高級布団店プレミアムストア

暑がりさんにおすすめしたい羊毛布団|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 暑がりさんにおすすめしたい羊毛布団

暑がりさんにおすすめしたい羊毛布団

どんな人にも合う布団ってあるのでしょうか。
人によっては暑がりだったり、逆に寒がりな人がいるように布団も体質に合わせて選ぶべきだと思いませんか。

特に暑がりの人は保温性の高い布団を選ぶより、湿気をうまく逃がしてくれる布団を選んだ方がぐっすり熟睡できるかもしれません。
一般的に女性よりも男性の方が、大人よりも子供の方が代謝が良くてたくさん汗をかきます。

ですから男性や子供は比較的暑がりさんが多いのではないでしょうか。
人間は寝ている間にたくさん汗をかくだけでなく、不感蒸泄といって皮膚から蒸気が出ているため、寝具内はとても湿気が溜まりやすいのです。

特に入眠後最初に訪れる深い睡眠(ノンレム睡眠)のときに、発汗量が最も多くなるようです。
その時に汗や湿気を素早く吸って、寝具外に放出してくれる布団でなければ、すぐに寝具内の湿度が上がって不快指数がMAXになり、快眠を妨げてしまうでしょう。

快適な寝具内の温度は33度前後、湿度は50%前後といわれていますから、この範囲内に抑えてくれる布団を使いたいものです。
そんな布団あるの?と思われるかもしれませんが、布団のよって機能性が全然変わってきますし、適切な温度や湿度を維持してくれる布団も確かに存在します。

一般的には暑がりさんの場合、ポリエステルやアクリルなどの合成繊維を使った布団は汗や湿気を全然吸ってくれないため、避けなければなりません。
たとえばアクリルを使った毛布や、ポリエステルを中綿に使った掛け布団や敷き布団などです。

また天然素材を使っていても、ポリエステルなどを混紡しているものは蒸れやすいので避けた方が良いでしょう。
逆にどんな布団が良いのかといえば、おすすめしたいのがウール(羊毛)を使った敷き布団や掛け布団です。

化学繊維より天然繊維の方が吸湿性や放湿性が高く、汗をたくさんかいても蒸れにくいからです。
天然素材には木綿もありますが、木綿は汗や湿気を吸ってはくれますが、放湿をあまりしてくれません。

ですから木綿よりも羊毛がおすすめなわけです。
なお特に湿気は下に溜まりやすいので、敷き布団は羊毛を使ったものを選びたいものです。

また中綿だけでなく生地も通気性の良いもの、例えば綿(コットン)を100%使ったものを選んだ方が良いでしょう。
いくら羊毛布団であっても、ポリエステルなどの化学繊維を生地に使っていたり、高密度に織り上げられていると通気性が悪くなって、羊毛の吸放湿性を活かすことができないからです。

このように寝具内の湿度を下げるためには通気性の良さは無視できないのです。
羊毛布団は暑がりさんにはぜひおすすめしたい布団です。

おすすめ羊毛布団

アモリール敷き布団

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る