは夏におすすめの布団

タオルケットは夏におすすめの布団

夏の寝具といえばタオルケットというぐらい、日本ではタオルケットを使っている人が多いのではないでしょうか。
タオルケットはタオルとブランケットが組み合わさってできた和製英語ですが、タオルという名前が使われているぐらい吸水性に優れていて夏におすすめの寝具です。

素材としては綿やポリエステルが使われることが多く、汗をたくさん吸ってくれるのが最大の特徴で、タオルケットの肌触りが好きという人も多いでしょう。
タオルケットは夏というイメージがありますが、冬も羽毛布団や掛け布団の下に使うことで、体から出る汗を吸わせて蒸れを防ぐのにも使えます。

吸水性を最大限に生かすのであれば、ポリエステルよりも綿でできたものを使った方がおすすめです。
タオルケットが生まれたのは1960年頃といわれますが、タオルのさわやかな肌触りをヒントに改良が加えられ、タオルケットとして寝具に使われるようになったのです。

汗をたくさん吸ってくれるだけでなく、ご自宅で丸洗いできるという点も夏用寝具としての機能を有しているといえるでしょう。
肌掛けとして使われるのが一般的ではありますが、敷き布団の上に敷くなど、敷きパッドやシーツ代わりにも幅広く使えます。

タオルケットの種類も色々

またタオルケットに肌触りの良さを求める人も少なくないでしょう。
一口にタオルケットといっても、実は織り方や編み方によって色々な種類があるのです。

有名なのはやはりパイル地で作られたジャガードタオルケットではないでしょうか。
ジャガードタオルケットの最大の特徴はふんわりとした肌触りと、吸湿性や速乾性に優れており、洗濯がしやすい点といえます。

一方で欠点を上げるとすればパイル糸を浮かせているため、毛羽抜けが多少多いことでしょう。
この欠点を改善したのが、マイヤー編みのタオルケットです。

ふわふわ感はジャガードに劣りますが、毛羽抜けはほとんどありません。
さらにパイルの表面をカットし、肌触りをなめらかにしたのがシャーリングタオルケットです。

なお西川リビングのふんわりタオルケットは、ふんわりとした肌触りがありながら、毛羽落ちが少ない特徴があります。
吸水性も高いので、たっぷり汗をかいても汗を吸わずに蒸れるという心配もないでしょう。

おすすめ今治タオルケット

パンテール今治タオルケット
10,000円(税抜)
ルプラ今治タオルケット
9,000円(税抜)
今治タオルケット今治タオルケット
コクーンプロ今治タオルケット
10,500円(税抜)
プリュマージュプロ今治タオルケット
8,000円(税抜)
シェードプロ今治タオルケット
6,000円(税抜)
今治タオルケット今治タオルケット今治タオルケット
コクーンプロナチュラル
9,500円(税抜)
プリュマージュプロナチュラル
7,000円(税抜)
シェードプロナチュラル
4,000円(税抜)
今治タオルケット今治タオルケット今治タオルケット
オーガニック今治タオルケット
7,000円(税抜)
バルキープロ今治タオルケット
5,800円(税抜)
24+上質コットンふんわりタオルケット
10,000円(税抜)
今治タオルケット今治タオルケット西川タオルケット

その他のおすすめタオルケット

抗菌防臭ハイドロ銀チタンタオルケット
15,000円(税抜)
西川製ロッコタオルケット
3,000円(税抜)
ハイドロ銀チタンタオルケット西川タオルケット
ボレリーおなかパイルケット
5,000円(税抜)
ボレリージャガードタオルケット
7,000円(税抜)
ボレリーパイルケットボレリータオルケット

このようにタオルケットといっても色々あるのがわかります。
タオルケットを使ったことがないという人はあまりいないと思いますが、夏の睡眠を快適にしてくれる優秀なお布団ですから是非活用しましょう。

タオルケットが暑い人はガーゼケット

なおタオルケットの中でも通気性が良く、熱気や湿気の発散性を改善させたのがガーゼケットです。
ガーゼケットは軽くて保温性は低いですが、夏に保温性はそれほど必要ないでしょう。

タオルケットでは暑すぎる、蒸れる、重いと感じる方はガーゼケットがおすすめです。

リネンのガーゼケット

>>おすすめガーゼケット一覧

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る