高級布団店プレミアムストア

オールシーズン使える布団のメリットとデメリット|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > オールシーズン使える布団のメリットとデメリット

オールシーズン使える布団のメリットとデメリット

日本は四季があるので季節によって温度や湿度も異なり、最適な布団の機能も変わってきます。
しかし収納もそんなにないし、何枚も布団を買えないという方もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、オールシーズン使える布団であり、さまざまなメリットがあります。
オールシーズン使える布団といっても色々ありますが、中でも人気なのはダウンケットと呼ばれる肌掛け布団と、合掛け布団を2枚合わせで使える羽毛布団ではないでしょうか。

2枚合わせの羽毛布団は取り外し可能ですので、肌掛け布団と合い掛け布団は別々に使っても良し、2枚合わせで使っても良いです。
バリエーションが豊富なため、1年を通して使用することができるのです。

夏場の暑い日は掛け布団を使わないという人もいるでしょうが、少し肌寒いこともあるでしょうし、エアコンを付けて寝冷えしないように、肌掛け布団を1枚で使います。
また、春や秋の肌掛け布団では保温力が足りないときは合掛け布団を1枚で使ったり、真冬に入れば肌掛け布団と合い掛け布団を2枚合わせで使うといった具合です。

常に掛け布団を使っているので収納が少なくても困りませんし、何枚も掛け布団を買う必要がなく、使いまわしができるので経済的ですね。
しかしこのオールシーズン使える2枚合わせの掛け布団、デメリットはないのでしょうか。

メリットについては今申し上げた通りですが、デメリットを上げるとすれば、質の良い羽毛布団に比べれば保温力が劣る、生地が倍ある分少し重く感じたり蒸れやすい、2枚合わせのため布団がずれるといったところでしょうか。
とはいえこれは質の良い羽毛布団と比べた場合です。

収納やコストの面をクリアできるのであれば、それは季節ごとに別の掛け布団を用意した方が良いでしょうが、質の良い2枚合わせ羽毛布団であれば、それほど困ることはないでしょう。
それどころか普通の化学繊維を使った掛け布団や綿布団に比べれば優秀な掛け布団といえます。

プリマロフトDUO掛け布団
オールシーズン使える掛け布団プリマロフトDUO

またオールシーズン使える毛布といえば綿毛布でしょう。
暑すぎず寒すぎず保温力が適度にあり、吸湿性に優れた綿毛布は一年中快適な寝心地です。

春秋は1枚で使い、夏はエアコンと併用すれば寝冷え防止にもなります。
また冬は掛け布団と一緒に使えば、蒸れ感も防ぎ、保温力も上がって暖かいです。

綿毛布は羽毛布団との相性も良く、ずれにくいのでおすすめです。

綿毛布
シルクのようなマザータッチ綿毛布

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る