高級布団店プレミアムストア

綿ふとんはコスパに優れた優秀素材|高級布団店プレミアムストア

トップ > 寝具の選び方 > 綿ふとんはコスパに優れた優秀素材

綿ふとんはコスパに優れた優秀素材

もっともポピュラーで人気のある綿素材ですが、敷き布団、掛け布団、座布団など、色んな用途に使える万能素材の一つです。
綿布団(ふとん)は吸湿性、保温性に優れ、適度な硬さと弾力性があり、夏は涼しく、さらに冬場は暖かいという優秀な繊維です。

適度な硬さが寝返りも容易にし、弾力性が寝姿勢を正しい状態に保つのに役立ちます。
また、日干しをすればふっくら感も回復するので、寝具にも適しています。

一般的には敷き布団には繊維の太いものが使われ、掛け布団には繊維が細くて長いものが使われます。
敷き布団に綿を使う場合はそのままでは硬さが足りないので、ポリエステルの固綿が使われることが多いです。

また羊毛と同様、綿にもポリエステルを混ぜた、いわゆる綿混と呼ばれる素材もあります。
かさ高や弾力性はアップするものの、保温性や吸湿性が劣るという欠点があります。

このような合繊繊維の布団はほこりや臭いの発生も少ないので、綿混の方が好きという人もいるでしょう。
どちらを重視するかは人によるでしょうが、綿100%と綿混で特徴が異なってくることは覚えておきましょう。

さて、綿布団は自然から採取された植物繊維であるため、お肌にやさしいという特徴があります。
肌触りも良く、お肌の弱い赤ちゃんやアレルギー体質の人でも、刺激が少なく安心して使うことができます。

自然の素材であるため、静電気を起こしにくいというのもメリットの一つでしょう。
こんなに優秀な素材である綿ですが、もちろん欠点もあります。

例えば綿はしわになりやすい、縮みやすい、型崩れしやすいという欠点があります。
また燃えやすかったり、カビが生えやすいというのも寝具にとっては致命的でしょう。

とはいえ綿は天然素材の中でも安価ですし、コスパを考えれば優秀な素材です。

綿毛布
シルクのようなマザータッチ綿毛布

関連記事

特集コーナー

用途別カテゴリー

ブランド別カテゴリー

ページのトップへ戻る